« NHKしずおか「ドラマチック!秋まつり」 | トップページ | 駿府そば祭り »

駿府城秀吉と家康の攻防

 静岡市歴史文化課 11月21日 13時30分 Twitterより

11月22日(木)から 駿府城址天守台発掘現場内の発掘情報館「きゃっしる」と「坤櫓」で金箔瓦の展示を開始します!


◯ 「きゃっしる」・・・9:00~16:30(最終入場16:00)
 休場日:年末年始(12月29日~1月3日)

 ◯ 「坤櫓」・・・9:00~14:30(最収入場16:00)
 休館日:月曜日(休日・祝日の場合は営業) 
 年末年始(12月29日1月3日{)
 入場料:大人100円、小人50円
 (3施設共通券 大人350円、小人120円)

*「きゃっしる」とは
  発掘調査現場にあり、調査に関する情報をわかり易く解説展示している併設された「発掘情報館きゃっしる」のことです。

2018年10月16日の秀吉が家臣に造らせた天守台と金箔瓦の発見以来、県内外からファンの来場者で埋め尽くされ、「金箔瓦」の展示を要望しておりました。

Img_0116

 静岡市葵区の駿府城公園天守台発掘調査現場で、豊臣秀吉が家臣に築かせた天守の遺構が金箔瓦など約330点とともに見つかり、おどろきのニュースを見聞きした多くの市民の関心と県内外からの注目度が一層高まりました。

【駿府に秀吉が築かせた城跡発見!】
Img_0128

 平成30年10月16日、駿府城天守台跡から、豊臣時代に造られたとみられる大量の金箔瓦と徳川家康が建てた駿府城とは異なる形の石垣が見つかって、家康の居城として信じて止まない駿府城に二人の天下人が関わっていたとは只ならぬ攻防と、10月20・21日の一般公開に大勢の歴史愛好家や市民が詰め掛けました。

 【秀吉が家臣に築かせた幻の城跡から発掘された金箔瓦】
Img_0115jpgajpga_2


 家康が1588年(天正16年)に駿府城を築きましたが、喜びも束の間、信長から秀吉の天下となり、秀吉の命で家康が江戸に領地を移したすきに、家康を威嚇するために金箔の瓦などで絢爛豪華な城を築いたと推測されていましたが、裏付ける資料も無く「幻の城」とされていたようです。

【秀吉が家臣に築かせた「野面積み(のづらづみ)」の天守台】
Cimg2090_2
(私の偏見でしょうか? 自然石の間に小石を挟んで積み上げた、主の居ぬ間の急造りだったのでしょうか、荒っぽい石垣ですね)

 【駿府城公園の家康公の像】
銅像の裏手が覇権争いで注目を浴びた駿府城発掘現場です。

 Cimg1697

【家康の駿府城天守台】
Img_0124_2

関ヶ原の闘いを終え秀吉亡き後 江戸で天下統一を果たした家康は、駿府に戻って1610年(慶長15年) 秀吉の金箔瓦を埋め立て、大御所の駿府城を天下普請で完成させました。

 10月21日押すな押すなの盛況ぶりの発掘現場に行ってきました。

* 11月22日から金箔瓦の一般公開展示は
「きゃっしる」での公開は、2019年2月11日まで
「坤櫓」での公開は、2019年3月17日まで

をたのしみに、合わせて豊臣の天守台を近くで見学できるルートも公開できそうです。

|

« NHKしずおか「ドラマチック!秋まつり」 | トップページ | 駿府そば祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
こんにちわ!
秀吉は金が大好きで有名ですが、瓦まで金箔を
施していたんですね。このような時代は自分の権力を
誇示する為に、いろんなことをしたんですね。

ぽちさんも仰るように石垣は家康公の方が丁寧に
作られていて、やはり静岡人としたら嬉しい気が
します。

ぽちさんは大変歴史に研究熱心でいろんなことを
このブログで教えてもらっています。興味深いです。
有難うございました。

投稿: みず | 2018年11月25日 (日) 15時19分

ぽちさん、おはようございます~
私も秀吉が造らせた城がこの駿府にあったというニュースには
びっくりしました。
しかも金箔の瓦や石垣が見つかったというのですから、本当に
びっくりしました。
ぽちさんはその展示公開前にすでにご覧になったのですね。
さすがぽちさんです。
家康の駿府城に、秀吉の痕跡があったなんてすごいことですね。
日本の歴史上の重要な人物の二人がこの駿府に関わっていたということですね。
私も絶対に見に行きます。

投稿: ひろ | 2018年11月26日 (月) 08時36分

♪みずさん
 文献や、TVドラマなどで秀吉の金ピカ好きはよく知られていることですが、「目の上のたんこぶ」だった家康を江戸に追いやった(ちょっと云いすぎかしら?)すきに急遽 家臣に家康の城跡に城を築かせたなんて秀吉らしいですね。 
土台となる石積みが ご覧のように急ごしらえの「野面積み」ですから、駿府に戻った家康はどう思ったのでしょうか?
緻密設計の家康の天守台に拍手喝采!

歴史に弱い私は、こんな記事を書きながらインターネット検索で学ぶことにしております。

投稿: みずさんへぽちより | 2018年11月26日 (月) 10時11分

♪ ひろさん
 2016年から始まった駿府城址天守台の発掘調査で江戸城を上回る大きさだったことや、次々にびっくりするような新事実が解明され始めて、家康の「駿府城址」が多くの市民や歴史ファンに見直され、静岡も賑わい始めましたね。
静岡と密接な というよりも静岡を築いた徳川家康公に感慨をふかめます。

投稿: ひろさんへぽちより | 2018年11月26日 (月) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/67317097

この記事へのトラックバック一覧です: 駿府城秀吉と家康の攻防:

« NHKしずおか「ドラマチック!秋まつり」 | トップページ | 駿府そば祭り »