« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

昆虫標本展

5月17日、お街へ買い物の帰りに通りかかったJR静岡駅北口広場で、珍しい昆虫標本の出張展示に多くの通行人が熱心に見入っている光景に思わず引き込まれました。
Photo_4

「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(静岡市駿河区大谷)認知度向上や、ミュージアムへの誘致につなげるのが狙いでの出張展示だそうです。
通行量の多いこの場所で珍しい世界の昆虫の標本展示とあって、大人も子供も食い入るように見学しているのです。
自然環境と人類の活動を考えさせてくれる新しいタイプの博物館のほんの一部、今回は「世界の昆虫」の標本出張展示です。
続きはアメブロ「老いを知らないパソコンらいふ」をご高覧いただければ嬉しゅうございます。

| | コメント (0)

四人句会

昨週止む無くアメブロに引っ越しをして1周間がすぎました。
Cimg2655
5月19日の更新は「四人句会」と題して昨年四人で初めた八十路俳句どんぐりの背比べ1年間の俳句作品集が完成した記事です。

ご笑覧いただけけば嬉しゅうございます。

| | コメント (2)

ご挨拶(この度、ココログからアメブロへ引っ越しを致します)

 私がパソコンに興味を持ったのは、2000年(平成11年)第85代森総理大臣の、当時盛んに提唱された「IT革命」の一言でした。

いづれ訪れる老いの独り居に、世間から取り残されてしまうのでは無いかと云う不安からパソコン教室の門を叩いたのがその年2000年10月 68歳の時でした。

   ブログデビュー 二〇〇七年聖五月

パソコン操作は奥が深く、三歩前進二歩後退、怖れおののきながらも興味津々、パソコンを友に過ごしべしと7年後の2007年5月にささやかながらブログデビューしてはや12年が経過しました。

12年間変わらぬご愛顧ご高覧頂きましたこと誠にありがとうございました。

この度諸事情あって寄る年波にも勝てず、いよいよ「ココログブログ」にピロオドせざるを得ない時が来たのかしら?
と懸念しながらも新元号「令和」を迎え、思い直し 「アメーバブログ」の登録を済ませました。

アメーバブログのカバー画像とプロフィール画像は「パソコンサロンゆうらく」さんに素敵に仕上げて頂き、新タイトル「老いを知らないパソコンらいふ」の字画数も幸先よろしいようで、思わず歓声を上げてしったほど大いに気に入っております。(\(^o^)/) 
Cimg2662ajpg

パソコンライフが生きがいの私にとって5月はブログ13年の節目です。
八十路の坂後半も退屈しない、弾みある余生を送りたいと思います。
気儘な投稿ではありますがご高覧いただければ此の上ない幸せでございます。 

| | コメント (4)

なんじゃもんじゃ

世にも不思議な何とも面白い名前の樹木「なんじゃもんじゃ」のことを知ったのは今から35年前昭和59年の事でした。
東京は調布市深大寺境内の巨樹金木犀の香りに酔いしれ、至福のひと時を味わっていたときのことでした。
Photo_3
たまたま通りかかった深大寺のご住職さまに見事な金木犀に出会った喜びを申し上げた時、傍らの若木を指さして微笑みながら「あの木は5月のこどもの日の頃に真っ白い雪のように咲くナンジャモンジャと云う木ですよ。来年楽しみにまたお参りください」と仰ったのでした。
「えっ? ナンジャ? モンジャ???」 私達は怪訝そうに顔を見合わせたのでした。

【城北公園】
Cimg2624

ところがこの世にも不思議な名前の「ナンジャモンジャ」は偶然にも同じ年の昭和59年(1984年)に、当時静岡市長の河合代悟さんが静岡市大岩の静岡大学跡地を城北公園に造成された折に、86本の「ナンジャモンジャ」の若木を植樹されたのです。
Cimg6486
以来毎年のようにゴールデンウィークの頃青空に耀く青葉若葉の突端
に、たわたわと真っ白な雪のような花房を見ることが楽しみの一つになりました。
Img_1022

ナンジャモンジャの木漏れ日のプロムナードを行き交う人々の優しい笑顔、木の精が醸す甘い香りに包まれて城北公園は市民の憩いの場所となっているのです。

| | コメント (6)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »