« カルガモ母子の散歩 | トップページ | 梅雨末期の旅 »

明治トンネル通過を動く動画で

 「明治トンネル」は、静岡市と藤枝市岡部町を結ぶ宇津ノ谷峠に明治9年(1876年)に開通した明治時代の貴重な文化遺産です。
Photo

平成9年(1997年)に現役のトンネルとしては初めて「明治宇津ノ谷隧道」として国の有形文化財に登録されました。
Map_3_2

  ところが、事件や事故など起きてもいない、誰もいないはずのトンネルに、嘘か真か?人の声や笑い声が聞こえると言う まことしやかな奇怪な噂がいつの頃から流れるようになって、私も子供の頃から怯えておりました。

 昨年の初夏、止せばいいのに、人影のない静かなこのトンネルの前に立ち、デジカメ撮影をしたときのことでした。
シャッターを切ろうにもデジカメの機能が麻痺し、撮影することができません。
これは幽霊の仕業!と、怖い思いをした経験がありました。
逃げるように帰宅すればデジカメ機能は正常に戻っていたのです。

 それ以来「明治トンネル」へ赴くことはありません。

 ところが、当世スマホ時代!
Cimg1431

 6月20日付静岡新聞の「動画deしずおか+ぷらす」 (スマホをかざすと写真が動きます)に、明治トンネル通り抜けの画像が大きく載っておりました。
Img_35301_2


 興味津々 恐る恐るスマホをかざして 明治トンネル通過を覗いてみました!
Img_2387

点々と灯されるカンテラのようなレトロなオレンジ色の薄明かりの先には 不気味に白茶けた色に変色した湿ったレンガの壁面や路面をぼんやりと灯し、吹き抜ける冷たい風が肌にまとわりつきそうな、静寂な全長203メートルを抜ければ その先には何と!眩しいほどの新緑が目にも鮮やかにくっきりと出現するのです。
私にとって、トンネル通過初めての映像体験でした。

新聞紙上でトンネル通り抜け動画体験ができる時代です。

 幽霊は出なかったけれど やっぱり私には一人で出かける勇気はありません。

|

« カルガモ母子の散歩 | トップページ | 梅雨末期の旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
何と、素晴らしい体験をしましたね。
スマホあっての体験、しかも使いこなせているから出来た
体験、素晴らしきかな!です。

もう、昨年の事になりますか?
ぽちさんがトンネルの前でデジカメの機能が
マヒしてしまったこと。
科学では説明できない体験でしたね。
時は、まさにスマホ時代、実際に歩いて中に入らなくても
それに近い、いやむしろそれ以上の体験が
出来てしまう。いや~凄いなぁ!!!

でも、ちょっとだけ実際に中に入って本当に幽霊が
出るか、出ないか見てみたい気もしますね。

投稿: みず | 2018年7月 8日 (日) 14時48分

ぽちさん、こんにちは~
明治トンネルは近いのに行ったことはありません。
なんとなく足が向かないのです。
トンネルは少し不気味な気がします。
スマホをかざせば動画が見れる時代なのにねえ...
トンネルがダメ、電車の中もダメ、ホテル等の狭い部屋もダメ
という人を知っています。
幽霊なんかいないのに、やっぱりはっとすることがありますね。
人間世界は繊細で複雑ですね。

投稿: ひろ | 2018年7月 8日 (日) 16時31分

♪ みずさん
 昨年初夏の明治トンネル前での奇怪な体験を思い出すと今でもゾッとしますが、新聞掲載の写真にスマホをかざして 通り抜け初体験も 今度はスマホの機能がまた不能になってしまわないかと 実はこわごわでしたよ。 (*´∀`)

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年7月 9日 (月) 10時37分

♪ ひろさん
 日本列島 道路はどこへ行っても縦横に開通して、便利な時代に成りましたが、最先端の明るいトンネルもやっぱり少し不安です。
明治トンネルの奇怪な体験をした私でしたが、怖いもの見たさもあって、慎重にスマホをかざしました。
見終わって、な~んだ! と思いながらも、実体験は無理です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年7月 9日 (月) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66850608

この記事へのトラックバック一覧です: 明治トンネル通過を動く動画で:

« カルガモ母子の散歩 | トップページ | 梅雨末期の旅 »