« 蓮華寺池公園の藤 | トップページ | 丁子屋 Before After »

なんじゃもんじゃ

 世にも珍しい名の木「なんじゃもんじゃ」を知ったのは、今から34年前の秋のことでした。
Cimg4709a
 1984年(昭和59年)の10月、東京は調布市「深大寺」の 当時昼間でも境内が薄暗くなるほど天空を覆うように 四方八方に枝を伸ばす金木犀の巨樹の芳香に酔いしれていた時のことでした。

 たまたま通りかかったご住職が、「元三太子堂」の辺りにある若々しい樹木を指して、「五月のこどもの日の頃、真っ白い雪のような花房を付けるナンジャモンジャという木ですよ」 「??! 面白いなまえですね~」 

はじめて知った世にも不思議な名前を持つ同じ木が、奇遇にも同じ年の昭和59年(1984年)に 郷土静岡市大岩町 元静岡大学跡地に造成された「城北公園」に86本の「ナンジャモンジャ」が植樹されました。

Cimg1437 
そんな偶然のご縁で、特別の思いもあって、毎年ゴールデンウィークには、心弾ませて観賞に馳せ参じます。

Cimg6487
 1984年(昭和59年)当時の静岡市長の河合代悟さん(1936-2014)や 多くの有志のお力によって植樹され、30数年経った今年は 庭園の彼方此方に新しく植樹された10数本の若木も花を付け 市民の憩いの場所となっているのです。 
Cimg6483

 「天国の河合代悟さ~ん 
  今年のナンジャモンジャは一段と素晴らしいですよ~!」

 年々歳々同じような光景ですが、この時季ならではの光り輝き 幽かな芳香を放ちながら たわたわ揺れる「ナンジャモンジャ」に癒やされるのです。

 今年は桜も藤もナンジャモンジャまでも、例年よりも10日も早く満開を迎え、急遽4月20日に鑑賞してまいりました。
 ほのかに香る 身も心もリフレッシュ出来る フィトンチッド効果滴面の動画をお楽しみ下さい。

|

« 蓮華寺池公園の藤 | トップページ | 丁子屋 Before After »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
今年は本当に花の開花が早いですね。
なんじゃもんじゃは5月の始めが見頃だと思っていました。
ところが今年は4月20日がもうすでに見頃なんですね。
あの公園のなんじゃもんじゃの素晴らしさは静岡市民の誇りですね。
近くにいてもなかなか見に行けないのです。
ここで毎年見せていただいて満足しています。
あの雪を被ったような景色、素晴らし過ぎですね。
毎年あの公園で咲き続けてくれることを祈っています。
ぽちさん、ありがとうね。

投稿: ひろ | 2018年4月29日 (日) 13時58分

ぽちさん
おはようございます。

今年も、「なんじゃもんじゃ」の季節が巡ってきましたね。
かなりの大木になるんですね。公園いっぱいに、雪でも
降っているかのような錯覚を感じます。
今年は、サクラ同様「なんじゃもんじゃ」の開花も早くて
ビックリです。

動画の中からは、子供たちの声が聴かれてのどかな春を
感じます。
毎年、ぽちさんのブログで「なんじゃもんじゃ」を
観賞させてもらってます。
有難うございました。

投稿: みず | 2018年4月30日 (月) 09時00分

♪ ひろさん
 34年前 東京都調布市の深大寺で初めて知った「ナンジャモンジャ」が偶然にも 同じ年に静岡市に植樹され 大きな感銘を受けた事は 今でもはっきり脳裡に浮かびます。

河合代悟さんの功績に、城北公園の「ナンジャモンジャ」の群生は ますます市民の誇りとなってきましたね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年4月30日 (月) 09時41分

♪ みずさん
 今回のナンジャモンジャのブログ記事を書いている時、nhkのTV 「ちこちゃんに叱られる」で 「フィトンチッド」の事が取り上げられていました。 
森林浴などで心身ともに癒やされることです。
全く同感で 思わず勢いづいてブログを締めくくりました!

 

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年4月30日 (月) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66646160

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃ:

« 蓮華寺池公園の藤 | トップページ | 丁子屋 Before After »