« 箱根ガラスの森美術館庭園散策 | トップページ | 箱根元宮参詣 »

ヴェネチアン・グラス二千年の旅展

 箱根ガラスの森美術館 ガラスのオブジェが飾られキラキラと光を放つ庭園散策のあとは、2017年4月29日~11月26日開催中の
Cimg0430

 古代ガラスの源流に見るロマン溢れるヴェネチアン・グラス二千年の旅展の鑑賞です。

 今から約二千年前古代ローマ帝国時代にガラスの製法が急激に発展しましたが ローマ帝国衰退の後は 水の都ヴェネチアのガラス職人たちの情熱と高度な技術で復活を遂げたと言われます。
Cimg0428


 創意工夫を施し、繊細で華麗な作品の数々は、ガラスでここまで出来るとは! 
  目を見張るばかりです。

Cimg0448


 ここはヨーロッパかしら?と思わせる瀟洒な館内は 幾部屋もの展示室が入り組み その天井画に至るまでが西欧芸術を思わせるのです。

古代ガラスの源流に見るロマン
Cimg0476

アッ! 触らないで~!  
いまにも折れてしまいそうな繊細さ!

Cimg0472

 「ガラスは文明のバロメーター」と云われるように、壊れやすい繊細なガラスを扱うには 心のゆとりがなければ洗練された文明は生まれないと、先にここを訪問された 古代ローマを精通されている漫画家ヤマザキマリさんはおっしゃっております。

 ロマン溢れる繊細華麗なヴェネチアン・グラスの撮影を許されて 撮影した十数点のスライドショーをご楽しみいただきたいと思います。

ほんの一部ですがご案内しましょう。

 流れるBGMはパッヘルベルのカノンです。
  ごゆっくりご鑑賞ください。

|

« 箱根ガラスの森美術館庭園散策 | トップページ | 箱根元宮参詣 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
ヴェネチアン・グラス二千年の旅展、素晴らしい!!
二千年も前にガラスが創られたなんてすごいですね。
ガラスは宝石のような輝きを持ちながらも、壊れやすいから、
心にゆとりがなければ決して創れないものですね。
居ながらにして素晴らしいスライドショーを見せていただきありがとうございました。
夢の世界にいるようでした。

投稿: ひろ | 2017年10月22日 (日) 14時25分

ぽちさん
素晴らしいヴェネチアングラスの2千年の旅展を
見せて頂きました。
私は、2年前イタリアを旅して、ヴェネチアへも立ち寄りました。
いろんな製品を見ましたが、古代ローマ帝国時代の製品を
見ることは出来ませんでした。
なので、スライドショーは、もう一度ヴェネチアへ
行ったような気分になりました。
BGMもピッタリ合っていて、酔いしれました。
やはり、ローマ帝国時代のヨーロッパの文化はスゴイですね。
いい物を見せて頂きました。有難うございました。

投稿: みず | 2017年10月22日 (日) 16時14分

ヴェネチアングラス展 こんな素敵なガラス展
が近くにあることに驚いています この繊細さ
美しく あやうく 優雅で今にも ... ヨーロッパの
芸術の素晴らしさを見せて頂きました 

投稿: Nacl | 2017年10月22日 (日) 19時59分

♪ ひろさん
 今回の日帰りバス旅は、箱根ガラスの森美術館のお庭散策だけでも満足でした。
こんな素晴らしベネチアン・グラスの数々の作品を鑑賞出来て幸せでした。
繊細なガラス作品は、ヤマザキマリさんがおっしゃる通り、心にゆとりがなければ出来ません。その上 平和でなければね。

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年10月23日 (月) 16時11分

♪ みずさん
 ヨーロッパの歴史の奥深さは本当に素晴らしいですね。
まだまだヨーロッパへの旅 憧れは尽きませんが、この歳になるともう叶いません。
今回は旅すがら 願ってもない「ベネチアン・グラス2000年」の歴史に触れられて幸運でした。
今回のBGMも我ながら上出来だったと自負しています。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2017年10月23日 (月) 16時20分

♪ Nacl さん
 今回のベネチアン・グラスのスライドショーでは、出品作品のほんの一部でしたが、箱根ガラスの森美術館の思い入れが お伝え出来たと思います。
芸術の秋の旅だからこそ、その趣も一層感慨深いものでした。
ヨーロッパの芸術に憧れて止みません。

投稿: Nacl さんへ ぽちより | 2017年10月23日 (月) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65886419

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネチアン・グラス二千年の旅展:

« 箱根ガラスの森美術館庭園散策 | トップページ | 箱根元宮参詣 »