« 静鉄路線バスの「ナビタイム」 | トップページ | 下呂温泉合掌村にて »

誓願寺のモリアオガエル

 丸子路「おおだたら」の誓願寺には知る人ぞ知る「モリアオガエル」産卵の池があります。
Cimg1554


Cimg1563

 モリアオガエルは直射日光がお好きでは無いらしく、産卵期の5月から7月にかけて、雨上がりの丑三つ時になると、誓願寺の裏山からノコノコと、池水の真上に伸びる樹木の枝に産卵にやって来ます。

 5月19日、今年の産卵は始まったかしら?と思いながら、誓願寺さんを訪れました。
Photo_4
 「モリアオガエル」産卵の池には既に2センチほどのオタマジャクシが元気よく泳ぎ回っておりましたが、2番手、3番手と、7月上旬梅雨最盛時ごろまでこの池にやってくるそうです。

Cimg1567

 モリアオガエルは実際に見ることが出来ませんので 下の画像はネットからお借りしました。
20160527_2jpg2

 雌の体長は8~9センチメートル、雄は5~6センチメートルの蚤の夫婦で産卵は雌1匹に雄5~6匹が群がることもあるそうです。

 足の吸盤は非常に発達して樹上でも枝から枝へ葉から葉へ巧みに飛び回るそうですが、産卵は殆ど雨上がりの翌早朝に暗いうちから日の出の頃には終えて、人の目につかない処に姿を潜めるのでしようか? 
誓願寺のご住職さん家族でも滅多に見ることはないそうです。

2
池の水面に伸ばした柿の枝に産み付けられたソフトボールほどの白い泡状の鞠の中には無数の孵化を待つ卵が産み付けられているのです。
Photo_2
 池の水面の樹の枝に産み付けなければならない卵も、時には勘違いして 樹下に水のない場所に産卵する そそっかしいカエルもいるそうで、ご住職が成熟した泡の鞠を手に受け 水を掛けながら孵化の手助けをされるのです。

 近頃は、産卵にやってくるモリアオガエルが好物のヘビまでも狙うカラスが多く、産卵もすっかり減少しましたと、奥様も嘆いておりました。

|

« 静鉄路線バスの「ナビタイム」 | トップページ | 下呂温泉合掌村にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
今年も生命の神秘を感じさせていただきました。

水の上の樹上に産卵しなければオタマジャクシは
育たない。だから池上の樹に産み付けるって、
誰に教わったのかしらと思ってしまいますね。
まさしく生物の神秘です。

丸子の方面は色々と興味深い所が多いですね。
サッと出かけて行かれるぽちさんはステキです。

投稿: みず | 2018年6月 3日 (日) 16時38分

ぽちさん、おはようございます~
私もずっと前に誓願寺のモリアオガエルを見に行ったことがあります。
みずではありませんが、本当に生命の神秘ですね。
そしてあの泡玉の卵、摩訶不思議です。
山の中でも時々この卵を見かけることがあります。
やっぱりちゃんと水がある所なんです。
この池で毎年モリアオガエルの赤ちゃんが誕生してくれることを祈ります。

投稿: ひろ | 2018年6月 4日 (月) 07時20分

♪ みずさん
水面の上に 産み付けられた泡の鞠の大きさと云い、8~9センチの雌に5~6匹の雄が群がっている小枝の先の細さに驚くばかりです。人知では計り知れない霊妙さに神秘を覚えます。
 ご住職さんの孵化の孵化の手助けも神秘的でした。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年6月 4日 (月) 10時07分

♪ ひろさん
産卵時期になると誓願寺さんの裏山からノコノコと この池にやってくると聞いて、びっくり仰天です。
 多いときには一晩に数十個もの産卵泡の鞠が見られたそうですが、その数は年々減少して寂しいですね。
厄介者のカラスに狙われる親カエルも多いそうです。
生きとし生けるもの 生存競争が厳しいですね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年6月 4日 (月) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66750567

この記事へのトラックバック一覧です: 誓願寺のモリアオガエル:

« 静鉄路線バスの「ナビタイム」 | トップページ | 下呂温泉合掌村にて »