« 超ドSフェスタしずおかへ  | トップページ | 9月6日 »

十団子

 JR静岡駅北口バス乗り場、国道藤枝線 四十分ほどで「宇津ノ谷入り口」(以前 明治トンネル撮影の時にも下車しました)バス停に到着します。
Photo

 国道1号線の大動脈に横たわる長い歩道
橋を渡リ 山ふところへ向かって数分も歩けば、この時季にはカナカナカナ~とひぐらし蝉の谺に涼気を覚えます。 
Photo_7

この先には旧東海道峠登り口のある宇津ノ谷集落があります。
Cimg1469


静岡市駿河区宇津ノ谷集落には、知る人ぞ知る 秀吉から「羽織」
Photo_3 
(上画像はネットよりお借りしました)


を拝領された「お羽織屋」など十数件の古い家並みの中ほどの
Cimg1529_2

路地を入り 
朱色の欄干の橋を渡ると「十団子(とうだんご)」で知られる曹洞宗 慶龍寺があります。
Cimg1541_2

  弘法大師の作と言われる延命地蔵尊、十一面観音菩薩がご本尊として祀られ、毎年八月二十三・二十四日には縁日で賑わいます。
慶龍寺境内にでんと腰を据えた苔むした石碑をよく見ると

Photo_5
 「十団子も小粒になりぬ秋の風」 有名な森川許六の句碑です。
Cimg1459

 秋風吹く旅すがら 
軒先に魔除けとして吊るされている「十団子」をみて ただでさえ小さいのに冷たい秋風が吹いて一層小粒になったと許六が詠み 芭蕉も絶賛した句と言われます。

 「十団子」を知らない方がたは、みたらし団子か三色団子か?はたまた? 想像をめぐらしているとか。

 * 慶龍寺縁日で売られている「十団子(とうだんご)」の由来は

 昔、宇津ノ谷峠に旅人を喰う鬼が現れ、在原業平の祈願に依り、地蔵菩薩が旅僧に姿を変えて、鬼と対決しました。
旅僧が、人間に化けた鬼に「正体を現せ!」と云うと 大鬼に変身したので、「小さくなれるか!」と云うと鬼は小さな玉となって、旅僧の掌に乗りました。旅僧は持っていた杖でその玉を十粒に砕いて飲み込みました。
それ以来鬼の災いが無くなり、道中守護の為に「十団子」が作られるようになったと言われます。
Photo
 白い餅を直径五ミリほどに丸め 十粒ずつ幾重にも数珠つなぎした魔除けの「十団子」は 昔は保存食でもあったそうですが、今では魔除けとして軒に吊り下げるのです。

|

« 超ドSフェスタしずおかへ  | トップページ | 9月6日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
私は近くなのに宇津ノ谷界隈は歩いたことがないのです。
「お羽織屋」も見てみたいと思いながらまだ行ったことがありません。
「十団子」のお話、よくわかりました。
実は、あん団子やみつ団子のような美味しい団子が10個入っ
ているものだと想像していました。
厄除けなんですね。
でも、災害時には茹でて食べることもできそうですね。
一度見に行ってみようと思います。

投稿: ひろ | 2017年9月 3日 (日) 09時52分

ぽちさん

「十団子」のお話は、ステキですね。
厄除けと言っても、ひろさんも言われるように茹でれば
美味しいお団子になりそうですね。
私も宇津ノ谷へは行ったことがないのです。
縁日の毎月23日と24日に出かければ、楽しそうですね。
集落をあげて、歴史秘話を語り継ぎ、待っているところが
素晴らしいです。

投稿: みず | 2017年9月 3日 (日) 14時48分

♪ ひろさん
 車を持たない 高齢の私にとってバスを降りて、歩道橋を渡るところから散策にちょうど良い雰囲気となります。
集落を抜けて昔の東海道宇津ノ谷峠超え入り口や、あの明治トンネルも見ることもできます。
どちらも岡部へ抜けることが出来ますが、婆一人では怖くて叶いません (。>0<。)
集落は昼間でも実に静かですが、8月23・24日は賑やかですよ。 
 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2017年9月 4日 (月) 09時39分

♪ みずさん
 宇津ノ谷峠に向かう集落は家毎に屋号の看板がレトロで ここだけがタイムスリップして実に長閑な佇まいです。

「お羽織屋」を筆頭に、伊勢から来た旅籠屋の「伊勢屋」 米挽きだった「車屋」 清水がこんこんと湧く「清水屋」 初代の主の名 長兵衛さんと妻の金さんの中睦まじさが屋号の「長兵衛金」などなど実に興味深い集落です。
8月の23・24日の縁日はきっと賑わうと思います。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2017年9月 4日 (月) 09時56分

ぽちさんへ
 
十団子の御伽草子 面白いですね 昔むかし このお話聞いたことが有ります

ぽちさんが載せてから数日後同じ場所のテレビ見ました
流石ぽちさん狙いどころがー  では又  楽しませて頂きます

投稿: nacl | 2017年9月 6日 (水) 10時47分

♪ nacl さん
 そうそう私も子供の頃 父から聞いたことがありました。

 「ふなやまのごろざえもん」の昔ばなしなど、ちょっと怖かったけれど懐かしいですね。

 芭蕉のお弟子 森川許六が「十団子」の句を詠み、芭蕉も絶賛した俳句とは 静岡市民としても嬉しいですね。

投稿: nacl さんへ ぽちより | 2017年9月 6日 (水) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65724621

この記事へのトラックバック一覧です: 十団子:

« 超ドSフェスタしずおかへ  | トップページ | 9月6日 »