日記・コラム・つぶやき

俳句を楽しむ会

 十数年続いた私たち八十路の俳句同好会も、寄る年波には勝てず、十数人の会員も年ごとに減少し 一昨年にはとうとう四人がかろうじて とどまると云う自体になってしまいました。

 ご指導戴いた選者の先生も米寿をすぎて、ご利用いただいていた乗り換えの路線バスも 時節柄次第に減少し 昨年三月で「俳句同好会」は解散となりました。

 人生百年の時代、健康で長生きをモットーに試行錯誤しておりますが、残された句友「どんぐりの背比べ」四人は、俳句づくりに余生を過ごす折角の楽しみを失ってしまうことを憂慮し、相談し合い 師匠、選者を持たない 自撰、互選の「俳句を楽しむ会」を発足させたのは昨年の四月のことでした。

 俳句は季語を入れて五・七・五音の短い独立した抒情詩ですが 俳句独特の「切れ」やリズムは大事な要素です。
 お互い俳句で競い合う事では無く、季語を重視して自由闊達な俳句を作り 披露し合っておしゃべりを交えながらの会にしましょうと、平成二十九度四月に満場一致の発足となりました。

 四人ともいずれ劣らぬ年金生活者。
会場は地元の生涯学習センターの最小の会議室を利用させて頂き、指導者・選者も居ませんから謝礼もなく、部屋代とコピー代のみ超格安・安定会費で、自撰・互選・推敲を旨として 出来るだけ原句を尊重して一句に仕上げる事がモットーです。
 楽しむ俳句会がお互いの余生の大切な心の友となってきました。

2

 毎月一回、各自俳句五句を用意し、原稿用紙に書き連ね、人数分コピーします。
 折角詠んだ俳句が、選者に拠って 全く違った情景や感情に添削されて 「あれ? 私の句では無い!」 という事もあります。
如何に正調俳句らしく 何処へ出しても恥ずかしくないように添削されて、自分の俳句では無くなっていることをよく聞きます。


 そこで私たちは 各自一句ずつ詠み上げながら どんな情景を どんな心情を詠んだかを簡単に説明します。
Cimg1366
 
四人だからこそ 実にまとまって良いのです。 
この時間が結構楽しく、四人寄れば◯◯の知恵?とやら、、、
話題も時々脱線しながらも 齢八十にして新しい事柄も智慧も真実も授かるのです。 
 例えば、、、

  新茶季の才取りも絶え問屋街

 静岡はお茶の産地ですから 以前は五月の新茶季ともなれば静岡市葵区茶町通りの問屋街は、周辺に新茶の香りが漂って、朝早くから「才取り(さいとり)」と言われるお茶の売買の掛け声で賑わったそうですが、近頃では 全てが機械化され、流通機構の為でしょうか? お茶の香りも そんな声も聞かれなくなってしまった 句友Tさん作です。
恥ずかしながら 「才取り」という語彙を初めて知ったのです。

   飢餓救うアントワネットやジャガの花

 フランスの飢餓を ジャガイモで救ったマリー・アントワネットは ジャガイモの花をこよなく愛して、ブローチや帽子飾りにジャガイモの花を装飾にした逸話を詠んだのは 句友Sさんの句です。
こんなお洒落な逸話を初めて知った私も この俳句会からでした。

  海の日の引く波海底えぐりけり

 八十路にして これほど力強い俳句に出会った句友Mさん作。


Cimg1367

 積み重ねとは尊く そして嬉しいものです。
平成二十九年度一年間の集大成「俳句作品集」が出来上がりました。 
それぞれ個性的な佳句揃いです。

 三月俳句より抜粋

 春愁や薬頼みの老い夫婦      

 ついばみつ瓢湖の白鳥田に遊ぶ  

 若棋士の「飛翔」と高らか春動く   

 天満宮の牛の目赤し杉の花     


 四月から四人の「俳句を楽しむ会」平成三十年度が始まります。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

契約アンペア変更と、スマートメーター

 長引く厳しい寒さのため、昨年の同じ月に比べて、光熱費の増大に脅かされたのは我が家だけでは無いでしょうか?

 風邪のための体調不良が 少し解消されて、永年気懸かりだった我が家の電気使用量契約アンペアについて、電気会社のガイダンスに従って問い合わせを試みました。

 応じてくださった担当のAさんは、高齢の私に わかり易く説明してくださり、20分後には我が家に適応したシミュレーション(模擬計算)で、おとくプランのアンペアの数値を出して下さいました。
此処に至るまでの説明をして頂き 合意の上 契約アンペアの変更をお願いすることにしました。
早速翌日の午後に来ていただくことになりました。

 契約アンペア変更には、当然のことながら計器配線工事が必要ですが工事費は無料です。

 工事中の20数分間は当然停電を覚悟しなければなりません。

 エアコンや電気ストーブでの暖房も、TV,ラジオも使用できず、寒く薄暗い部屋で、スマートフォンを頼りに、期待を込めて20数分間を過ごしました。

 手際のよい工事が終わり 部屋の明かりがぱッと着いたところで工事完了です。 
Cimg1292jpg2jpga


 上の写真は工事完了の計器ボックスです。
「おやッ? ぐるぐる回る円盤の計数器が無い?」

 

Cimg1291jpga
上の安全ブレーカーは従来のものをそのままです。

 停電時の対応など 簡単なアドバイスと「お客様へのご案内」を置いて全て終わりました。

1548limage
 工事完了の計器ボックスには ぐるぐる廻る計器がこんなメーター計器に入れ替わっていました。 
(上の写真はスマートメーター計器の見本です)

が、、、私が初めて聞いた「
スマートメーター」と云う新しい計器であることが分かりました。
Cimg1296jpga

内容を要訳すれば、

 今までの電気の契約容量を決定するためのサービスブレーカーを取り外し、今後は、スマートメーター内の開閉器の役割を果すために今までのサービスブレーカーを撤去しました。と前置きされて 停電時の対処方法の説明などが列挙されています。

 さて! スマートメーターとは?
 今までの「電気メーター」は、電気を使うと 透明の容器に入っている円盤がぐるぐる回って、使用量を積算する つまりアナログ式で 毎日の電気使用量をプラスしておいて、検針員が1ヶ月毎にデータを読み取り「電気ご使用量のお知らせ」に使用量と請求金額が印字された紙を各戸に渡すと云う仕組みでした。 

4456


 スマートメーターは、一定の時間を決めておいて、その時点の電気容量を電力会社のサーバーに送る仕組みで、データをマイクロコンピューターで記録していく「デジタル式・・電子式」です。

 こうした働きをするための通信用の制御装置が搭載されているのです。
「通信高機能電力メーター」として、パソコンのように各家庭の電力メーターが電力会社とつながっているため、検針員がいちいち各家庭を回って数値を確認しなくても、電気料金の確認とか契約プランの変更など、様々なサービスを受けることが可能になるのですって!

 *電気会社に登録しておけば、パソコンで時間単位で使用量がチェック出来たり、前年との使用量が比較できたり、節電の目安にるのです。
世の中すっかり IT(情報技術)時代になりました。
スマートメーターの設置は、契約の電力会社が無料で取替をしてくれます。

マートメーターの設置は、国策となっていて、経済産業省の「スマートメーター制度検討会」では、2020年代の出来るだけ早い時期に、すべての利用者に設置すると云う方針らしく、平成34年までに全世帯にスマートメーターが取り付けられる予定で、申込まなくても順次設置してくれるそうです。

パソコン・スマホを持たない方でも スマートメーター取り付け後の検診結果使用電気量や料金は 2~3日後に郵送されるそうですから先ずは一安心です。

また、契約容量以上の電気を使用した場合、スマートメーターの開閉器が自動で「切」となり、一時的に停電しますが、約10秒後にその開閉器が自動で「入」となるのですって!
そんな場合は 即座に何処で使いすぎているのかしら? と 対処すればよいのです。
 但し約30分の間に「入」と「切」を何度も繰り返すと 開閉器の働きが出来ず 停電状態に陥ってしまうので、そんな場合は契約電力会社に連絡します。

シニアのつぶやき 長々の記事をご高覧くださいましてありがとうございました。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡マラソン

 長引く風邪で鬱々過ごしていた3月4日、いつも携帯メールで元気付けてくださっているひろさんから、「静岡マラソン一緒に応援できると良いよね。そろそろですよ」と、9時ごろメールをいただきました。

 10日余り買物すら出かけられず、引きこもりがちだった私は、穏やかな晴天に恵まれて デジカメとスマホを持って ひろさん宅前の大通りで応援を試みました。

有り難いことにひろさんが私のために椅子まで用意してくださっての観戦です。
Cimg1280


Cimg1282


Img_3233

 静岡市、静岡陸上競技会などが主催する静岡マラソンは、3月4日静岡市役所静岡庁舎前からJR清水駅前までの 42,195キロで行われました。

フルマラソンは1万753人が出走し、9,676人が5時間半の制限時間内に完走したそうです。

「ファイト! ファイト!」と 傍らのひろさんの 身を乗り出して手を振り 応援する勢いにつられて、風邪なんかなんのその!とばかりに デジカメやスマホを手に応援したのです。
Cimg1289jpg2

Cimg1290

 約1時間後、走者は次第に少なくなり、「AED」を背負った救護の自転車隊が目の前を通り過ぎ、救護最終バスを見届けて 私のマラソン応援は、清々しい気持ちで終わりました。

「やれば出来るではないか!」 この日以来長かった体調不良に怯え続けた私も 急速な回復の兆しの手応えを嬉しく実感したのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

目からウロコが落ちました

 風邪を引いてしまいました!!

 一週間前の2月18日 日曜日の明け方の事、喉に違和感あって 急ぎ常備薬を服用し ハチミツを舐めて何とか回避に努め その日は大事を取って過ごしたつもりでした。

 ところが翌日には、平熱ながら クシャミは頻発するし、鼻水は出るし、いよいよ花粉症か? と思いきや!  
風邪を引いてしまったようで驚き慄きました。 
クシャミ鼻水は1日だけで治りましたが 風邪らしい風邪を引いたのは2014年12月下旬以来のことです。

 急遽かかりつけの医院で診察の結果は、流行りのインフルエンザでは無いようで 平熱で筋肉痛などもない為 風邪に対する薬の投与も無く むしろ 「良かったねぇ 水分をしっかりとってね」 とにっこり、先生の笑顔でほっと安堵いたしました。

 健康だけは取り柄だった私、「鬼の撹乱」ですね。

この程度の風邪なんぞと、高を括っておりましたが、日増しに体調が芳しくありません。不安感も募ってきます。
独り居の高齢の身、次第に心細くなって来ました。
一週間経って、薄紙を剥がすかのように 快方に向かって居るように思えますが、不安感は消える事なく過ごしました。

 慣れない風邪ひきと言いましょうか 三年ぶりの為でしょうか? 快癒してゆく過程を 身体的、精神的に どう対処してよいやら中々把握出来ずに、朝起きれば治っているかも知れないと淡い期待を懐きつつも 「あぁ今日も未だ少しも良くなっていない! 今日も、、」と 次第に焦りと不安で ただただオロオロ過ごす事が一週間続きました。 
一週間がこれほど永く感じたことはありません。 そこで、、

 誰に相談する術も無いけれど パソコンでインターネットとは有り難いものです。 
目からウロコが飛び出しました!

「風邪」は病気ではなく、身体の不調の九割を治してくれる貴重な存在である記事に遭遇したのです。

 風邪は悪者ではない、「風邪は病気ではなく 治療行為」と云って、身体の重心のバランスが片寄って来た時に、それを整えようとして引くものだそうです。

「風邪は治すものではなく、経過させるもの」で、風邪の効用は、風邪を引くことに拠って すでに他に病気がある人は これを機会に治ってしまうケースがあるそうです。
 これを自然療法と云うそうです。

 普通の風邪に薬はいらない 風邪を引いたら通り過ぎるのを待て!

下手に薬を飲んで風邪を中断させてはならない、咳や鼻水に対しては、薬は余り効果は得られないのですって!

薬を飲まないで、水分を十分とって身体を休めることが肝心で、風邪が通り過ぎるまで辛抱強く待つと云うのが、風邪に対する最良の治療法といえるそうです。

以上は下記 野口晴哉氏のホームぺージよりの引用です。

http://macrobiotic-daisuki.jp/kaze-hayakunaosu-houhou-18286.html

この記事を読んで 診察していただいた主治医先生の 「良かったねぇ 水分をしっかりとってね」と にっこり笑顔もうなずけたのです。

 普通の風邪ならば、1週間~10日くらいで自然に治癒すると云う記事に、精神的にも大変楽になりました。

 風邪で苦しんだ三年前の日記を読み返してみると、やはり7~10日は体調不良と不安感に苛まれはしたものの、二週間ほどですっかり回復しておりました。

 今日2月25日(日)は発症して丁度一週間経ちました。
この前例を参考にして 今しばらくの我慢です。

 いつもブログにお付き合いくださり コメントをいただく 「ひろさん」 には果物の差し入れや買い物など 随分助けていただきました。
何より SMSの交換で、励まされ多くの勇気を頂きました。

有難かったです。 

「善意の循環です」と仰る ひろさん 本当に有難うございす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初詣

 今年の初詣は一月ニ日 静岡市民に一番馴染み深い初詣のスポット 静岡浅間神社(おせんげんさん)に詣でました。

 静岡浅間神社の重要文化財社殿の「平成の大改修」と云われる化粧直しは 平成二十六年から二十年かけて着々と進められております。
Cimg1062

 
赤鳥居を潜ると、主祭神の大歳御祖命(おおとしおみや)が祀られている社殿が一昨年には改修のトップを切り屋根の葺き替えや化粧直しも済ませ、多くの初詣客をお迎えくださいました。

 静岡浅間神社は、静岡市民にも案外知られていない 実は私も詳しくは昨年知ったばかりでしたが、祀られている神々様の何と!多いことでしょう。 有り難い神社です。

 神部神社(かんべじんじゃ)、浅間神社(あさまじんじゃ)、大歳御祖命神社(おおとしおみやじんじゃ)、麓山神社(はやまじんじゃ)、少彦名神社(すくなひこじんじゃ)、玉鉾神社(たまぼこじんじゃ)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)、天照大神、雷神、大和武尊、徳川家康はじめ五十六の神々様が祀られております。

 絢爛極彩色の蟇股彫刻(祝事の彫刻)の数々が二百年前の状態に復元された大歳御祖命神社(おおとしおみやじんじゃ)です。

Cimg1064

 大歳御祖命神社本殿の初詣客は神妙な面持ちで列をなしております。
Cimg1068

 今年も穏やかな比較的暖かな晴天に恵まれて物凄い参詣客です。
Cimg1072

 84歳の昨年、どうした弾みか?登ってしまった麓山神社(はやまじんじゃ)参道の「百段」(実際には煩悩を断つ108段)を 今年は怖じけながら見上げて、どうしたものか? しばらく麓で自問自答。
Cimg1074

八十路も後半 無理は禁物と我が身をたしなめて、半分だけの挑戦 「一日十笑健康長生き」 を祈願いたしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 平成30年 2018年  元旦

 明けまして おめでとうございます

 皆様方にはお健やかに新しい年をお迎えのことと存じます

 

Cimg1035jpg2

   笑う門には福来たる    笑てんか~

本年も 明るく過ごしていただけますよう 微笑みのブログを綴って参りたいと心新たにしております

 どうぞ お付き合いくださいますよう謹んでお願い申し上げます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

無病息災 感謝の一年でした

 2017年平成29年が暮れようとしています。

 クリスマスがすぎれば我家のBGMは、ジングルベルから、ベートーヴェンの1~9までの交響曲が大晦日まで流れます。
ヘルベルト・フォン・カラヤン率いる ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン学友会合唱団。 
1962年 カラヤン壮年期収録のCDです。
カラヤン没後今年は丁度28年になります。

 心引き締まる思いで聴きながら 老体に無理の無い様かばって 手抜きをしながらの年用意に勤しむ?のですから名曲鑑賞に没頭と云う事でしょうか。

 日本人はべトーヴェンの第九がお好きなようで、大晦日にはラジオやTVから流れて、一年の総締めくくりを感じさせてくれのです。そして来年への希望と活力をいただくのです。

 第九はベートーヴェン最後の交響曲ということで一年の総仕上げ そして明日への希望を抱くにふさわしいシンフォニーです。

 私個人的には、第四楽章の合唱は、シラーの「歓喜に寄せ」の人類愛を謳った合唱で、この一年をつつがなく過ごせた感謝と、新しい年への心構えの応援歌として勇気をいただいています。
Photo_4_2

 感謝と勇気をいただくと云えば、郷土の母なる川 安倍川の川岸からの雄大な富士山です。
殊に年末の夕焼け空 茜に染まる雄大な富士山には この1年無事に過ごせた感謝と 来年もきっと元気でいられると どれほど勇気づけられることでしょう。

 ブログをご高覧下さった皆様にも沢山の勇気をいただきました。
心より厚く御礼申し上げます。
来る年も たとえ細々でもブログを継続できますよう心がけて参りたいと思います。

 以前収録した比叡山延暦寺の鐘の音をお聴きいただきながら、佳い新年をお迎えくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中秋の名月回想

 平成二十九年の中秋の名月は十月四日でした。
A

 過去の中秋の名月を遡ってみれば 平成二十三年は九月十二日、二十四年は九月十一日、二十五年は九月三十日 昨年は九月十五日 そして来年平成三十年は九月二十四日という具合に天文学的に満月は太陽、地球、月の位置関係で決まりますが、中秋の名月は必ずしも満月とは限りません。
因みに今年の中秋の名月は十月四日で 満月は二日後の十月六日でした。

日本人は事を始める時 特に冠婚葬祭には、大安とか仏滅など六曜を大変気にしますが 興味深いことに毎年中秋の名月は「仏滅」なのです。

それを解くカギは

陰暦の月と日付を足した数字から六を引いて割り切れれば「大安」 余りが一つなら「赤口」 二つなら「先勝」 三つは「友引」 四は「先負」 五は「仏滅」 と云うような方程式があるそうです。
それでは計算してみましょう。

  2017年10月4日の旧暦(陰暦)は8月15日ですから
  8+15ー6-6-6=5  余り5は「仏滅」  なるほど!

それはさて置き 去る年の中秋の名月を再現してみましょう。

数年前撮影した 静岡市駿河区丸子の吐月峰柴屋寺の名月へお供えの画像です。
Photo


 「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」 
詠み人知らずですが 
有名な歌にあるように 中秋の名月はたとえ仏滅と云われても 断乎決定的名月の鑑賞詩です。

 近頃我が家の周辺は高層ビルの林立で 自宅からのお月見はままならなくなりました。
今年の名月は たまたま旅行と重なって 折角の名月を愛でる余裕は残念ながらありませんでした。
おまけに、六日の満月はあいにく雨でした。

 八十路も五合目 寄る年波には勝てず、夜道は危険もあって、今後も名月鑑賞は期待できそうもありません。  そこで
Photo_3

 次の二題の動画は 数年前静岡市駿河区の吐月峰柴屋寺 暗夜の庭園で次第に昇る名月と、その夜に収録した中秋の夜にふさわしい琵琶法師さながらの名演奏の動画です。




 10分間の琵琶演奏をごゆっくりお楽しみください。

 茶菓のご接待をいただいた後、暗夜の庭園のあちこちに揺れる 燭の灯りや虫すだく中 「祇園精舎の鐘の声、、♪、、」の琵琶の調べ延々十分間を撮影した動画を何度も何度も再生しては回想にふけるのです

  過去のブログ記事や、アップしたYou Tubeに保存されている私にとって貴重な動画を、いつでも何度でも見ることが出来る幸せは、パソコンとの触れ合い無しでは語ることができません。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

敬老の日雑感

 朝8時 自治会長さんが「おめでとうございます」と、ずしっと重い包みを届けてくださいました。
00000806_photo2

学区自治連合会から「敬老」の日 祝のお弁当に紅白饅頭やお菓子等 ひ孫の
ような小学生からの可愛いお祝いメッセージを添えた 心あたたまる贈り物です。
1278620592553f36417cb7e582121451
  「今年私達町内で 生存されていらっしゃる高齢女性は 4組のYさん、1組のH子さん 次が貴女です。 おめでとうございます。
 これからもお怪我のないよう長生きしてください」 
  
えッ?  私が?」
 町内約80戸 推定人員200人余、内半数が女性100余人として、私が高齢女性生存者3人目とは! まさか! まさか!
いつの間にこんな歳になってしまったのかしら? いつの間に、、、
 
 お二人とも息子さんご夫婦やお孫さんと同居されての暮らしです。

 親子孫三世代の大家族構成で 幼い頃から年寄りを敬まいながら育った私たち昭和一桁世代にとって 近頃実子家族と同居生活の中でも 独り居での孤独よりも 言い知れぬ孤独感を余儀なくされていられる方があまりにも多いと聞きます。

 夫に先立たれて早56年が経ってしまいました。
当時4歳と1歳だった二人の娘も夫々嫁いで幸せそうな四半世紀余りが経ちました。
以来独り暮らしの私は 家族に守られ助けられながらの友人を羨ましくも思っておりましたが
 「独りが良いよ~、、、」と吐露する声が頻々と聞こえてまいります。 
 寂しい時代になりました。

 人生100年時代、長過ぎる老後をどう備えれば良いのでしょうか?
「独りが良いよ~」と云われても、押し寄せる不安や孤独にどう立ち向かったら良いのでしょうか?

 余儀なく独居にせよ 三世代同居にせよ 若い時には考えもしなかった自立して安楽な余生の暮らし方を 50歳代~60歳代で見つけることが出来れば 少なからず孤独を克服できるかもしれません。


 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブログ10年目の記録冊子

 年寄りの冷水と自重(自嘲)しつつ、毎週日曜日に更新を決めて欠かさずアップしたブログ「パソコンは老いをらない」は お陰様で五月二十七日で十年間を綴ることが出来ました。
これもひとえに、パソコンサロンゆうらくさんから高齢の私に適応したご指導を賜り また多くの方にご高覧戴き、お与えくださるコメントに随分励まされました。
  ありがとうございました。

こうして折角綴った拙い記事でも 私のこの歳になると些かの自分史に成るかもしれないと淡い期待を覚えつつ、毎年一年分の記事を纏めて手前味噌ですが 今回で十冊目の「パソコンは老いを知らない!」 記録冊子ができあがりました。
Img_2615a1

 一年(五十二週)分を九十ニページに亘っての冊子作りは、元来横書きのブログ記事を縦書きにコピー&ペーストすると云う いささか面倒な作業で パソコン自身が戸惑い悲鳴を上げて 画像がとんでもない処に飛んでしまって定位置に中々収まらず、思わぬハプニングに遭遇したり、コピー機のトラブルに四苦八苦するなど、艱難辛苦の人生行路に通ずるものがありました。
  この難関突破は脳トレに役立つかもしれません。

Img_2614a1

 自分史とも言えるパソコン&コピー機を屈指しての自作 十年十冊の冊子を目前にして、電話もテレビもなかった若かりし時代を過ごした昭和一桁生まれの私にとって こんな事が出来ようとは。 若棋士の言葉を借りて 只々『僥倖』としか言いようがありません。 
 パソコン遊びの楽しさ素晴らしさを得た幸せを噛み締めています。

Img_2616a1

 17年前 当時の森総理大臣の「IT革命!」を提唱されたのが切っ掛けで始めたパソコンとの関わり合いが、後期高齢「おひとりさま」暮らしに大きな指針と楽しみの糧になろうとは、当時は思いも及ばない事でした。

 当時68歳の私は、ITとは何ぞや? パソコンとは何ぞや? パソコン操作は皆目分からぬ!  分からぬ事が分からぬ!
 「そうだ!」 
思い立ったが吉日、パソコン教室の門を叩いて、焦らず諦めずが功を奏して こうして余生の楽しみを享受しております。
 
日進月歩どころか 秒速単位で進化する「IT時代」 世の中は「スマートフォン時代」 便利この上もない代物ですが まだまだ学ぶこと山積です。

 十年目のブログ記念日の五月二十八日は感慨も新たに これから一年 無事のブログ更新を祈念しつつ発信の決意をしたところでございます。
歳は争えません 何時の日か?ギブアップするかも知れまが、、、

 ご高覧いただいた皆さまに御礼申し上げますとともに、今後共どうぞよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧