趣味

カルチャー同好会「落語お披露目」

 7月22日(土曜日)静岡市 葵生涯学習センター(アイセル21)1Fホールで催す ゆうらくカルチャー同好会「落語お披露目」会のご案内をいただきました。

Cimg9679_3
 笑う門には福来る 初めて鑑賞するカルチャー同好会 趣味の落語お披露目に 興味津々の面持ちで歓笑してまいりました。
Cimg9665jpg21


 噺家は ゆうらく亭 勇楽さん 
あれっ? 何処かで聞いたことあるような? 無いような?

♪ テンテンツクツク ♪、、、 出囃子に乗って勇楽さん 悠々と舞台に登場。 
あれっ? 何処かでお見かけしたような? 
 お会いしたことあるような?
  拍手、、、、、、

Cimg9672

 さぁさぁお立ち会い!
ご用とお急ぎでない方は ゆっくりと聞いていきな!
誰でも何度か耳にしている有名な つくば市認定地域無形民族文化財第1号の「蝦蟇の油 口上」の勇楽さん 立板に水を流す如くの弁舌に 300席の聴衆は一言一句聞き漏らすまいと聴き入っています。 


 5分の休憩を挟んで第二部のお題目はご存知 左甚五郎の作る「竹の水仙」にまつわる 甚五郎と宿夫婦との掛け合い噺に、聴衆は次第に引き込まれ 弁舌・仕草巧みな勇楽さんは 趣味で語ると言っても これは只者の技ではない。
ノコギリで竹を切る擬音の声色使いなど ギーコギーコギーコと 生の音そっくりではありませんか!  どうしてそんな音出せるの~?
勇楽さんの「口蓋垂(のどびこ)」はどうなっているのでしょうか?
天賦の才能 玄人はだしの語り口に聴衆は拍手喝采!
 異口同音感嘆しきりです。

ご了解を得て、第二部 「竹の水仙」の一部始終を収録させていただきました。

さぁさぁ お立ち会い!
ご用とお急ぎでない方は 「竹の水仙」40分の喋々妙技ですよ。
 次の動画でたっぷりとお楽しみください。

本家本元噺家さんも舌を巻くほどの巧みな弁舌でしたね。
(収録終盤頃、突然ドカ~ンと大きな音で勇楽さん一瞬の驚きの場面がありますが、この時雷鳴があったと思われます)

 実はこの長~い実況収録を含め この日の全ての収録映像は、先日のブログで告白した「明治トンネル」での心霊怪奇事件 あの鳥肌の立つ いわく付きのデジカメ
Img_2507

 「テレパシー・デジカメ」君がしっかり収めてくれたことも驚嘆に値するではありませんか!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石材職人小八重政弘さん余暇の世界

 1月末の静岡新聞に「天然石にさまざま顔刻む」と題して 面白い記事が載っていました。 
いろんな形の石に刻まれたどれもこれも憤怒?苦悩?思案?の顔、顔、顔。

10389062_839438292780532_78194859_3

 静岡市清水区永楽町の清水銀行高橋支店のロビーで開催中(2月13日金曜日まで)と云う事で、早速観賞させていただきました。
車を持たない私は しずてつジャストライン「大御所パス」利用、北街道線清水駅行き路線バスで らくらく永楽町停留所で下車すれば、、、 
目の前に「お~! 久保田石材の看板が~!」 創業以来80有余年の石材老舗のショールームです。
 折よく 久保田社長さんにお会いし簡単なお話もいただきました。
展示会場は、ショールームの眼と鼻の先 徒歩1分 清水銀行高橋支店ロビーです。
Cimg3034a_2
自然石に刻んだユニークな顔たちの作者 小八重政弘さんは久保田石材の工場長さん。
 ロビーには、整然と展示された小八重さんの作品 顔たちが、迎えてくれるのです。
Cimg3073a_2
 石を立体的に刻み どの顔もけっして温和とは言い難い 世相に憤怒?
Cimg3059a_2
 ムンクの叫びならぬ「文句あり!」と 吐露するような強烈に印象付けられる傑作揃いです。
これらの石のほとんどは三保の海岸で採集したそうで、
Cimg3044_2a_2
代表作品には、記念碑や墓石の廃材を利用して 気の遠くなるような繊細な彫りなど 芸術品と云っても過言ではありません。
 墓石に文字を刻む加工 いわゆる酸化アルミの研磨剤を吹きつけ、ダイヤモンドの研磨盤(日本軽金属特成)を使用してのサンドブラストの加工技術を生かして 石に立体的な顔を刻むとの久保田社長さんのご説明もいただきました。
 小八重さんは、入社間もないころからこれまで30年間 業務のかたわら 石の加工に慣れようと修行のつもりで 拾い集めた石や、業務の合間に出た廃材で彫り始め、今では神経一点集中する作業のストレス解消にも役立っているとか、、。
Cimg3089_2a
 昨年の第50回静岡美術家連盟展での受賞作品 「羽衣天女の舞」の繊細な作品は神業としか例えようもありません。
 
 小八重さん初の展示された30点の顔、顔、顔たちの画像を ムービープロジェクトに編集し、愉快な石屋ならぬ ヘンデルの「調子のよい鍛冶屋」のBGMでお楽しみ下さい。
 追伸! 速報!
2月11日付け 静岡新聞朝刊 21面 「この人」に 石彫刻に取り組む石材職人 小八重政弘さんが顔写真と共に紹介されております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鈴木邸(静岡市)のさつき盆栽とアート展

 パソコンメートのKさんから 静岡市葵区中ノ郷 に佇む古民家「鈴木邸」で「さつき盆栽展」をはじめ 分野の異なる5人のアート作品展のご案内をいただき、Kさんと行って参りました。

 鈴木邸では、年に数回 探書会や異分野作家の展示即売会を数日間解放されるそうです。 今回は、5月23日~5月25日の貴重な3日間です。

20111102_2234461 

 5月の最終日曜日 しずてつジャストライン 美和大谷線バスで美和団地下車、山の手に徒歩5分で鈴木邸に到着します。  

 鈴木邸は知る人ぞ知る 国の登録有形文化財(2010年に登録)

1cimg1111 

 小高い山懐 こんな処に歴史的建築物があるのかと、いぶかしく思いながらも 恥ずかしながら私は初めて知ったのでございます。

1cimg1094 

1cimg1081 

1cimg1092  

 長屋門をくぐると、山裾に広大な敷地 当時のままのレンガ造りの米蔵に往時を偲ばせます。 
「さすが~! 大地主さん!」 思わず感嘆の声が上がります。
庭木戸の先には泉水のある庭園があり、鬱蒼と茂る雑木林には三光鳥でも飛んできそうな雰囲気です。

1cimg1091  

 長屋門内側には、静岡さつき同好会による見事な「さつき盆栽」や山野草がずらりと並び、一鉢に一本の盆栽から これほどまでに見事な斑入り グラデーションの美しさに しばし見惚れてしまいます。

1cimg1090
末尾ムービーで ごゆっくりご覧いただく事にしましょう。  

 曲屋風の築80数余年の母屋の静かな佇まいは 訪れる人を優しく迎え入れてくれます。

4 

 母屋では 光後明人さん(Canary 104)のトンボ玉 柿沼てる子さんの帽子  「糸と針の会静岡教室」の繊細で華やかな刺繍も壁に飾れば一幅の絵画です。

1cimg1127 

曾根綾野さんの螺鈿など県内外の作家さんによる見事な作品に、感嘆の声を上げながら見入ってしまいました。

1cimg1129 

 螺鈿に至っては、主材料の「アバロン貝」(写真上)を念入りに拝見 自然界の美しさに魅了いたしました。
 このアバロン貝や 白を基調とした「白蝶貝」等は 板状に加工され極薄く割れやすい為 日本紙が裏打ちされ 色合いを選びながら 文様に剃刀風の刃でカットして ピンセットや つま楊枝などで 漆地の面にはめ込み、漆を塗り 砥ぎ出す技法を「螺鈿」と云うのだそうです。
 気が遠くなるほどの繊細な作業 正に日本の伝統芸術の極みです。
これほど豪華な螺鈿作品に直に接した事は私にとって初めてで、感無量です。

1cimg1131 

 写真でお気づきかも知れませんが 額のガラスに写るお部屋の様子は 失礼ながら これが古民家の部屋かと思われるほどモダンな造りで 鳳凰の舞う豪華な螺鈿細工作品が見事にマッチしております。

 撮影のお許しを得て 不得手ながら取り貯めた画像を ムービープロジェクトに編んでみました。一点一点を ごゆるりとご覧戴きたくて、16分30秒のスローテンポに仕上げてあります。

      長屋門くぐれば斑入りのさつき展

     古民家の樹林鎮めてほととぎす

     五月光いよよ際立つトンボ玉

     余生にも爽やかのありトンボ玉

     螺鈿燿よふ鳳凰の舞ふ夏館

| | コメント (4) | トラックバック (1)

作品集ー13

 素人の本焼き

 その日はまさに月白く、風清い仲秋の夕暮れ時でした。

私は窯の火を入れる時刻を、窯出しの頃合いを逆算して、夕方の6時と決めておりました。

   外気温 26度    窯庫内温度 23度

   18時0分 本焼きのためのスイッチオン

   90分後には窯庫内は270度に上昇

後はマイクロコンピューターにおまかせです。

丑三つ時までには1230度にまで達し、210分の焼成を続け、20分のねらしの後、徐々に温度を下げていくのです。

 翌朝スイッチオンから12時間後の6時には、760度に下がっており、21時間後の午後3時には、225度位まで下がります。

24時間後の夕方6時には窯庫内は120度となり、やっと 「end」 の表示が提示され、ほっとする瞬間です。

 感動の窯出し!!

        窯出しの逸る鼓動や秋茜

        窯出しの 「ピン!」 と産声爽やかに

        窯出しの緋色目に染む秋夕焼け

        窯変の一喜一憂や野分あと

        たまさかの窯変の妙秋の虹

  

Blogranpu  窯の蓋を開け、外気に触れた瞬間、焼成された陶器たちは、かすかに 「ピン! ピン!」 と産声を上げて私を喜ばせてくれるのです。 

            感動いたします!!

いとほしむ様に、分厚い手袋で生まれたばかりの我が子を慈しむように窯出しに取り掛かります。

Seiza_2  秋の燈やランプシェードの影の揺れ

 母看取るランプシェードの秋思かな

 秋深しランプの星座を身ほとりに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

作品集-12

  緊張の窯入れ

 釉薬を施し、いよいよ本焼きのための窯入れです。

互いに接触させないように細心の注意を払って、効率よく窯に収めるのです。 

 無造作に詰め込みしてしまうと、釉薬同士が融け合って、焼き上がった時にはしっかりと接着し合っているのです。

Yuugake  支柱を立て、棚を据えて、2段3段と 私のちいさな「マイコン電気窯」 (外形 710×750×650 コイル式 八角形) は、井戸茶碗と ぐい呑み の場合でしたら40個ほどで一窯分となりますが、ランプシェードの場合では、セットにして、せいぜい5~6個分と、その合間合間に小さな雑器を、これらも互いに触れないようにびっしりと詰めて、おもむろに、窯の蓋を閉じて、夕方6時のスイッチオンを待つのです。

          

Kodoyuugake    窯詰めや腰を撓めてそぞろ寒む

   おもむろに窯の蓋閉じ月仰ぐ

   窯詰めを了へてちゝろに我戻す

            窯の蓋閉じて良夜に脊をのばし

 ※ 釉薬のこと

 釉薬の生い立ちは、燃料の薪の灰が陶器に付着して、高温により 土との化学反応から融けてガラス状に変化して焼成されるとのことです。

 ですから、落ち葉や、枯れ木を燃やした灰で釉薬を作ることも可能です。

実際に陶友の一人が、ご自宅の庭で古木を灰にしたもので焼いてみたそうですが、電気やガス窯では所詮無理のようでしたが、部分的に焼き締めのような味も出たそうで、それはそれで納得されたようでした。

全くの初心者の私は市販の釉薬を使用したのは当然のことです。

 陶芸初心者は、多くの色を使いたがり、私も10種類ほどを焼成しましたが、結局はランプシェードは、白のスイヒ土に天然土灰釉を、茶碗類は、信楽並漉土75%と信楽赤土25%割合の粘土に、そば釉、織部釉などに落ち着きました。 

 そば釉で焼き上がった時の、あの地味な「そばがら色」の濃い地色に金粉を微細に鏤めた様は中々のものでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

作品集ー11

 ランプシェードのパーツ

Koodoana  ランプシェードの胴体を切り離した底の部分です。

1kgの粘土で壺型に挽き、多少の水分が抜けた状態で底2cmをカットし、底内面に花を活ける「落とし」や、明かりのソケットを設置するために 平らに均してコードの通し穴を開けます。

Saraurakezuri  ランプシェードの蓋となる 「上皿」を挽き、裏面をなめらかに整理します。

Sokokezuri  このランプシェードは欲張って 多目的に花入れにも使用したいので、10cmほどの高さに筒状に挽き上げて、底裏側は渦巻き状の模様にして、配置よくしました。

 各パーツが揃い 十分に乾燥させて素焼のあと、釉薬を施すのですが、茶碗の釉掛けのようにどっぷりと漬け掛けするようなわけにはいきません。

 透かし彫りの場合は霧状に吹き付ける電動コンプレッサーを使用するのですが、専用の電動コンプレッサーは、余りにも高価のため、私はビニールのプールで使う安価な足踏み式の空気入れに、口吹き用の「霧吹き器」を取り付けてみました。 流れの良い水と違って釉薬は濃度がありますから、斑なく吹き付ける為に、片足は絶えず蛇腹のポンプを踏み続けなければなりません。 (いま、そんな姿を想像して、我ながら苦笑しております。)

 一窯分を吹き掛け終る頃には、もうくたくたに疲れ、内臓脂肪も多少は減少したことは、何とも喜ばしい事でした。

       釉掛けに疲れなだるゝ土用入り

       釉薬をスプレーに掛け霧の中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

作品集ー10

 馬鹿のひとつ覚えと云いましょうか、老々介護の窮地から逃れるようにロクロに向かう事に楽しみを見出して、我流の茶香炉を作陶する事に夢中になっていた私は、ある日、茶香炉から洩れる平型ローソクの火影が 壁に揺らぐ風情に魅せられて、はっと思い付くものがありました。

  次の夢は 「ランプシェードだ!!」

 陶芸教室を中途半端な状態で落ちこぼれ、陶友との交流もないまゝ、細々と我流に甘んじる日々を送っていた頃のことでした。

 Sokonuki いよいよランプシェードに挑戦!

 ロクロに 「かめ板」 (大物を挽き上げたばかりには、軟らかくロクロから移動出来ないため、あらかじめロクロに据え付けた「かめ板」の上で挽き、板のまゝある程度の乾燥を待つ) を据えて1kgの信楽スイヒ白の粘土で胴回り50cmほどの壺に挽きあげ生乾きの状態で底の部分をカットします。

 カットした本体にまだ生乾きの間に いよいよ透かし模様を刻みます

透かしのデザインは 「つぼすみれ」 のアレンジです。

透かしカットは本来は陶芸用の特殊な電気ドリルを使用するのですが、私の場合は、簡単な粘土細工用のカッターです。

Sitaeutusi  底を抜いた胴本体にカッターの刃が通る位の まだ生乾きの間に透かし模様を写し取ります。

※  ちょうどその頃偶然にもフレスコ画家 絹谷幸二の下絵を写し取る目打ちのテクニックをテレビで見て、図らずも似たような作業をしていた事に驚きでもあり、喜びでもありました。               (平成14年7月18日NHK TV 「絹谷幸二 ベネチア30年前の思い出」)

 透かし彫りは、なにせ脆く壊れそうな 生乾きの状態を維持しながら、しかもカッターナイフの手作業です。 試行錯誤、何度かの失敗を繰り返しながらも、じっくり構え取り組む間 緊張感と土との対話の中で、至福の刻を刻んでいたのかも知れません。 

Sukasinama    作陶の透かしに彫りて月おぼろ

   土と語り春を謳ひてロクロ前

   一塊の土の息吹や春光に

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

作品集ー9

 茶香炉への挑戦

 Dc020907           ある日デパートの陶器売り場で当時一種のブームと云われた 「茶香炉」 を目にした時、その機能はよいとしても、もう少し洒落たと云うか夢のある 「茶香炉」 を、、、、、と、少しばかり陶芸をかじった折角のチャンスに、早速取り組んで見ることにしました。

、、、とは言え、今の私の技量では、思いのほか難しく、粘土のもろさ、乾燥度、欲張って透かしを彫りぬくテクニックなど、まだ教えを頂いた事も無く、試行錯誤の取り組みでした。

 通常透かしの彫り抜きは、専用の電気ドリルで彫るのですが、これと云った道具も知識もないまゝ、先の尖ったカッターナイフで、何度となく失敗を繰り返しながら、何と無く形らしくなり、やっと 「My Tyakouro」 が私なりにできあがりました。

Tyakouro1  形、釉薬の噴霧掛けなど、まだまだ未熟ながら透かし彫りの魅力にとりつかれ、挑戦できた事は楽しみのひとつとして、有難い経験でした。

  いつしか彩とりどりの 「茶香炉」たちが勢ぞろいしました。

Tyakouro_tomosibi  ※ 平型ローソクを灯し、上皿に茶葉を炊き、仄かな香りを楽しみます。

 ※ 上皿を取り除き、お香をくゆらせ、癒しに、、、

※ たっぷりの水を含ませたオアシスに季節の草花を挿して「花入れ」に、、

Syuukaidou   陶透かし彫る一心に夜の秋

  野分立つ陶土の脆さうべなふも

  透かし彫りの刃先の光る土の冷え

   、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

作品集ー8

 こうして私たち母と娘は、ふたりして童心に還り, 焼き上がったどれもこれも歪の小さな器たちに、とろりと甘いインゲン豆、野菜の煮っ転がし、玉子焼きなど、母の好物を小分けに盛って、ままごとの様に食卓を賑わせたのでした。

 籐椅子に深々腰を掛けて、もはや形にもならない編み物に無心に興じる老母を見遣りながら、私の陶芸遊びが始まりました。

  敗者復活の小物たち

        作陶の敗者復活下萌ゆる

 Ottokun           難しかった 「とっくり」 作りの工程で、完成間際に失敗してしまった瞬間から、面白い花入れとなって生き返った代物です。   口の部分を思い切ってすぼめたり、目の部分を丸く開けたりして遊んでいるうちに、何やら 「オットセイ・イノシシ」にも見えてきました。 私の遊びごころから生まれました。 釉薬は 「そば釉」 です。

 Tokurikobati          

    「とっくり」 として会心の作、と思いきや!

僅かな傷をカバーするために、 これも思い切って縦ふたつに切り分けて小鉢に早変わりしました。

「黒天目」 の釉薬で品格ある作品と自負しております。

  お正月の食卓に出番が多いです。

      沖なますの自慢は天目向付け

      しら玉やこの世にひとついびつ皿

      とっくりの小鉢めでたき切山椒

         

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作品集-7

 轆轤コース最初の課題は 「ぐい呑み」 で、口径5cmほどの小品です。

教室では先生の手ほどきと、先輩諸氏の手取り足とりのサポートを受け、ひたすら基礎的知識のご指導をいただき、後は家での練習です。

 家での練習も、あたり一面泥だらけにしながら、挽いては潰し、思い直しては挽いての練習を重ね、なんとかさまになったであろう 作品を携えて受講日に先生のお目通しを頂くのですが、中々合格点はいただけません。

先生のお目に通らない駄ものは その場でパチン!と壊されたりもするのです。

 「ア、、、、、! 折角苦労して挽いたのに! なんということを、、、、!」

自分なりの自信作? が無残な姿に、、、、、!!

 こうして何週も何週も合格点を頂くまで、練習を繰り返してはお教室に運ぶのです。 壊れやすい粘土細工を運ぶのに役に立ったのが、あの 「パッチワーク・キルト」の bag なのです。

 こんな雰囲気と先生の真剣なご指導で、先生のお目に適えば、次の課題へ進めるのですから、真剣にならざるをえません。

 努力しだいで 「ぐい呑み」、「井戸茶碗」、「とっくり」、「杓立て」、、、へと次第に難しくなりますが、悪戦苦闘の中にも面白さ、楽しさもあり、格別の体験でした。

 井戸茶碗

Idotyawan12_2  朝鮮の抹茶茶碗の一種で、古来茶人に珍重されたと聞きました。 

この井戸茶碗は、苦労を重ねた私の自慢?作品のひとつです。

土は、信楽並濾75%、信楽赤土25%   380g で挽きました。

口径15cm、 全高8.5cm、 高台0.7cm  釉薬は 「そば」

       釉掛けて仰ぐ虚空や梅雨の明け

       釉薬や異彩あまねし夕焼け空

       窯の火を落として聞こゆ蝉しぐれ

       一服のひね茶を汲むや志野茶碗

 とっく

 Tokkuri12_2

 400gの粘土 高さ15cm

そば、黒天目、鉄赤  の釉薬です。

 とにかく とっくりとか 壺のような 「袋もの」は、ロクロ初心者には骨が折れます。  ここに至るまでの 「集中力」と 「忍耐力」 に人生を学んだような気もいたします。

 次の課題 「杓立て」 (800gの粘土使用) に昇格したとき、とうとう已む無き事情で 陶芸教室を辞める事となったのです。

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)