« 中秋の名月回想 | トップページ | ペパロッチに呼び止められて »

久能山東照宮参詣

やっと秋らしくなり運動不足解消にと一大決心をして、久能山東照宮参詣を試みました。
八十路の坂も半ばを過ぎようとしている昨今、次第に足腰も弱くなり無理は禁物。 これが参詣納めになるかも知れません。

私の場合当然のことながら路線バス利用ですが、日本平ロープウエイまではウィークデイは一日6本しかありません。
13時03分新静岡発路線バスで小一時間 14時頃日本平ロープウエイに到着。
帰りのバスは、15時代は無く16時31分が最終です。
2時間30分の間に険しい石段を上り下りして久能山東照宮拝観、家康公ご墓所参拝です。

 【日本平側のロープウエイのりばへの階段】
Cimg1914

 【東照宮側のロープウエイのりばへの階段】
Cimg1971

ロープウエイに乗り降りするまでの階段の何と多いことでしょう!
この階段の上り下りだけでも喘ぎ喘ぎです。
無理ならば引き返せばいい。 
兎に角行ってみましょう!

 僅か5分ですが 標高270メートル眼下には太古の海底隆起に依って作られた屏風谷や崖など独特の形状を覗き見したり、駿河湾の絶景を楽しみながらの空中散歩です。

西暦600年ごろ久能忠仁が初めて山を開き、補陀落山久能寺を建てたとパンフにありますが よくぞ!こんな険しいところにと思いを馳せてしまいます。

Img_0021
【久能山東照宮楼門】
Cimg1932

 あたかも遠来の参詣者気分よろしく、敬虔な思いで国宝久能山東照宮前に到着。

 ロープウエイ開通前、ここまでは駿河湾沿い山下からの石段で1159段(いちいちごくろうさん)がメインの参道です。 
便利になりました。

 社務所から楼門へ、楼門から拝殿、家康公のご廟所までの80段余りの伊豆から運ばれたという伊豆石の石段の上り下りは自力本願!

 楼門をくぐり拝殿横にはこんな札が、、
Cimg1950

ここからは極彩色の権現造り社殿を拝観します。
Cimg1946

Cimg1947

Cimg1956

日光東照宮より19年前に造られた久能山東照宮は、僅か1年7ヶ月と云う短期間で権現造り、極彩色の総漆塗りなど、桃山時代の技法を採り入れられた江戸時代初期の代表建造物として平成22年12月24日に国宝に指定されました。

 【家康公の手形】
Cimg1935

【家康公の好物 折戸ナス】
Cimg1943jpga

楼門下から家康公のご墓所までの80段余りの石段の上り下りは、依る年波には至難の業で、途中休み休みの挑戦でしたが、家康公の手形に自分の手を合わせてみたり、家康公好物のふくよかな折戸茄子に一息入れます。

 家康公は晩年駿府城に隠居されましたが、元和2年(1616年)4月17日75歳で薨去され、ご遺命によりその夜この地に葬られました。

【神廟と云われる家康公のご墓所】

Dsc_0551jpg2

平和、開運、学問、厄除けの神様として崇められております。

 【しかめ像】   追平陶吉作
Cimg1967

 社務所脇に面白い塑像を見つけました。
三方ヶ原の戦いで武田信玄公に惨敗し、命からがら逃げ帰った家康公は負けて憔悴しきった自分の姿を絵師に描かせて自分への戒めとして「しかめ像」が生まれたそうです。

【東照公御遺訓】

 人はただ身の程を知れ草の葉の

          露の重きは落つるものかな 

御遺訓をしっかりと心に刻んで下山します。

|

« 中秋の名月回想 | トップページ | ペパロッチに呼び止められて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
さすがぽちさん、よく行かれましたね。
石段の上り下りもよく頑張ってきましたね。
そして、美しい写真をたくさん見せていただいてありがといございます。
私も3回くらい行った記憶がありますが、日光にも負けない豪華さですよね。
しかめ像のことは知っていましたが、ここで見せていただいて
納得しました。
ぽちさんが、久能山東照宮に参詣してくださったから、きっと
家康さんが台風から守ってくれると思います。

投稿: ひろ | 2018年9月30日 (日) 12時51分

♪ ひろさん
この日は、湿度も少なく秋風が心地よかったので思い切って行ってまいりました。
石段の多さは分かってはいましたが、美しい極彩色は見ごたえがありました。
 独り暮らしの気安さで、その気になるとさっと出かけられることは有り難いのですが、ちょっと不安も伴いますので、無理ならさっと諦めも肝心です。

 いよいよ台風接近でしょうか? 難なく過ぎてくれることを祈るばかりです。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年9月30日 (日) 15時52分

ぽちさん
こんばんわ~
一人暮らしの気安さと仰いますがこれは、しかと言う
心構えがなければ、出来ません。ご自分を律することが
出来るから日々、きちんと暮らしてらっしゃると思います。

私は、国宝に指定された時参拝したのが、一番最近ですから
もう、8年前と言うことになりますね。
その時は国宝になって間もなかったので、
大変な混みようでロープウェイも満員だったのを
思い出します。
日光の東照宮は全国的に有名ですが、地元東照宮こそ
我が郷土の自慢ですね。日光東照宮より先に造られた
事も自慢です。美しい写真を沢山見せて頂いて
嬉しいです。有難うございました。

投稿: みず | 2018年9月30日 (日) 18時38分

♪ みずさん
 独り暮らしの気安さと言っていますが、独り暮らしの寂しさや退屈をいかに凌ぐかが余生の大きな課題です。
拙いブログ記事を臆面もなく更新している私ですが、折角覚え始めたパソコンが寂しさや退屈から救ってくれている様です。
有り難いことです。

静岡の東照宮に葬られていることで家康公に守られていることと信じます。

兎に角石段が多くて大変でした。(* ̄ー ̄*)

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年9月30日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/67212540

この記事へのトラックバック一覧です: 久能山東照宮参詣:

« 中秋の名月回想 | トップページ | ペパロッチに呼び止められて »