« 一期一会 | トップページ | 嬉しい電話 »

彼岸に思う

 春の光がまばゆいお彼岸がやってきました。
Cimg1121
 昭和36年3月に若干36歳で病死した亡夫のお墓参りに行ってまいりました。
当時 私28才、4才と1才の二人の娘を遺して58年の歳月が光陰矢のごとく流れました。
この間の喜怒哀楽は今は安々と語るべきではありませんが、二人の娘も嫁して早30年、
八十路の坂も後半の昨今、6年余の母の介護をしていた時の母のつぶやきが思い出されます。
「何事も良い方に解釈すれば気持ちも楽になるよ」 
「二人の娘も嫁いで、これからの独居生活は難しいことかも知れないけれど健康でありさえすればどんな場合でも平気で生きる気持ちが肝心かも知れないね」 
「平気で生きる」? そんな事が出来るのかしら?
加齢とともに余生の生き方に不安と怖れを抱き戸惑いを覚えるのです。
 彼岸会、お寺さんからいただいた教えの一枚に、わずか35年の人生だった正岡子規が晩年語った
「悟りと云う事は、如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違いで、悟りと云う事は、平気で生きて居る事であった」『病床六尺』 の一説に深い感銘を覚えました。

十数年前、90才の母の「平気で生きる気持ちが肝心」とつぶやいた一言が蘇ってきたのでした。
 おかげさまでここまで大過なく生きて来られたことに感謝しながら、為せば成る、成るように成る、あるがままに、平気で生きていこう。   
さて? 時折挫けそうに成る気弱な私に、これから先平気で生きて行くことができるでしょうか?
何はともあれ、心身ともに健康であることと平気で生きることに心掛けよう。 

|

« 一期一会 | トップページ | 嬉しい電話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
私はぽちさんを人生のお手本とさせていただいています。
娘さん二人を立派に育てられて、お母様も手厚く看護された姿を身近で見せていただいていました。
背筋を伸ばしていつも微笑んでいらっしゃる姿はステキです。
60過ぎからのパソコンデビューなのに、この素晴らしいブログを休むことなく続けられていてすごいと思います。
食に関することや運動に関することには、ご自分で目標をたてて毎日実践されている姿にはさすがぽちさんだと思います。
「平気で生きていく」ということ、そうですねその通りだと思います。
ぽちさんが平気で生きて行く後ろから、私も平気で生きていきますね。

投稿: ひろ | 2019年3月24日 (日) 13時53分

ぽちさん
こんにちわ!

「平気で生きる」とは、なるほど深いお言葉ですね!
私は、何かあると、ついオタオタしてしまいます。
この世界で、産まれてから死ぬまでにどの方でも
苦境を味わう事がなかった人なんでいませんよね。
「何があっても、平気で生きる」これを私もこれからの
モットーにします。

ひろさんも言うように私もぽちさんこそを
人生の目標としています。
これからも、宜しくお願い致します。

投稿: みず | 2019年3月24日 (日) 15時04分

♪ ひろさん
 お寺さんでいただいた教えの「平気で生きる」と云う一節が介護中に聞いた母のつぶやきに余りにも同じことで、ブログに偉そうな記事をしたためて、気恥ずかしく思います。
人の一生は十人十色ですから、もう此の歳ですから他人をうらやまない、他人と比較しないと自戒します。
ここまで大過なく過ごすことができたのは、自分の努力というよりは、周りの人々の恩恵がありがたいのです。
余生は健康であることを願うばかりです。

投稿: ひろさんへぽちより | 2019年3月25日 (月) 10時06分

♪ みずさん
 今回ブログを偉そうに書きながら 「平気で生きる」と云うことは、心にまとわり付く「取越し苦労」は深刻に考えない事が第一歩だと心得ました。
「案ずるより産むが易い」という様に、「苦」から逃れたがる ずるい考えの私です。
私の余生は、健康とできるだけ人様にご迷惑をかけないようにをモットーに、あとは開き直りかしら? \(^o^)/

投稿: みずさんへぽちより | 2019年3月25日 (月) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一期一会 | トップページ | 嬉しい電話 »