« グランシップサポーターの記録写真展 | トップページ | 初冬のアカオ ハーブ&ローズガーデン »

五木寛之さんの講演に臨んで

 嬉しいことに 友人から「しずおか信用金庫第27回文化講演会」の招待チケットをいただき 平成29年11月21日 静岡市葵区 静岡文化会館大ホールで、五木寛之さんの「心の風景」と題しての講演を拝聴してまいりました。
1
13時30分開場、14時講演とあって いそいそと13時15分に会場に着いた時にはすでに2000人余りの長い列が出来 周辺には昂揚が漂っておりました。

 五木寛之さんは 前日の11月20日には金沢の講演を終えられ静岡へ直行されて今回の静岡講演となりました。
1


 1900年時代の人生年齢と云えば イギリス46歳、アメリカ45歳、日本は43歳だったそうで、当時の日本では人生50年を願望としておりました。
今や人生90~100年 超高齢時代となりました。

人生100年をどう生きれば良いのでしょうか? 
若いうちに人生後半の50年の生き方を考えておきたいと前置きされて いよいよ1時間30分の講演に聴衆は一言一句聞き漏らすまいと耳を傾けます。

 昭和7年生まれの五木さんは、激動の戦後を生き抜いてきた今、一種の立ちすくみが感じられるとおっしゃいます。
私も同じ昭和7年生まれ 近頃生きることに少々退けありと 大いに共感を覚えました。

 人生後半を生き抜く力として、自立した経済力は勿論、たとえ時代は変わっても 心身ともに健康であることが必須で、精神の自立として 趣味を楽しむことは心身の「養生」であると話題を進めます。

 神戸のほうで内科医を開業されていた「播水(ばんすい)」の俳号をもつ医師五十嵐久雄さんの 「春愁や老医に患者のなき日あり」という句があり、いつかはそういう時が来るんだろうなぁ と思いながら 桜がちらほら散り始めている窓からの風景を眺め 淡々と穏やかに行く春を惜しんでいると解釈され 高齢の医師が しみじみと来し方 行く末に思いを馳せている。

 秋想では無く 「春を愁う」 寂しいけれども人生の最後の季節を憂鬱に捉えるのではなく 穏やかに自然に現実を認める心境こそ播水(ばんすい)さんは むしろ幸せな状態だったでしょうと 賛美されました。

 話題は転じて 柳田国男の著書「涕泣史談(ていきゅうしだん)」にあるように、日本人は本来 泣くことを大切にしてきた民族だったのに 近ごろの日本人は余り泣かなくなってしまった。
泣くことによって 人に思いを伝える、そして救われる。
悲しみや不幸を泣いて笑って 笑いの文化でもある川柳を作ることもよいでしょうと奨励されました。


  (中略)


人生の下山と共に 世の中からなんとなく取り残されてしまう孤独感を克服する、ゆっくり安全に下山する方法のひとつに 
滅入った時には 先ず自分の過去を回想して見る。
回想しているうちに 大事な部分が掴めてくる、それを咀嚼する、思い出をゆっくり回想することは高齢期の仕事であって、過去の宝の山に思いを巡らせて 心を豊かに
しましょう。 
と結ばれました。

約束の講演時間は寸分違わずぴったり1時間30分 
     
流石!です。

|

« グランシップサポーターの記録写真展 | トップページ | 初冬のアカオ ハーブ&ローズガーデン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
いい講演に行かれましたね。
実は私も友人に誘われましたが、どうしても都合がつかず、
行くことができませんでした。
五木さんの古寺巡礼などを読んで、すっかり五木ファンの私です。
そして、その生き方を尊敬しています。
私も本当に拝聴したかったです。
私だって人生を下山中です。
でも、ゆっくりと安全に下山する方法をしっかりと身につけたいとおもいます。
ぽちさん、いいお話をありがとうございました。

投稿: ひろ | 2017年12月11日 (月) 07時27分

♪ ひろさん
 80歳を過ぎてから余生の生き方を模索しては もう遅いのです。
いまさら あたふたしても仕方がありませんから、健康を充分考慮しながら 今やるべき楽しみごとをコツコツ実践しては、自分を激励するしか無い 独り居の私です。

 五木さんの講演で、何も難しく考えるのではなく 過ぎし日の事を肯定的に回想して楽しみ 客観的に笑って過ごす事が良いと仰っていました。
何はともあれ、健康第一ですね。

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年12月11日 (月) 13時27分

ぽちさんへ
 私も講演会を聞きに行きました
 ぽちさんのブログを読ませていただいて
 もう一度五木寛之氏の講演を聞いているような
 感じがいたします。幅広く楽しく解りやすく心に残る
 一時でした。 ぽちさんのブログのおかげです
 有難う御座いました

投稿: nacr | 2017年12月14日 (木) 08時27分

♪ nacrさん
 五木寛之さんの講演 拝聴できて本当に良かったと思います。
私のような高齢は勿論のこと お若い方にも超高齢の生き方の指針を示され、お一人でも多くの方に知っていただきたい一心で 拙文ながらブログに掲載しました。

 私としては すでに 時遅しですが、何とか明るい気持ちで余生を過ごしたいと思っています。
これからもお付き合いをよろしくね。

投稿: nacrさんへ ぽちより | 2017年12月14日 (木) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/66077948

この記事へのトラックバック一覧です: 五木寛之さんの講演に臨んで:

« グランシップサポーターの記録写真展 | トップページ | 初冬のアカオ ハーブ&ローズガーデン »