« チキンソテー | トップページ | 戦場カメラマンの講演 »

駿府城址天守台発掘見学

 徳川家康公は75年の人生の3分の1を静岡で過ごし、この地で大御所として世の中を見据えた政治を行いました。

天正年間 徳川家康が築いた7階建てと云われる 城 「駿府城」は、家康が他界した19年後の寛永12年(1635年)、城下の火災が燃え移り、天守、宮殿楼閣、櫓などはことごとく焼失してしまいました。
Cimg1697

 その後 天下泰平の世となり、戦いや権威のシンボルであった天守は必要無くなったためと考えられ 残った天守台も明治29年(1896年)陸軍歩兵34連隊が駿府城内に設置されることに成り、取り壊され埋められてしまったのです。

 天守は再建されること無く、確実な資料も残されることも無く 歴史のかなたに「幻」の城となっているのです。

 静岡市葵区にある駿府城址の現在は「駿府城公園」となって毎年秋に開催される大道芸ワールドカップ会場として 市民の憩いの場所となっております。
遅きに失した思いもありますが、4年をかけて2016年から始まった天守台発掘調査は いよいよ終盤を迎え、発掘体験が出来るのも今年が最後となりました。

1

 2018年7月21日(土)記録的猛暑の中 意を決して駿府城跡天守台発掘調査特別体験見学会に行って参りました。
Cimg1724

120年ぶりに掘り出された天守台の石垣は、西側が約68メートル、北側が約61メートルあり、高さも約19メートルと推測され江戸城の1,5倍と云われ正に日本一の大きさであることがわかりました。
Cimg1730_2


籠城用と考えられる四角い石で組まれた内径約1,8メートル 深さ約3,8メートルの「井戸」も発見され、駿府城が実践的な城であったことや 天守の井戸は全国的にも数例しか無いという事で大変珍しいこともわかりました。
Cimg1702

 江戸時代当時用いられた方法で 1トン以上もある石材を人力で運ぶ「修羅」と云われる木造のそりで引っ張り、丸太で作ったレールの上を少しずつ滑らせて運搬したり、
2


静岡市歴史文化課の増山慎さんの石割体験前の細やかな説明の後 静岡市文化財サポーターの指導による石割体験が行われました。
Cimg1735

築城のために簡単な道具で何もかも人力で成し遂げた江戸時代の工事体験を現代の子どもたちにはどう感じられたのでしょうか?

|

« チキンソテー | トップページ | 戦場カメラマンの講演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
暑い中を、お元気に行ってらっしゃいましたね。

私は結婚して現在の清水区に住むようになってからは
なかなか、駿府城公園に行く機会がなくなってしまいました。
でも、この発掘調査の事はテレビで見て知っておりました。

機械も何もない時代に、どのようにして城のように大きな
建造物を建設したのかと言うことに興味が湧きます。
日本のみならずエジプトのピラミッドや西洋の素晴らしく
大きな教会等々しかりです。これこそ、いつも関心の
真ん中にありました。

本当にうまく道具を作って人力だけで、あんなにも素晴らしい
建造物を作ってしまうんですね。重たい石を運ぶ「修羅」や
丸太で作ったレールなど、人間の知恵ってスゴイですね。
後世の人達は、それを見てヒントを得て、またまた素晴らしい
建築学が生まれたのではないでしょうか?

素晴らしい動画でした。有難うございました。

投稿: みず | 2018年7月29日 (日) 15時31分

ぽちさん、おはようございます~
昨日コメントしたと思っていたのですが、ここにないのです。
暑さの中でボケてしまっとのかなあ~~
発掘調査、あの暑さの中をよく行ってきましたね。
静岡市民としては天守台の再現は大いに望むところです。
とにかくすごいですね。
人の力であれだけのことをするのですから。
あの石屋さんは私の知っている人なので動画にも見入ってしまいました。

投稿: ひろ | 2018年7月30日 (月) 07時03分

♪ みずさん
 連日の猛暑で息も絶え絶えの私でしたが、日本一を誇る天守台発掘調査の現場見学の絶好のチャンスを見逃すまいと思い切っての行動でした。
八十路半ばの老婆の出る幕では無いかもしれませんが、これだけは見届けたい一心でした。
人知、人力だけでの築城のロマンに感涙頻りでした。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年7月30日 (月) 10時31分

♪ ひろさん
 あの暑さの中の見学者もさることながら、「天守台発掘調査」現場のスタッフの皆さんのご健闘に敬意を表します。
 「昔の人は偉い!」とよく云いますが、粗末な道具での築城は凄い! ですね。
ご存知とおっしゃる石割りの静岡文化財サポーターさんは、何年か前の地震で傾いた墓石を直していただいた方と改めて知り、親近感を覚えました。 (*´∀`)

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年7月30日 (月) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66981637

この記事へのトラックバック一覧です: 駿府城址天守台発掘見学:

« チキンソテー | トップページ | 戦場カメラマンの講演 »