« 小川三知の修復ステンドグラス | トップページ | いよいよ始まる「お茶の間わいわい」 »

良薬口に苦し

四ヶ月ぶりのいつもの八十路四人旅の今回は、四月一・ニ日ゆったり熱海温泉泊を楽しみました。

熱海まで来れば、私達には欠かせない「ういろう」を求めに一年ぶりに小田原まで足を伸ばすことに話はトントン拍子に決まりました。

Yjimage    
私達の目的の「ういろう」は「ういろう」でも有名な名古屋銘菓の甘~いお菓子ではありません。

もちろんお菓子の「ういろう」の本家はここ小田原が本元です。
Cimg8290a1

 JR小田原駅前からは健脚であればらくらくの道のりですが、四人で乗れば何とやら、、とタクシーでお城と見紛うばかりの立派な八ツ棟造りの店舗前に到着。
Img_1681a11      

勝手知ったる私達は、お菓子売り場の「ういろう」の前を通り過ぎ、「良薬口に苦し」正に言い得て妙。
お一人様二箱限定売りの苦~い「ういろう」売り場の長い行列に並ぶのです。

Photo_2 

「ういろう」は六百数十年もの歴史を称える妙薬です。

Yjimageu5krsb81

亨保年間、歌舞伎役者二代目市川團十郎は持病のゼンソクで咳と痰のためにセリフが言えず舞台に立てず困っていた処「ういろう」によって全快しそのお礼に、團十郎十八番の「外郎売り」のセリフが誕生した逸話も残っているのです。
Large   Cimg2593  

 西洋新薬にも勝るとも劣らない穏やかな万能効能薬を求めて私達は小田原城への足取りも軽く桜見物と相成りました。

四ヶ月ぶりのいつもの八十路四人旅の今回は、四月一・ニ日ゆったり熱海温泉泊を楽しみました。

熱海まで来れば、私達には欠かせない「ういろう」を求めに一年ぶりに小田原まで足を伸ばすことに話はトントン拍子に決まりました。


私達の目的の「ういろう」は「ういろう」でも有名な名古屋銘菓の甘~いお菓子ではありません。

もちろんお菓子の「ういろう」の本家はここ小田原が本元です。

 JR小田原駅前からは健脚であればらくらくの道のりですが、四人で乗れば何とやら、、とタクシーでお城と見紛うばかりの立派な八ツ棟造りの店舗前に到着。

勝手知ったる私達は、お菓子売り場の「ういろう」の前を通り過ぎ、「良薬口に苦し」正に言い得て妙。
お一人様二箱限定売りの苦~い「ういろう」売り場の長い行列に並ぶのです。

「ういろう」は六百数十年もの歴史を称える妙薬です。

亨保年間、歌舞伎役者二代目市川團十郎は持病のゼンソクで咳と痰のためにセリフが言えず舞台に立てず困っていた処「ういろう」によって全快しそのお礼に、團十郎十八番の「外郎売り」のセリフが誕生した逸話も残っているのです。
   

 西洋新薬にも勝るとも劣らない穏やかな万能効能薬を求めて私達は小田原城への足取りも軽く桜見物と相成りました。

|

« 小川三知の修復ステンドグラス | トップページ | いよいよ始まる「お茶の間わいわい」 »

コメント

ぽちさん、こんにちは~
薬の名前が「ういろう?」、ヘンだなあと思っていました。
六百数十年もの歴史があるなんてすごいの一言です。
でも、私もそのういろうを体験することができたのです。
ひょっこりと来てくれた友人が「これいいよ~」と言ってくれたのです。
箱を見ればほとんどすべての病に効くようなのです。
次の日、雑用で少し疲れていてめまいがしたのです。
「あっ」と思って数粒飲んでみたら、しばらくたつとすかっとしてきました。
やっぱり良薬間違いなしでした。

投稿: ひろ | 2019年4月14日 (日) 12時35分

ぽちさん
こんにちわ。
これは、ますます試してみたい思いが
強くなりました。前回のブログでの
ご紹介の時も思いましたが、今回は
その何倍もの思いです。600数十年もの 
歴史があるということは、効き目が
証明されているわけですものね。 
ひろさんのように、ある日突然
巡り会える幸せが来ることを
願いつつ。。。

投稿: みず | 2019年4月14日 (日) 13時22分

♪ ひろさん
 「ういろう」の効能を知った3年前からすっかり「ういろう」のトリコになって、やれ食べ過ぎたの、喉がおかしいだの、便秘気味だのと言っては「ういろう」のお世話になっております。
その都度立ち所にスッキリ快調するのが不思議です。
信ずるものは救われるのでしょうね。
ひろさんも体験されたそうで良かったですね。

投稿: ひろさんへぽちより | 2019年4月15日 (月) 11時22分

♪ みずさん
 私達四人組は「ういろう」のお蔭で楽々おしゃべり旅など楽しめる幸せをありがたく心にきざんでおります。
近頃は、自然生薬の原材料が減少しているために、お一人2箱限定販売ですって。
北海道・九州から観光を兼ねて「ういろう」を買いに小田原を訪れるお客さんもいらっしゃるそうです。
600数十年同じ技法で作り、副作用も無く、安心して服用できる所以でしょうね。

投稿: みずさんへぽちより | 2019年4月15日 (月) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小川三知の修復ステンドグラス | トップページ | いよいよ始まる「お茶の間わいわい」 »