« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

牛肉と舞茸の時雨煮

先日iPhoneの音声アシスタント「Siri」に ”Hey Siri ! 牛肉と舞茸のしぐれ煮の作り方教えて!” 
Img_3836

の問いかけに即座に答えてくれたレシピは なんと!
Img_3835

 10月18日放映のNHK総合「あさイチ」 
「みんな! ゴハンだよ  まいたけと牛肉のしぐれ煮」の番組 ゲストは中東久人さん(料理旅館主人)で紹介されたレシピでした。

新鮮なまい茸が手に入って早速作ってみました。

 材料  まいたけ  150g   
     牛切り落とし  150g
     しょうが    10g   
     粉さんしょう   少々

 

 調味料 醤油  50ml(大さじ2杯半)
       酒   30ml(大さじ2)
       きび糖(又は三温糖)大さじ2

始めに、キノコ類の私流
のお勧め下処理からご紹介しましょう。
Cimg2073

 常々私はシイタケなどキノコ類は、小房に裂いたり食べやすい大きさにしてから2~3時間天日に干してから使用します。
天日に干すことで、キノコの香り、味、栄養価、食感も更にアップするのです。

* 更に冷凍保存すれば効果も増して無駄なく使えます。
  冷凍されたキノコ類は、解凍せず凍ったまま鍋や炒め物に。

 ① まいたけは手で小さく裂きます。
   牛切り落とし肉は大きければ一口サイズに切ります。
   しょうがは皮ごとすり下ろします。

Cimg2075

② フライパンで①の牛肉を油無しで強めの中火で炒めます。 
Cimg2076

 色が変わったら弱火にして①のまいたけを加え、ゆっくり炒め合わせながら水分を飛ばします。  

 ③ まいたけに火が通ったら強めの中火にして、合わせておいた調味料を加え、時々混ぜながら煮汁がほぼ無くなるまで煮詰めます。 

④ 火を止め、粉さんしょうを振り入れてよく混ぜ合わせ、粗熱がとれたら①のおろしショウガを加えて出来上りです。

* 私からのお願い 
粉さんしょうは、入れすぎるとかえって邪魔になりますから少々でお試しください。
Cimg2078_2

 熱々の 白いご飯で、、 お茶漬で、、 
おかかをふりかけた小松菜のお浸し、わかめと豆腐の味噌汁を添えていかがですか?
Cimg2082

 粉さんしょうの香りとピリッと効いた大人向けに最適で、独り暮らしの私は多めに作り、常備菜として冷凍保存します。 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

熱海梅園の紅葉

 いつもの八十路四人組の忘年会を兼ねた今年最後の旅は、恒例の熱海温泉です。

 11月28日は穏やかな小春日に恵まれて絶好の旅日和となり、熱海までの車中は、途切れないおしゃべりに水を得た魚のごとく余生の虚しさ寂しさも忘れるほどでした。

加齢で 食も細くなったとは云いながら、丸テーブルを囲んでの熱海で評判の中華料理店でのランチは、それは別腹でというほど満足なものでした。

翌日も穏やかな小春日和に恵まれて、絶好の紅葉狩りとなりました。
Cimg2243
熱海で紅葉と云えば、当然のことながら「梅園」の紅葉です。

熱海市街地の西側にある「梅園」は、約14000坪の都市公園です。

 * 横浜の豪商 茂木惣兵衛氏が明治19年(1886年)に開き、128年を皇室財産として、熱海第2、第3御料地の変遷を経て、昭和22年(1947年)に国有財産となり、昭和35年10月に大蔵省により無償で熱海市に払い下げられたそうです。

以後、園内の整備が行われ昭和41年4月1日に「熱海梅園」として開放され、日本一早咲きの梅・日本一遅い紅葉の名所として有名になりました。

Cimg5369a

 園内には、まだつぼみの硬い梅の木が58種、473本。380本ものイロハモミジ、ムサシ、イチジョウなどの紅葉で彩られ、渓谷を思わせる初川に架かる朱色の欄干との調和はまさに日本庭園の真髄です。
Img_0359

 11月17日~12月9日までの「もみじまつり」、ちょうど中盤あたりのこの日の紅葉は今まさに絶頂の気品を醸しています。
Cimg2269
熱海梅園の紅葉は 何れにも勝るほどの見応えがあります。
Cimg2256

 園内を流れる初川の清流に架かる情緒ある5ヶ所の橋と紅葉のコラボは、京都に勝るとも劣らぬ熱海梅園の紅葉をごゆっくりお楽しみください。

 流れるBGMは「ふるさと」です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

駿府そば祭り

11月23日~25日 静岡市駿河区丸子の「駿府匠宿」で『そば好き大集合! 第10回駿府そば祭り』が開催されました。
Cimg2242

 静岡市内有名蕎麦屋さんの出店あり、そば打ち名人の実演ありでそば好きにはたまらないイベントです。

 初日23日は朝から風もなく穏やかな絶好の小春日和に恵まれて、バスに揺られて行ってまいりました。
Cimg2228

 中央に張られたテントでは、そば粉を練る人、打つ人、切る人、それぞれの分担を担っての実演もみられます。
Cimg2236

 山間に熱々のお蕎麦のいい匂いが漂って、お休み処には長い列で賑わっております。

「駿府そば祭り」の私にとって最大の関心事は、なんと云ってもそば打ち名人 八兵衛さんのそば打ち妙技にあやかりたくて今回もやってきたのです。

 そば好きの誰もが称賛するそば処「八兵衛そば」当主直々のそば打ち妙技をじっくりと拝見できる絶好のチャンスです。

 

Cimg2230

14時 「八兵衛そば」出店前では、幸運にも名人八兵衛さんのそば打ちが始まろうとしています!

 お許しを頂いて動画に収録させていただいたことは云うまでもありません。
10分間の妙技をとくと御覧ください。

 念入りに黙々と、また合間には立ち寄るお客さんに笑顔で挨拶されたり、和やかな雰囲気の中で見つめるギャラリーも私も真剣そのものでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ