« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 三日とろろと七草粥 »

日本平山頂の夢テラス

 Img_0279

 静岡市の標高307mの丘陵地、日本観光地100選、国の名勝地、県立自然公園に認定された日本平山頂に平成29年秋頃から始められた 絶景一望、日本平の新名所として建設中の回廊テラスの工事が完了して、平成30年11月3日にオープンしました。

日本平山頂シンボル施設と展望回廊の愛称は「日本平夢テラス」です。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック主会場の新国立競技場を手がける「隈研吾建築都市設計事務所」が設計され、全国的にもこれだけのロケーションに恵まれた景勝地にふさわしく、富士山が最高の方位に見えるように、加えて木を大事にすることを目的に、静岡の木を使い自然との調和を図り、温もりや木組みの美しさが感じられるように設計されたそうです。
  これは、隈研吾氏のポリシーですね。

1311819
(ネットよりお借りしました)

* 建設中の新国立競技場の他にも、ヒノキをふんだんに使った 相模灘全貌の熱海アカオ ハーブ&ローズガーデンの 「COEDA HOUSE」
も然りです。  (2017年11月撮影)

Cimg0885


【日本平山頂夢テラス 木の香漂う館内】
Img_0289


 吹き抜け鉄骨3階建、正八角形の外観は、正にどの角度から眺めても「天下の絶景」が堪能できる八方美人景勝の建築物です。
Img_0292


 1階では日本平の歴史やグラッフィックパネルの歴史絵巻などの展示スペースなどがあり、ガラス越しの日本庭園が優美です。
Cimg2207

一服の絵画のように日本庭園からは富士山も望めます。

【1階館内ガラス越しの富士山】

Cimg2212_2

山頂からの360°静岡の絶景を楽しみましょう。
Img_0298_2

3階テラスに出れば皆一様に息を飲む絶景が目の前に展開するのです。
【夢テラスから望む富士山】

Cimg2173

1周約200mの展望回廊を歩けば富士山や三保の松原が手に取るように望めます。

 平成30年11月3日にオープンして、来館者年間目標が30万人と設定していたそうですが、1ヶ月で13万5千人に達したそうです。
隈研吾氏が設計された話題性と、ユネスコ認定の世界文化遺産(富士山~信仰の対象と芸術の源泉)にもなった霊峰富士を仰ぐにふさわしいロケーションに恵まれた所以でしょう。

BGM 「ドルドラの思い出」のメロディーでムービープロジェクトをお楽しみください。

|

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 三日とろろと七草粥 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
おはようございます。
先ずは、ぽちさんの撮影技術に乾杯です。
外から中から、外周の遠くから、いろいろな角度から
よくぞ、撮りきったと感心しております。

隈研吾氏によるもので、その人気もさることながら、
我が郷土に、このように素晴らしい建築物が出来たことに
深い感銘を覚えます。
だって、日本一の絶景と言い切っても過言ではない
ロケーションですものね。

私もオープン間もない頃に一度訪れました。
晴れてはいなかったので、富士山は薄ーくぼんやりでした。
近いので、また晴れ渡った日に、もう一度訪れたいと
思っています。

ムービープロジェクトは、大変に素晴らしい物でした。
BGM、編集、すべてが心惹きつけるのもでした。
有難うございました。

投稿: みず | 2019年1月 6日 (日) 09時42分

ぽちさん、こんにちは~
ぽちさんの観察力はすごいですね。
まだ行ったことのない方でも、このブログを見れば行ったような
気にもなり、是非行ってみたいと思うでしょう。
写真がとても丁寧に撮ってあり、私も見習わなければと思います。
とにかくあの日本平にこのような素晴らしい施設ができたことはうれしい限りですね。
ムービープロジェクトで楽しませていただきました。

投稿: ひろ | 2019年1月 6日 (日) 14時27分

♪ みずさん
 私達の郷土にこんな素晴らしい施設が出来たことを
本当に誇らしく、嬉しい限りです。
隈研吾氏の富士山が最高の方位に望めること、地元の木を使い温もりある自然との調和を、、のポリシーにしびれます。

日本平山頂へは、四季折々の富士山を仰ぎたくて出かけていましたが、「夢テラス」からの富士山は格別です。
新静岡・JR静岡駅前からの路線バスで、半日バス旅行のような気分で出かけるのです。
独居の私にとって、お天気さえ良ければ即座に楽しめるコースですから、、、(o^-^o)

投稿: みずさんへぽちより | 2019年1月 7日 (月) 09時29分

♪ ひろさん
 今のデジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能は、高齢でズブの素人の私でも被写体にカメラをむけてカシャッとすれば写るのです。

車も無い、アッシーくんも居ない八十路の私の唯一の楽しみは、「しずてつ大御所パス」で路線バス利用しての半日バス旅行気分での俄フォト・Jになりすますことです。o(*^▽^*)o

 日本平山頂に、世界的にも名だたる隈研吾氏設計の「夢テラス」から360°絶景を多くの方に感動して欲しいのです。

投稿: ひろさんへぽちより | 2019年1月 7日 (月) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/67537511

この記事へのトラックバック一覧です: 日本平山頂の夢テラス:

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 三日とろろと七草粥 »