« 梅ヶ島2017年の紅葉 | トップページ | 五木寛之さんの講演に臨んで »

グランシップサポーターの記録写真展

  複合施設 「静岡県コンベンションアーツセンター」 
JR東静岡駅南口にある「グランシップ」の正式名称です。
1999年に静岡県の文化創造と交流の拠点として、人々が集い多くの事業を展開して18年が経ちました。

Cimg0797


 難しい名称「静岡県コンベンションアーツセンター」は外観、大型船をイメージして むしろ私達県民には「グランシップ」の愛称で親しまれています。
この間 複合施設として静岡県の文化芸術の発展に普及に 目覚ましいものがあります。


 【グランシップの3階共通ロビーで開催中のグランシップサポーターに依る記録写真展】 (2018年1月6日まで)

 

Cimg0847

 今年も2016年10月~2017年9月の1年間 文化芸術交流の企画事業を支えたサポーターによる記録写真展が、2017年11月12日~2018年1月6日 3階共通ロビーで開催されました。

 ご挨拶のパネルにはサポーター16名のお名前が、、お知り合いのサポーターさんがいらっしゃるかも、、
Cimg0800jpg2_2


 【2016年11月30日中ホールでのドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団】
Cimg0801_2

 【グランシップ音楽広場の友 オーケストラパート練習風景】
Cimg0818_2


 【人形浄瑠璃文楽出前公演】
Cimg0826_2


 【トレインフェスタ】
Cimg0836_2

 【楽器紹介】
Page_2


 【こどものくに 元気に遊ぼう】
Page


 【グランシップ静岡能 能楽入門公演】
Photo_2

Jpg2_2

 【元NHKアナウンサー 静岡市出身の山川静夫さんの人形浄瑠璃文楽公演事前レクチャー風景】
Cimg0823

 【ハンドベル解説】
7


 ご挨拶のパネルにあるように、音楽はクラシック・ジャズ・ポピュラー、伝統芸能は歌舞伎鑑賞教室、能楽入門公演、人形浄瑠璃・文楽の出前公演、「トレインフェスタ」「こどものくに」等など豊かな催しの16名のサポーターに依る記録写真展です。

* グランシップは施設の定期点検の為 全館休館する場合があります。
今回のサポーターに依る記録写真展開催中のグランシップ休館日は下記のとおりです。
  12月5日(火)~7日(木) 12月29日(火)~1月3日(日)

|

« 梅ヶ島2017年の紅葉 | トップページ | 五木寛之さんの講演に臨んで »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
グランシップができて、もう18年もたつのですか。
正式名称はなかなか覚えられませんね。
建設された当初は、すごいものができたねと思っていました。
あんな立派な建物の中で、どんな催し物があるのだろうと興味深々でした。
敷居が高いのではないかしらと思っていましたが、そんなことはないですね。
サポーターの方々がいろいろ努力をしてくださっているのですね。
文化・芸術を広く伝えるお手伝いをしてくださっているのですね。
静岡県が誇るグランシップが益々発展しますように。

投稿: ひろ | 2017年12月 3日 (日) 16時06分

♪ ひろさん
 実は今回の取材でグランシップの正式名称が 複合施設 「静岡県コンベンションアーツセンター」 と初めて知りました。
幅広いジャンルのコンサート、世界に誇る日本の伝統芸能等など誰もが手軽に味わえる静岡県が誇る複合施設です。
サポーターさんの記録写真展で日本文化の魅力を改めて知った私です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2017年12月 4日 (月) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66065715

この記事へのトラックバック一覧です: グランシップサポーターの記録写真展:

« 梅ヶ島2017年の紅葉 | トップページ | 五木寛之さんの講演に臨んで »