« 電子書籍第三巻は | トップページ | 俳句を楽しむ会 »

小田原へ

 一昨年暮に購入した万能妙薬「ういろう」は 服用し切ってしまい、「心細くなってきたねぇ」 いう事で、四月の旅は、小田原まで足を伸ばしましょうと、温泉宿に予約をしたのが二月のことでした。

 今年は異常気象で、東京周辺の桜は お彼岸を待たずに開花してしまい、四月になれば小田原もきっと葉桜でしょうねと いぶかしく思いながらの旅でした。

「ういろう」? お菓子の「ういろう」ではありません。
たとえ小田原界隈の薬局でも通販でも 絶対に手に入らない由緒ある薬です。
 1495年に小田原を平和裏に治めた北条早雲の時代から520年余りの一子相伝を守り続ける 万能妙薬「ういろう」です。

 私たち旅友にとっては 「ういろう」を信頼し、常日頃お世話になっている常備薬です。
Cimg1350

 JR小田原駅前からバスに乗って「箱根口」(170円)で降りると、お城と見紛うばかりの立派な八ツ棟造りが眼前に聳えます。
 知る人ぞ知る「ういろう」本舗です。
Cimg1351

天気は快晴 陽気の良いこの日、「ういろう」目当ての多くの人が私たちと共に店内にゾロゾロと吸い込まれていきます。

 お一人さまニ箱限定販売は周知の通り、中には子供連れの夫婦合わせて五人が 〆て十箱を◯万円で買い求める豪快な買いっぷりも見られます。

 化学薬剤のような副作用の心配もない古来からの純正生薬での製法で、胃腸、心臓、気管を健全にし、体力増強に効果あり、、、
と銘打っていることから、私たちのように多くの愛用者が遠路はるばる常備薬として買い求めるのも むべなるかなです。

 悔いのない思い思いの買い物も済ませ、御幸の浜通りを北に300米ほど歩き 小田原城堀端通りを巡りながら小田原駅を目指すことになりました。
Cimg1354_2

「わ~! 咲いてる~!咲いてる~」 小田原城お堀端の見事に咲き誇る桜並木に 八十路の足取りも俄然軽やかです。
Seto2b
小田原城は戦国時代から江戸時代にかけて難攻不落の城として有名です。
「日本さくら名所100選」にも選ばれてはいますが、今年の
桜はご多分に漏れず、ここもすでに葉桜かと思いきや、、、
何と! お堀の水面ぎりぎりまで花枝を伸ばし爛漫と咲いているではありませんか!
Cimg1361
 幸運にも この日が丁度満開とあって、お堀の水面には未だひとひらの落花もありません。 
天守閣の城壁とお堀の石垣を背景に、薄ピンクの桜は 日本が世界に誇る景観です。

 諦めかけていた名所の満開の桜を愛でながら 八十路旅を満喫出来た幸せを しみじみ噛み締めながらのご報告でした。

|

« 電子書籍第三巻は | トップページ | 俳句を楽しむ会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
「ういろう」は興味深い薬ですね!
私も、前回のブログで紹介された時、ネットで調べましたが
ぽちさんが仰るように、通販でも有名な薬局でも手に入らない
事が分かりました。
長年みんなが服用して、いいと思える薬なんですね。
きっと、大量には生産できない物なんでしょうね。

小田原の桜はGoodでしたね。お城と桜、お堀と桜は
実に絵になる日本の風景ですね。
良いお仲間と旅行、これぞ元気でいられる秘訣ですね。
有難うございました。

投稿: みず | 2018年4月 8日 (日) 09時57分

ぽちさん、こんにちは~
お体も完全復活されて、仲良しさんとの楽しい旅ができて
本当によかったですね。
お菓子のういろうはよく知っていますが、薬のういろうはまだ
見たことがありません。
子供の頃、体が不調の時に母がよく六神丸を飲ませてくれまし
たが、きっと似たお薬なんでしょうね。
皆さん並んでも手に入れたいのですね。
そして、小田原城界隈の見事な桜を見ることができて
本当によかったですね。
今年の桜はどこも最高ですね。

投稿: ひろ | 2018年4月 8日 (日) 10時53分

♪ みずさん
 科学的な薬剤の殆どは、副作用が伴いますが「ういろう」は副作用が無いのが良いのです。
胃腸の調整には先ず「ういろう」です。
少し食べすぎたかしら?とか 膨満感というときには2~3粒を飲めば数分後にはスッキリします。
先日永く患った風邪の時 お医者さんからは、何の処方もなかったので、「ういろう」が頼りになりました。

 諦めていた小田原の桜は この日が丁度満開と聞いて感激もひとしおでした。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2018年4月 9日 (月) 15時04分

♪ ひろさん
 私も子供の頃 「六神丸」のおせわになりました。
母も生前「百草丸」をよくのんでいました。
「ういろう」には これらの薬草の他に 未だ科学的には知られていない効用のある生薬が十余種類が配合されているのですって。 
でも良効とされている天然の原料は、環境破壊や公害のために、入手が困難になっているそうです。

 桜も外来からの昆虫で 被害が彼方此方に出ているそうですが、今年の桜は開花中 雨風が無かった為でしょうか?
最高でしたね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2018年4月 9日 (月) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66580349

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原へ:

« 電子書籍第三巻は | トップページ | 俳句を楽しむ会 »