癒し

かるがものヒナ一大事!

 6月に入ると かるがものヒナ誕生にそわそわ落ち着かない私です。
Cimg6913a1
 昨年は5月28日に2組のつがいから23羽のヒナが誕生、6月2日には18羽が大脱走して大騒ぎの静岡市葵区の城北公園回遊式庭園の池に 今年は6月3日に行って参りました。
Cimg96011
実は6月2日夕 母鴨と9羽のヒナの記事を新聞で知りました。
Cimg0081a1
 いました! いました! 5月31日に誕生した9羽のヒナ達は ハラハラ心配する母ガモを余所に自由奔放に泳ぎ回っております。

愛らしいかるがも母子にほっとした午後2時、藤棚のある池の淵に到着したその時、突然異変が!
Cimg00581a1_2
 どうしたはずみか? 誕生して間もない4羽のヒナが、排水口を覆った籠に入り込み、右往左往ピ~ピ~と鳴きながら出るに出られず オロオロする母ガモの けたたましい鳴き声がするではありませんか!

迷事件記者?としては 放っておけません。
 青年の咄嗟の救出作戦一部始終を震える手で デジカメムービーに何とか収めることができました。
籠は、頑丈なステンレス製、その上 足場が悪く、池の淵からやっと籠に両手が届くか否かの悪条件です。

【かるがものヒナ一大事! 3分間の救出動画】 をご覧ください。

 たまたま居合わせた青年の 悪戦苦闘の救出作戦で4羽は無事に母鴨のもとに戻ることができました。
 「良かった! 良かった!」
Cimg0060a1
 ノラ猫や無頼カラス、おまけに良かれと覆った排水口ネットや籠にも野生の生物には危険がいっぱいです。

ullscreen  

遊び疲れたカルガモ母子にやっと一時の安らぐ時がきました。
Cimg0065a1
 TVや新聞紙上を賑わす写真撮りに かるがも母子の愛らしい様子を気長にジーッと待つカメラマンが毎日池の淵で頑張っています。
Cimg00852a1
 6月4日には更に12羽が誕生し、訪れる人も増えて回遊式日本庭園はこの時季ならではの賑わいを見せております。
Photo

 まだ抱卵中の鴨もいるそうですよ。






| | コメント (4) | トラックバック (0)

世界の椿展 in Shizuoka

第23回「世界の椿展」(静岡ツバキ会 小川秀世会長主催、静岡市、静岡市教育委員会後援)が今年も3月18・19日に静岡市葵区東草深町の「アイセル21」で開催されました。
231
 世界各国で改良された椿(カメリア)の切り花、鉢花やパネル・写真などが展示されています。
Cimg8927

毎年 このブログで何度も述懐しておりますが、、、
私が「世界の椿展」を初めて拝見した平成23年と言えば 日本人が生涯忘れることのない3・11東日本大地震・大津波に加えて おぞましい福島の原発事故直後の3月13日のことでした。
凄まじいニュース報道に、悲しみと不安におののき、独り部屋に閉じ篭もっていた時に偶然この展覧会開催を知り、 思い切ってバスに飛び乗り 会場に入るや目に飛び込んできた別世界を何と表現しましょうか?
 絢爛豪華大輪の洋種ツバキ(カメリア)を拝見して心の安らぎと一縷の希望を戴いたことが昨日のように思い出されます。

Cimg8930_2
 以来毎回訪れて 心の安らぎを戴いております。
Cimg8933
17世紀頃にポルトガル 18・19世紀頃には 欧米諸国に渡った日本原種の椿は、熱心な品種改良家の努力によって逆輸入され、 茶席の生花として珍重され 侘び寂びの慎ましやかな花として親しんできた私達日本人には信じられない豪華絢爛 大人の手のひらサイズの大輪の切り花が 銀のトレーやガラスの器にモダンに飾られている手法にもカルチャーショックを受け 会場のあちこちで感嘆の溜息が聞かれます。
Cimg8965
↑ 静岡ツバキ会(小川秀世会長)の皆さんがこの日のために、丹精込めて絢爛に咲かせた150品種、200点以上のカメリアを多くの人に鑑賞して頂きたいと 今年は3人の句友と連れ立って拝観してまいりました。
3人共初めての鑑賞で、異口一様「これがツバキ? 素晴らしい! 素敵ねぇ!」と嘆息しきりでした。

Cimg8934
今回は白い斑入りの赤い花びらの18センチもある大輪の「レイジェントリー」(アメリカ産)や会員が日本で初めて咲かせたツバキが展示され大きな反響を呼びました。

幸い会場にいらっしゃる静岡ツバキ会小川秀世会長さんの貴重なお話を戴いた後 会場を一巡の動画の収録ができましたので、ごゆっくりご覧ください。

 

 国内で海外のツバキ(カメリア)を丹精込めて大切に育て上げ 一堂に展示するこれほどの機会は殆ど無く 貴重な洋種ツバキの数々を是非多くの方々にご鑑賞戴いただきたいと思います。

 小川会長さんのお話にありましたように、「椿姫」との深い関わり合いもわかりましたところで、昨年の動画も合わせてお楽しみください。 (BGMはヴェルディの椿姫より乾杯の歌)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

城北公園にうれしいニュース

 静岡市葵区にある 「ナンジャモンジャ」の城北公園の回遊式庭園の池で 5月28日2組のカルガモのカップルに23羽のヒナが誕生したのも束の間、4日後には他人ならぬ他ガモの子ガモまでゴチャ混ぜにし 18羽の子ガモを引き連れて 1羽の母ガモが何処かへ引っ越ししてしまった事件?は 以前このブログでご報告しました。
Cimg6913a1

その後 残留組の5羽のヒナは、無事に親と見まごうばかりに成長しているようです。

Cimg6834a1

 一方 今回は同じ城北公園の臨済寺側道路沿いにある「水の広場」滝の池の うれしい話題です。
5月下旬に生まれるはずのヒナのタマゴが 無頼カラスの餌食となり、ひっそり静まり返ったこの池に 今年はもうヒナの誕生は期待できないと 諦めていた処 6月26日に9羽のカルガモのヒナ誕生のニュースが飛び込んできました!

29日今にも泣き出しそうな梅雨空を押し切って行ってまいりました。
Cimg7210a1


 いました! いました! 
孵化4日目のかわいい9羽のヒナを守る健気な母ガモが、手に取る位置に撮影出来たことはラッキーでした。
Cimg7236a1
 自由気ままにに泳ぎまわり 遊び疲れたヒナたちは 羽繕いをして1羽また1羽 母ガモの翼の下にもぐり込む可愛いパフォーマンス。
夢中でシャッターを押し続けた 野生のカルガモ一家の動画4題をどうぞごゆっくりお楽しみください。 

 慈愛に満ちた母ガモ あちこち泳ぎまわったり 子ガモ達の羽繕いの仕草は文句無しに
可愛いですよ~

【静岡市・城北公園のカルガモ母子~1】

【静岡市・城北公園のカルガモ母子~2】

【静岡市・城北公園のカルガモ母子~3】

【静岡市・城北公園のカルガモ母子~4】

  ところで、 父ガモはどうしているのでしょうねぇ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

温泉を楽しむ

 隔月に温泉を楽しむ旅。
ひとり暮らし同士の4人組 「温泉と食事やおしゃべりが弾む旅」の今回は、6月21日に一泊二日の熱海温泉でした。

 21日の朝は いつもの晴れ女には珍しく 夜来の雨も本降りの険しさの中の旅立ちでしたが、JR静岡を10時33分発の列車が富士駅を通過する頃には急速に雨も上がり 夏の富士山も車窓からくっきりお目見えの回復ぶりとなりました。
熱海駅に着く頃は あっぱれな梅雨晴れです。
 Cimg7178a1_2

 ホテル特別のお取り計らいで、なんと!最上階10階の2方総ガラス張りの広々したアップグレードのオーシャンビュー客室に案内され 「 わ~ぃ! 素晴らし~! わらわは満足じゃ! 長生きはするもんじゃの~」の興奮ぶりです。

 展望のよい窓からは 雨上がりの静かな入江、丘の上の熱海城もくっきりと望めます。
ライトアップに輝く熱海城、眼下の夜景の素晴らしかったこと!
 温泉を楽しみ 晩餐の後のおしゃべりも花盛り、眠りについたのは月も高く輝く 子の刻となりました。

 翌日は、薄日も期待できるということで、熱海駅前始発のバスで約40分、秋季の旅予定の十国峠の下見をすることと相成りました。
Cimg7186a11

バスは十国峠へのケーブルカー/レストハウスに到着の頃ともなると、下界は晴れても 俄
に立ち籠める霧、梅雨時のお山の変身ぶりです。

霧が晴れれば 視界360度絶景の富士山、相模湾に浮かぶ初島や伊豆大島が見渡せるはずですが、全てをさえぎる霧襖。

絶景の楽しみは 秋季旅までのお預けとなりました。
Cimg7191a1

せめて旅の無事を 十国峠のお願い地蔵様に祈りを捧げました。
 Img_1_2
「わ~! これは珍しい~!」
 十国峠レストハウス前に見つけた 黒いタマゴ!
 世にも不思議な炭のように真っ黒な茹でた鶏卵は、箱根は大涌谷だけの名物と思っておりました。
近頃
すっかりお見限りの「温泉黒タマゴ」ではありませんか!
 大涌谷では「黒タマゴ」 十国峠は「温泉極楽タマゴ」と云います。

Img_2

 昨年5月に箱根山の微小噴火警戒レベル2で 販売中止でクローズアップされた大涌谷名物「黒タマゴ」が、十国峠でまさかの出会いに驚喜したのでした。
「1個食べれば7年寿命が伸びる」 と云われる黒いタマゴ。
 1ダースもゲットした私  健康で楽しい余生 まだまだ長生きするつもりです。


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第22回世界の椿展 in Shizuoka

  第22回世界の椿展(静岡ツバキ会 小川秀世会長主催)が3月19・20日に 今年も静岡市葵区東草深町の「アイセル21」で開催されました。
Photo

 
 この5年来毎年のように楽しく観賞させて戴き その都度ブログ記事で申し上げておりますが、私が「世界の椿展」を 初めて観賞させていただいたのは、5年前の東北大地震の大津波と、福島原発事故の凄まじい報道に 悲しみと不安に独り恐れ戦き 部屋に引っ籠っていた矢先 静岡新聞に掲載された大輪のカメリア展開催記事に一縷の希望をいだいたことでした。
あの時の感動と心の安らぎは今でも忘れることはございません。

 元来私達日本人の椿に対する思いは、茶道にも通ずる侘び寂び 和の花として親しんでおりました。
欧米諸国に渡った和の椿は、熱心な品種改良家の丹精なご努力で粋を極めたカメリアとなって逆輸入され 日本の彼方此方の熱心なカメリア愛好家に依って 私たちは感嘆させて戴いて
おります
A

国内で海外のツバキをこれだけ一堂に集めた展示は無く、非常に貴重な機会で 多くの人の心を癒やし感動させてくれました
2

H

Img_0881

Cimg6273

静岡ツバキ会(小川秀世会長)の皆さんがこの日のために並々ならないご苦労で絢爛に咲かせた約100種類 300点以上のカメリア、直径20センチ近い大輪の花の色目も鮮やかで、幾重にも重なる花びらの絢爛豪華な切り花をカップに浮かべるなどの欧米感覚のオシャレな展示は 私にとって一種のカルチャーショックでした。

Img_0869

 カメリアを熱く語る小川会長さん ちょっと失礼します。スマホならではの宙玉アプリで カシャッと撮らせて戴きました。

 開催中小川会長さんは鑑賞者の質問にも熱心に説明され、会場は和気合い合いの雰囲気でした。

 夢中で撮り溜めた数々の画像をお馴染みのムービープロジェクトで編集してみました。 BGMはヴェルディの歌劇椿姫より「乾杯の歌」です。  会場を一巡してみましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒田富士雄さんの新作似顔絵展

静岡市の似顔絵ナンバーワン作家 黒田富士雄さんの2016年新作 有名人似顔絵展が静岡市葵区の秋山郵便局ロビーで開催されております。
Cimg60311_2

 昨年冬の「輝く女性似顔絵展」に続き 僅か4ヶ月後の初夏に24人の有名人似顔絵を発表され、独学で培われた技法を屈指して 今年も うわさのスポーツマンのルーティング新作を携えての展覧会は 秋山郵便局で3月11日(金)まで開催されております。

Photo_2
 黒田さんは静岡を代表する似顔絵はもちろんのこと、風刺漫画に至っては、「吉備川上ふれあい漫画美術館」公募「申」年マンガ年賀状に見事入賞されたり、SBSアナウンサーの似顔絵事件で局内をびっくり仰天させたり ますますのご活躍ぶりです。

明るいロビーには新作32人の似顔絵がずらり、、、
  似てる! 似てる!
五郎丸選手お決まりのルーティン このポーズ! この眼差し!
琴奨菊の「コトバウアー」!  決まりです!

1

2

Page

5

4

3

1_2  

1_31_4  

Photo

今人気絶頂の有名人の特徴を面白おかしくデフォルメされ、見る人を唸らせ喜ばせ 観客は癒やされるのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世界の椿展 in Shizuoka

 第21回世界の椿展(静岡ツバキ会 小川秀世会長主宰)が三月十四日・十五日に 静岡市葵区東草深町の「アイセル21」で開催されました。

 今回の展示会の模様は ブログ「ゆうらくの森」(3月17日アップ)で美しい画像と共に詳しく解説されております。

1cimg3323

 私が「世界の椿展」を初めて訪れたのは 四年前の東北大地震の大津波と 福島原発事故の凄まじい報道に 悲しみと不安に恐れ慄き 家に引き籠っていた矢先 たまたま 美しい椿展開催の新聞記事を見て、いたたまれない思いで会場に赴いたのでした。
 会場に入るや否や目の前に展開された夢のような光景!
     あの時の感動と安らぎは忘れる事はありません。

 私たち日本人は 椿と云えば 茶道にも通ずる侘び寂の花として 親しんでおりますが、欧米諸国で品種改良の粋を集めた静岡ツバキ会 外来種のツバキ(カメリア)出展に 観覧者はカルチャーショック!
 まさに夢見る心地でございます。
1cimg3386
 かつて日本から持ちこまれたアメリカやオーストラリアなどで、品種改良された華やかな外国のツバキ(カメリア)を中心に展示され、目にも鮮やかな大輪に観る人を唸らせます。
Page_2
 豪華絢爛、「世界の椿」の研究育成、はたまた公開展示は 静岡や神戸など日本でも3ヶ所だけだそうで、これぞ郷土の誇りです。
Page

 甘い香りが漂う会場には 例年に比べ鉢植えが多く 100鉢ほどが所狭しと出展されました。
 展示場では「静岡ツバキ会」の小川会長さんはじめスタッフの皆さんが 来場者の質問やカメリヤの育て方などの解説や苦労話など気軽に応じて下さり 和やかな雰囲気です。

次の動画をご覧いただきながら会場を一巡してみましょう。

 


 これが「ツバキ」? と思われる豪華な大輪たちをムービープロジェクトに編んでみました。 
ボッケリーニ作曲 メヌエットの軽快なリズムにのってお楽しみください。

 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

城北公園の七つの子ガモと母ガモ

 今年も子ガモたちは無事に誕生しているかしら?と、
5月28日静岡市は葵区にある城北公園の池を訪ねました。 
 緑豊かな庭園には未だ人影はまばらで、池の水面も鏡のように静まっておりました。
昨年の今頃は確か11羽のヒナが誕生していたのに、、、、。

Photo

 東屋で見守るご常連のお年寄りに聞けば 「あの浮島の茂みに確か抱卵中の鴨が居る筈だよ。待ち遠しいけど孵化はあと1週間だね」 と、待ちあぐねています。   

 6月4日の午後 期待に胸をふくらませて行って参りました。
先ずは いつもの回遊式日本庭園 東屋のある池に、、  いました! いました!  11羽の子ガモが孵ったのは4~5日前との事ですが、眼を細めて見守るご常連や 母ガモを無視するかのように 孵化したばかりの子ガモたちの勝手気ままな単独行動には、カメラ目線も追いつけない有様でした。

 親から口移しに餌を与えられる鳥と違って、水鳥は生まれてすぐに自分で餌を探して生きなければなりません。
 柔らかい藻をついばんだり、水面を電光石火の如く滑走して ミズスマシ(アメンボ)を追いかける あれよ!あれよ!の疾走に 見守るギャラリーから 「わァ~! 凄い早さ~!」 感嘆の声も上がるのです。 
 生まれたばかりの子ガモの早や技には 可愛いくもあり驚くばかりです。

1cimg1328

 ベストショットも果たせないまま、大岩通り側の池に廻って見る事にしました。

 梅雨晴れの陽を受けて きらきらと燿よふ若草色の藻が一面に映えるこの池に、7羽の子ガモの育児に励む母ガモの姿が見られた時の 小躍りするほどの嬉しさをご想像ください。  

 おもむろにデジカメを構えてシャッターチャンスを見逃すまいと、下手な横好き俄かカメラ婆~ばの奮闘ぶりは カシャカシャ撮りの150枚もの画像から 幾枚か順を追って選び 末尾に載せた 8分49秒に編んだムービープロジェクトをご覧いただければ ご想像がつくと思います。 (-。-)y-゜゜゜

1cimg1282

 この日、その時 野生の子育て母ガモのパフォーマンスを つぶさに見守ったのは ご近所にお住いで ここ数年鴨を見守り続け、野良猫から守るネット張りや 無頼なカラス はたまた生態系を乱す外来の亀の駆除など 鴨を守るボランティアの一人とおっしゃる初老の紳士と カメラ婆~ばの二人きりでした。

1羽2羽と母ガモの翼に入ったり出たり、隙を狙って潜り込む子ガモ、弾き出されて戸惑う子ガモたち、、、 
 やがて7羽の子ガモを翼下に抱え込み 安堵して満足そうな母ガモ。
 固唾を飲んで見届けたのでございます。

4

4日後の6月8日 子ガモたち7羽は、お母さんの翼の中に潜り込むのは もう無理かもしれない成長ぶりです。

68  

 ボランティアの献身的な取り組みで、お硬いお役所を動かし 池の清掃や外来種の亀の駆除で 甦った美しい池に毎年鴨が子育にやって来て 人々の癒しの場となってきた事が嬉しいと 初老の紳士は篤く語って下さいました。  

 静かに目を細めて見守るボランティアさんと ベストチャンスを見逃すまいとデジカメ婆~ばの小一時間  二人だけの話題で終わるのは勿体ないですね。


 私にとって今まで経験したことの無い野生鴨の目前のラッキーなパフォーマンス。 このムービーをご覧いただいて、思い思いの物語りを描いて戴ければ嬉しゅうございます。

 

     七つの子羽に隠して鴨の母

軽鳧(かる)の子の不意に水脈(みお)引く速さかな

     日暮れてもカルガモ母子を見て倦まず

| | コメント (4) | トラックバック (0)

似顔絵作家 黒田とみじさんの世界

 昨年8月に マンガ家黒田富士雄さんの「著名人の似顔絵展」を楽しんで ブログ「パソコンは老いを知らない」でご紹介してから早や1年が経とうとしております。
 今年も展示会のご案内が届きました。 静岡市葵区新伝馬の静岡秋山郵便局内ロビーには、有名人の何ともユニークな似顔絵が展示され ロビーに待つお客さんを喜ばせているのです。 (2013年7月末まで展示中)

黒田富士雄さん(ペンネーム 黒田とみじ)は昭和9年生まれ

Caedcwhu001

静岡を代表する 似顔絵はもちろんのこと、風刺漫画、水彩画、ステンドグラス 陶芸に至っては庭に陶芸窯を設えた工房に没頭するなど マルチ・アーティストです。

Cimg1973
黒田さんの似顔絵は、写真を見ながらデフォルメし 幾重ものレイヤーを試み タブレットを屈指してのパソコン画法だそうで あッ!と驚く作品を仕上げるテクニックは流石です。 独学で培ったパソコン操作の技は天性のものかもしれません。

有名人の似顔絵 この1年間描き貯めた新作は数知れず お預かりした33点はムービープロジェクトに編集し モーツアルトの喜歌劇「フィガロの結婚序曲」を流してみました。 
 次々と入れ替わる似顔絵 いったい誰でしょう?

 中央の三角をクリックして どうぞ」ごゆっくりお楽しみください。

                ↓

 お分かりでしたか? 
  ♪、、順を追ってご紹介しましょう ♪、、、

 あき竹城、いっこく堂、アウンサン・スーチー、おぼん・こぼん、ジョージ・ルーカス、ダイゴ、タモリ、ダライ・ラマ14世、はしのえみ、ぴろき、モト冬樹、安部寛、夏目漱石、叶姉妹(恭子)、宮川大助・花子、橋幸夫、具志堅用高、劇団ひとり、高橋克己、高田純次、高田明(ジャパネット・タカダ)、剛力彩芽、佐々木健介、今田耕司、佐々木蔵之助、山田洋次監督、山本晋也監督、松本人志、船越英一郎、前川清、中島誠之助、田川寿美、栃ノ心の33諸氏でした。
  もう! びっくり! ユニークで よくもまァそっくり!ですねぇ。

Cimg1971  黒田さんの功績は数知れず  Cimg1970

オホーツク国際漫画大賞グランプリや、週刊朝日似顔絵大賞はじめ、週刊朝日似顔絵大賞(左の楯)受賞に輝き 最近では、能登町のイメージキャラクター(右図)全国から158点応募の中から 黒田さんの作品が見事最優秀作品に選ばました。
  (左右の画像をクリック 拡大してご覧いただけます)

このブログに 今回の似顔絵展の記事を編んでいる最中 思い掛けない朗報が飛び込んできました。 出来上がったばかりの 着ぐるみ「のっとりん」の写真が届いたのです。
輝くつぶらな瞳、くるりと巻いた「おつむ」は能登の「の」の字でしょうか?

「のっとりん」とは、能登町に住む「能登里山・里海に住む妖精」と云う設定で 能登地方の方言で「勢いがある」に因んで名づけられました。

Photo

親しみやすさと、やわらかい線が能登町の雰囲気にぴったりと 黒田さんの作品が見事選ばれたのです。 
今やゆるキャラブーム 新しい妖精「のっとりん」が能登の町の人気者になる事でしょう。そして、能登町の益々のご発展を祈ります。

 少年のように目を輝かせながら、パソコンに向かう黒田さん
次なる楽しい作品を待っていますよ~    By  ぽち

      

| | コメント (8) | トラックバック (0)

静岡市城北浄化センターの遊水池

 「静岡市城北浄化センター」は静岡市葵区加藤島にある 葵区唯一の下水道施設で 中心市街地から清水区巴川までの地域の下水処理を行っている処です。
 (静鉄ジャストラインバスで、「こども病院行き」 「下足洗」で下車 徒歩5分)

5月下旬から6月上旬にかけてハナショウブが観賞できると聞いて、行って参りました。 今年は6月3日から14日までが一般公開されました。
 実はデジカメ初心の数年前 方向音痴の私の事、バスを乗り継ぎしてでもこの遊水池を訪れたいと思いつつ年月が経ちました。

 デジカメデビューのKさんから、Kさんお知り合いの車で 願っても無いハナショウブ観賞のお誘いがありました。6月10日降らず照らずの絶好の菖蒲日和です。

Cimg1784

 平成12年度国土交通省の「甦る水百選」に選ばれ 処理された下水は見事に美しい遊水池となり、職員さん手作りの大きな水車がリズミカルに廻り、噴水も設え 真鯉、緋鯉、カメや 珍しい品種「黒めだか・白めだか」が泳いでいるのです。

Photo
 遊水池周辺一帯には6月ならではの静岡市の花 タチアオイや15品種2000株ものハナショウブが咲き誇る隠れた名所となっているのです。
ふだんは許可無くして立ち入る事はできませんが、この時期は一般公開され ハナショウブ観賞イベントが楽しめるのです。

タチアオイは静岡市の花だけあって、色合いも美しく咲き誇っております。
 タチアオイが突端にまで咲き登れば梅雨明けの目印とも云われます。

Photo_2

 嬉しい事に カモのヒナが手に届く処にお目見え。
1個だけ残った有精卵を職員さんが孵化させたそうで、以来職員さんを親と慕って1ヶ月 職員さんと共にご出勤 浄化センターのアイドルとなり センターの皆さんや訪れる人々は癒されるのです。 いっときもじっとしている事はなく、尾っぽを上げて水掻きの足をばたばたさせ藻を食べる仕草はなんとも滑稽で可愛いのです。 思わずシャッターを切る私も大忙し
です。

     藻を漁る子ガモは水掻き天に向け

Photo_3

 取り留めのない画像ですが、ムービープロジェクトに編集してみました。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)