« 我が家にもAIスピーカーがやってきた! | トップページ | 日本平梅園 »

静岡浅間神社の節分祭

 2月3日は節分でした。

全国津々浦々神社仏閣で繰り広げられた豆まきの様子が、テレビを賑わしておりました。

 「厄を払い、福を呼び込む」地元静岡浅間神社の節分祭に行ってまいりました。
温暖なこの地方 日中の最高気温が16°と穏やかな節分日和に恵まれました。

【浅間神社の追儺式を拝見する群衆】

Cimg0268

午後3時、大拝殿、舞殿前境内には幼い子供連れ、善男善女が立錐の余地もないほど詰めかけました。

【追儺式(ついなしき)】
Photo


 浅間神社の追儺式・節分祭は、静岡市の無形民族文化財に指定されている伝統的行事です。
舞殿では装束をまとい古式ゆかしく太鼓の音を響かせ弓矢で邪を払う「追儺」の儀式が江戸時代から執り行われている特殊な神事として伝承されているのです。

Cimg2409


 舞殿脇には、「おにやらぼう」が売られ買い求める多くの参詣者で賑わっておりました。

【おにやらぼう】
Cimg2410


「おにやらぼう」とは静岡浅間神社独特の「邪鬼払い」の道具で、長さ40センチほどに切りそろえられた梅とネコヤナギの若枝を麻の紐で束ねたものです。

鬼と書いた戸板をパンパンと打ち叩き邪鬼を払った後は家に持ち帰って邪気封じに軒下や鬼門に当たるところに掲げるのです。
Cimg2418


 厳かな追儺の儀式の後、豆撒きをされる有志ご一同の記念撮影が始まりました。 
お顔見知りの方がいらっしゃいましょうか?

【珍しい伝統的鬼やらい】
Cimg2427_3


 3時半、鐘や太鼓の合図とともに、「おにやらぼう」を手に手に善男善女が一斉に「鬼」と書いた戸板めがけて、けたたましく叩き大声で一年の邪鬼を追い払うのです。
日本では静岡浅間神社と駿河地方のみで行われる珍しい鬼やらいの行事を御覧ください。

これで静岡から邪鬼が追い払われことでしょう。

 この後一斉に豆撒きが始まるのです。

|

« 我が家にもAIスピーカーがやってきた! | トップページ | 日本平梅園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
今年も節分の季節になりましたね!
毎年、かかさず浅間神社にお参りして、この行事に
参加されているんですから、鬼の入る余地は
ありませんよ。
善男善女が集まって、いい行事ですよね!
立春と言えども、日本列島は、すっぽり冷気に
覆われてしまっていますね。
気持ちは「春よ来い、早く来い。」です。
動画は臨場感があってとても楽しみました。
ありがとうございました。
from smaho

投稿: みず | 2019年2月10日 (日) 10時03分

ぽちさん、こんばんは~
暦のうえではもう春ですね。
今年もぽちさんブログで鬼を払うことができました。
浅間神社の節分祭には一度だけ行ったことがあります。
大勢の方が来られるのをみて驚きましたよ。
このような日本古来の行事は忘れてはいけませんね。
今年も参加のぽちさんには福がたくさん来ること間違いなしですね。

投稿: ひろ | 2019年2月10日 (日) 19時53分

♪ みずさん
 今年は昨年に比べこの地方の気温は高めで、お浅間さんの豆撒きは予想以上の人出で境内は立錐の余地も無く、途中退場も出来ませんでしたので、大混雑の中2時間余の立ちっぱなしは、老体には艱難辛苦でした。 (^o^)
ご当地名士の勢揃いの撮影が目の前でしたのはラッキーでした。

投稿: みずさんへぽちより | 2019年2月11日 (月) 09時46分

♪ ひろさん
 節分・立春を迎えると、ホッとして老いの身もなんとなくシャキッとするような気がします。
古来からの追儺の儀式に日本の良さをしみじみ感じました。
ここ2~3日は、この冬一番の寒さですが、陽の光りに早春を感じます。
こうして着実に季節は春へと移ろいでまいります。
何事も悲観すること無く過ごすことが「福」を得る早道ではないでしょうか。
偉そうなこと云ってしまいましたね (≧m≦)

投稿: ひろさんへぽちより | 2019年2月11日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡浅間神社の節分祭:

« 我が家にもAIスピーカーがやってきた! | トップページ | 日本平梅園 »