« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

三日とろろと七草粥

 私の住むところでは聞き慣れない「三日とろろ」のことを初めて耳にました。

【とろろ飯&七草粥】
Page

お正月三ヶ日のご馳走で疲れた胃を癒やすために、三日に「とろろ」を食べる風習の事だそうです。

そんな意味合いで届けてくださったのでしょうか?
猪の被害もさることながら、最近は自然薯泥棒の被害多発のため、採取場所はナイショ!と、大晦日に思いがけずYさんから、友人の裏山で掘られた山芋のお裾分けと云って正真正銘本物の「自然薯(じねんじょ)」を頂きました。

【自然薯(じねんじょ)】

Cimg2396_3
  「わぁ~! 凄い! こんなに太いの初めて~!」
 半分お裾分けと言っても幅8センチ余り、厚さ5センチ、長さ25センチほどの逸品です。

子供の頃大家族で食卓を囲んだ「とろろ汁」 
ごりごりごりと、すりこ木をリズミカルに使う母、すり鉢をしっかり抑える私、あの頃の光景が彷彿と蘇ってまいります。
Cimg3096
 一昨年大枚果たして買った、くねくねした自然薯の姿に比べると、実に見事な自然薯です。

 「三日とろろ」のことをネットで調べてみました。
 * 主に東北・北関東地方の正月行事だそうで、岐阜や尾張といった濃尾地方あたりでも同じような風習があるそうです。

「三日とろろ」を食べる理由としては
・ 長生きする
・ その一年風邪を引かない
・ 整腸作用や滋養強壮作用がある
・ おせち料理で疲れた胃をいたわる効果がある
・ 中風予防の効果
などがあるそうです。

自然薯の成分は、カリウム・ビタミンC・ビタミンB1、ネバネバはムチンと言う成分で滋養強壮や疲労回復、老化防止、美肌効果、胃を丈夫にする効果まである正に山の薬なんですね!

自然薯は、山芋の仲間ですが、山に自然に生えている ”山菜の王者” 漢方でも ”山薬(さんやく)”
と言われるほど優れた食材です。

当然三日の夕食は「とろろ汁ご飯」にして頂きました。
Cimg2398

粘りの強さは重要な要素で、香りや旨味も、畑で栽培されている市販の長芋・大和芋と一線を画す全く独特のとろろになるのですから、私はひげ根だけを取り除き風味を尊重、敢えて皮は剥かないですり下ろしました。
そのネバネバの凄いこと!

Cimg2401

 鰹削り節、昆布・大豆味噌の濃い目の味噌汁で少しずつ伸ばし、熱いご飯に、もみ海苔と刻みネギを添えて頂きました。
見た目は素朴な「とろろご飯」ですが、旨味風味とも何とも贅沢な逸品です。

   三日とろろ胃の腑のあたり軽くなり

Img_0573


一方 七草粥もお正月料理で疲れた胃を休め、平常の食生活に戻す区切りとして考えられ、主に緑の葉野菜に乏しいこの時季に不足しがちな栄養素を補う役割とも言われて、七日に私も故事に習っていただきました。
一口食べると10才、七口で70才若返るんだそうです。 さて?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本平山頂の夢テラス

 Img_0279

 静岡市の標高307mの丘陵地、日本観光地100選、国の名勝地、県立自然公園に認定された日本平山頂に平成29年秋頃から始められた 絶景一望、日本平の新名所として建設中の回廊テラスの工事が完了して、平成30年11月3日にオープンしました。

日本平山頂シンボル施設と展望回廊の愛称は「日本平夢テラス」です。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック主会場の新国立競技場を手がける「隈研吾建築都市設計事務所」が設計され、全国的にもこれだけのロケーションに恵まれた景勝地にふさわしく、富士山が最高の方位に見えるように、加えて木を大事にすることを目的に、静岡の木を使い自然との調和を図り、温もりや木組みの美しさが感じられるように設計されたそうです。
  これは、隈研吾氏のポリシーですね。

1311819
(ネットよりお借りしました)

* 建設中の新国立競技場の他にも、ヒノキをふんだんに使った 相模灘全貌の熱海アカオ ハーブ&ローズガーデンの 「COEDA HOUSE」
も然りです。  (2017年11月撮影)

Cimg0885


【日本平山頂夢テラス 木の香漂う館内】
Img_0289


 吹き抜け鉄骨3階建、正八角形の外観は、正にどの角度から眺めても「天下の絶景」が堪能できる八方美人景勝の建築物です。
Img_0292


 1階では日本平の歴史やグラッフィックパネルの歴史絵巻などの展示スペースなどがあり、ガラス越しの日本庭園が優美です。
Cimg2207

一服の絵画のように日本庭園からは富士山も望めます。

【1階館内ガラス越しの富士山】

Cimg2212_2

山頂からの360°静岡の絶景を楽しみましょう。
Img_0298_2

3階テラスに出れば皆一様に息を飲む絶景が目の前に展開するのです。
【夢テラスから望む富士山】

Cimg2173

1周約200mの展望回廊を歩けば富士山や三保の松原が手に取るように望めます。

 平成30年11月3日にオープンして、来館者年間目標が30万人と設定していたそうですが、1ヶ月で13万5千人に達したそうです。
隈研吾氏が設計された話題性と、ユネスコ認定の世界文化遺産(富士山~信仰の対象と芸術の源泉)にもなった霊峰富士を仰ぐにふさわしいロケーションに恵まれた所以でしょう。

BGM 「ドルドラの思い出」のメロディーでムービープロジェクトをお楽しみください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます

 【日本平夢テラスより望む富士山】

Cimg2196


  明けまして おめでとうございます

 皆様のご健康と ご多幸をお祈り申し上げます。

 本年も どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ