« 明治トンネル通過を動く動画で | トップページ | チキンソテー »

梅雨末期の旅

 この度 西日本の広い範囲で平成最悪 未曾有の水害でお亡くなりになられた方のご冥福を祈り、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 そんな最中 斯様に気ままなブログ掲載をお許しください。

 一ヶ月前に楽しんだ下呂温泉旅の折に計画した信州でゆったり湯治の旅です。
日頃一人暮らしの侘しさ解消と健康維持に、足腰達者なうちに楽しみましょうと、気の合った八十路四人の旅です。

 六月中旬梅雨も明けたのかしら? と思わせるカンカン照りの真夏のような日が続き、その後の天気予報も連日「☀/☁」のマークに快適な旅を予想しておりました。 ところが、

七月に入ると、沖縄付近を北上した台風六号は 日本海を北東へ向かい、抜け切れたはずの梅雨前線の南下で、天気も急転して 「☂・☂・☂」予報マークとなり一瞬たじろぎました。

 七月四日の出発時は、心配していた雨もなく、甲州街道から山梨県北杜市あたりでは時折日も射したり、美ヶ原エリアに入るまでは、雨の気配も無く無事宿に到着しました。

 宿でのんびり気分で見るテレビのニュースで、広島・岡山や先月旅したばかりの岐阜下呂の凄まじい記録的水害のニュースの報道に愕然としました。
 翌日信濃路は小雨でも大事を取り 予定の善光寺参りは中止して、ある人は全身浴でリラックス、ある人はジェットで吹き出す水流でマッサージ効果を、ある人は温水プールで健康促進などなど、思い思いの温泉効果を楽しんだのです。

食事の後は、気の合う四人ならではのおしゃべりや俳句談義に花を咲かせた温泉宿ごもりは、日頃の独居高齢私達には身に余る贅沢な湯治旅でした。

そんな訳で、今回の旅の写真は一枚もありませんが、雨を避け要領よく対処して、帰路につくまで傘のお世話になることもほとんどなかった旅でもありました。

せめて、帰路の車窓より撮影した 富士川の画像です。

3

富士川上流で降ったであろう雨も 中洲の緑も鮮やかで 普段の流れの状態は分かりませんが 危惧していたよりも大した水流ではないようで一安心です。


1_3



    
信濃路や車窓に連なる青山河

 晴れ女を自画自賛の私達も 大雨警報の最中 臨機応変の対応で 楽しめた旅でしたが、何より健康で普段の当たり前の生活が出来ることの幸せを ありがたく思う旅でもありました。
 

 

|

« 明治トンネル通過を動く動画で | トップページ | チキンソテー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます。
「ゆったり湯治の旅」よかったですね。
こんなゆったり旅を私もしてみたいと思います。
そして、気の合ったお仲間と一緒ですもの楽しいさ倍増ですね。
心配した天気も傘を一度もささなかったなんてやっぱり「晴れ女」ですよね。

  信濃路や車窓に連なる青山河
      素晴らしい俳句ですね。

投稿: ひろ | 2018年7月16日 (月) 08時05分

ぽちさん
ステキな湯治旅でしたね~
お楽しみと健康維持のための「ゆったり旅」は
将来の参考にさせて頂くことがいっぱいです。

気の合う四人さんのおしゃべりが、聞こえてくるようです。
私も、将来そんな友人関係に恵まれるように、
今から体力を維持する為に気をつけようと思います。

猛暑につきどうぞご自愛下さいませ。


投稿: みず | 2018年7月16日 (月) 10時02分

♪ ひろさん
 「晴れ女」を自負していた私達も年貢の納め時がきたのでしょうか?
前回の下呂温泉のときも小雨で、肌寒いほどでしたので、カンカン照りよりもいいねぇ。でした。
今回は善光寺参りが出来なくて残念でしたが、災難に遭わなかっただけでも良かったと思います。
梅雨末期は、毎年のように何処かで水害が生じますが、今回は予想外のでしたね。
この歳ですから「ゆったり湯治」が一番です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年7月16日 (月) 14時55分

♪ みずさん
 八十路半ばが四人揃って「ゆったり湯治の旅」が出来たなんて、世間様に申し訳ないと思います。
、、、が、健康で、できるだけ家族や人様に迷惑をかけないように、足元に気をつけて無理のない旅ができればと思います。
女性は特に「オシャベリ」することが、ボケ防止かも知れませんね。(*^^*)

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年7月16日 (月) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66915537

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨末期の旅:

« 明治トンネル通過を動く動画で | トップページ | チキンソテー »