« 十団子 | トップページ | 日本平山頂より初秋の富士 »

9月6日

 9月に入ると我が家のBGMは、パヴァロッティの歌声が流れます。

 9月6日はパヴァロッティの命日です。
Photo

 2006年2月10日 イタリアのトリノで開催された冬季オリンピックで氷上の舞姫 荒川静香さんが奇遇にもあの曲で金メダルに輝いたたことは、今でも鮮明に思い出されます。

あの日 トレードマークの白いハンカチを手に歌うバヴァロッティ
Img_2824jpg1


 開会式のフィナーレを飾った世界三大テノールの一人 ルチアーノ・パヴァロッティが黒いマントで歌ったプッチーニのオペラ 「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を 膵臓がんに侵された身体でありながら 悲壮な決意での熱唱は 強烈な印象として私の心に脳裏に強烈に焼き付いております。
これが パヴァロッティ人生最後の大ステージだったとは思いもしませんでした。

 毎年9月の声を聞くと TVのあの感動の映像もさめやらぬ翌年2007年9月6日のニュースで知ったパヴァロッティーの訃報に、驚きと言い知れぬ悲しみが昨日の事のように甦ってまいります。

you bube で故郷モデナでの国葬クラスとも云われる テノールの巨匠を弔う イタリア国旗3色の飛行雲のアクロバット国軍機編隊飛行の大空に轟く爆音。
 
パヴァロッティの功績への賛辞と モデナ市民の深い悲しみの映像は、涙なしでは見られない感慨深いものでした。

 世紀のテノールの巨匠とは言え、ステージではタキシード姿で手にする白いハンカチは 余りにも有名なトレードマークですが、その上ズボンのポケットに「おまじない」として折れ釘を忍ばせて歌うとか、
2_2
 体型を隠す為に
華やかなエルメスの大判スカーフがお気に入りだとか、
Photoa_2
 1990年7月ローマのカラカラ浴場遺跡での三大テノールに依る世紀の大共演でのアンコール 「オ・ソレ・ミーオ」の大袈裟なビブラートを効かせて おどけた歌いっぷりなど 枚挙に暇もない俗人と変わりない茶目っ気ぶりに親近感を覚えます

「キング・オブ・ハイC」と神様に祝福された声と評された二十世紀の最も美しいテノール歌手 クラシック音楽界のスーパースターは遠い異国の しかも今はこの世の人ではありませんが、伸びやかに歌うカンツォーネを聴く度に私の心は和らぐのです。
  白露に消えた永遠のアイドルです。

|

« 十団子 | トップページ | 日本平山頂より初秋の富士 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
そうでしたね~
パヴァロッティさんが亡くなってもう、10年と言うことですね。
早いものですね。
私も、あの荒川静香さんがご自身のフィギアに「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を選曲してくれたおかげで、この曲を知ることになりました。今もメディアで聴くたびに、その崇高さに心打たれております。
心静かに彼の冥福を祈りたいと思います。

投稿: みず | 2017年9月10日 (日) 15時48分

ぽちさん、おはようございます~
ぽちさんはパヴァロッティの大ファンでしたね。
ファンと言うよりは崇拝者ですよね。
パヴァロッティの歌声が響くお家ですよね。
そういうぽちさんの純真さを尊敬しています。
亡くなってもう10年もたつのですね。
パヴァロッティの歌に酔いしれているぽちさんは乙女のようですね。

投稿: ひろ | 2017年9月11日 (月) 07時22分

♪ みずさん
 パヴァロッティにのめり込んでいた時代でしたから
金メダルを射止めた荒川静香さんのフィギュアスケートと同じ曲目だったことが何より強烈な印象でした。
でも、心身ともに大変なパヴァロッティを正視することができませんでした。
この10年間9月はパヴァロッティ三昧です。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2017年9月11日 (月) 09時32分

♪ ひろさん
パヴァロッティの歌声は私にとって、心のビタミン剤です。
後期高齢独居暮らしの私には欠かせません。
そうです。 ファンというよりも絶対崇拝しております。
10年の時の流れの速さに驚いております。
今こうしてコメントしている最中にも彼のカンツオーネが流れていますよnotes

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2017年9月11日 (月) 09時42分


ぽちさんへ

  ぽちさんの崇拝者 

 パバロッテイの白いハンカチを持った写真を見て
あの素晴らしい声(音楽)が聞こえてきます
世界の人々を陶酔させているのだと思います
生年月日等々ぽちさん 凄い 世界のパバロッティ 今も人々の心中にー 
の中に

投稿: naci | 2017年9月14日 (木) 10時25分

♪ naci さん
 神様から祝福された世紀のテノール歌手。
パヴァロッティが亡くなって早や10年が経っていしまったとは思へないほど、毎日CD,DVDに癒やされているdog です。
 
 音楽は心のビタミン剤と言われますが、崇拝者の歌声を聴いている時間だけは自分の年令を偽り、聞き惚れてしまいます。

投稿: naci さんへ ぽちより | 2017年9月14日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65732597

この記事へのトラックバック一覧です: 9月6日:

« 十団子 | トップページ | 日本平山頂より初秋の富士 »