« 蓮華寺池公園の蓮の花 | トップページ | 十団子 »

超ドSフェスタしずおかへ 

えっ?  超ドSって?   ドSってどう言う意味? 
首をひねったのは私だけなのでしょうか?

超はより優れた、ドは強めの助詞、Sは静岡県人と、勝手に解釈してみました。
強烈な
表現ですねぇ! 
しずおかを元気づける夏まつりらしい。
 ド高齢者の私は参加できるのでしょうか? 
とにかく行ってみましょう。

Cimg0309

 沖縄が返還された1972年に「ふるさと再生発見」を謳って 1999年まで28回を重ねた「フェスタ静岡」が閉幕され 18年ぶりに静岡市で復活する夏祭りイベントが 2017年8月18日から3日間 静岡市葵区の駿府城公園で開催されたのが 「超ドSフェスタしずおか」です。

 あれから18年も経っていたなんて! 
    月日の経つのは早いものです!
 あの「フェスタ静岡」(静岡新聞社・静岡放送主催、静岡市特別後援)が より魅力的に 日頃おとなしい静岡県民に 「もっと動こう! もっと楽しもう! しずおか人よ!」と ド活を入れての再開です。

ひゃ~! やっぱり子供連れや、若い人ばかり~!
Cimg0310_2

 30度を超す蒸し暑い駿府城公園内では

野外ライブを繰り広げる「ミュージック」、駿府城への理解を深める「カルチャー」、カレーの名店が出店する「フード」の3部門を中心に色々な企画が展開された3日間でした。
 

、、でした。と言っても主な催しを覗けば、人気歌手や若手アーティストに依る歌謡ショーなど 野外音楽ステージが繰り広げられたり、若者に人気のカレーのワールドカップ人気投票など 熱気ムンムン大混雑の園内では高齢の私など立ち入る場はないようです。
ところが、

有りました有りました。舟で楽しむ駿府城です。
身長100センチ以上なら もちろん無料の整理券での乗舟です。

遠い昔の懐かしい中堀の風景が蘇っています。
50年前の高度成長期先駆けの風景が蘇っているのです。
Cimg0304

 巽櫓(たつみやぐら)と坤櫓(ひつじさるやぐら)を結ぶ 乗り合い和舟(葵舟)や 50年ぶりに復活の手漕ぎボート(葵ボートの)が ゆらりゆらりと中堀にお目見えするということですが、私は乗舟よりも撮影を楽しんで参りました。
Cimg0302
 東御門橋の元の乗舟場は、すでに長蛇の列です。
Cimg0316

 中堀を観光資源として生かそうと活動する市民グループ「駿府城中堀めぐり舟実行委員会」が中心となり、事業を進めています。

Img_2803
和船 「葵舟」は身長100センチ以上 定員6名
道行く人は珍しそうに涼し気な舟遊びを眺めております。

ゆら~りゆらりと、30分の遊覧を楽しんだ乗舟者は静岡の街を そして石垣に見る歴史に 新たな発見があったでしょか?

1917年に製造された歴史ある舟(葵舟)は、東御門橋を起点に巽櫓(たつみやぐら)から坤櫓(ひつじさるやぐら)までの中堀を約30分の景色を楽しむのです。
Cimg0321_4

 例え撮影だけでも 蒸し暑さも忘れて こんな粋なフェスタに 高齢の私も参加できたのです。
3日間で述べ20万人が楽しみ まつりは大成功だったそうです。

 「超ドS」のスローガンはこれでおわらせてはなりません。
願わくは
これを機会に「葵舟で中堀遊覧」観光企画を。

|

« 蓮華寺池公園の蓮の花 | トップページ | 十団子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん

さすが、ぽちさん、行ってきましたね~
私も、「超ドS」ってどんな意味なんだろうって、
ずっと思ってました。自分なりの解釈でいいんですね!

私も、結婚前は葵区に住んでいましたから、何度か
フェスタの会場には行ったことがありました。
だから、18年振りに復活と聞いて、懐かしく思っておりました。
あいにく、会場に足を運ぶことは出来ませんでしたが
テレビで取り上げられていたイベントは、結構チェックして
見ていました。

私も興味があったのは、やはり「駿府城中堀めぐり舟」でした。
ぽちさんの写真からみると、何と、のどかでゆったりとした
船は最高ですね。この整理券をゲットした人たちは
ラッキーでしたね。

今後、テレビで当日の模様をやると言う事なので、楽しみに
しています。ステキな写真を有難うございました。

投稿: みず | 2017年8月27日 (日) 13時25分

♪ みずさん
 カンカン照りの公園内のフェスタ会場の熱気は、ものすごかったのです。
若い人たちに静岡を盛り上げて戴くためにも、今回の「超ドS」のスローガンの意味も納得ですね。
いや~ 本当に暑かったです。、、が、
中堀の葵舟遊覧は実によかったです。
撮影していてもなんとなく涼気を感じました。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2017年8月28日 (月) 10時15分

ぽちさん、こんばんは~
フェスタシズオカの復活はうれしいものでしたね。
でも、あの暑さの中を行くことができませんでした。
お堀の船には載りたいと思っていたのですが...
静岡人はお祭り上手ではないですよね。
みんなでもっと楽しめばいいのにねえ。

「葵舟で中堀遊覧」観光企画を。
私も同感です。

投稿: ひろ | 2017年8月28日 (月) 19時37分

♪ ひろさん
 あの日はギンギラギンのうんざりするほどの蒸し暑い日でした。 あまりの暑さに 行こうか?どうしようか?と悩みました。
公園内は熱気ムンムンで目眩を覚えました。
目的が「葵舟」でしたので、良い写真が撮れて満足でした。

 島根県松江市、岡山県倉敷市でも 和舟で堀遊覧を楽しんだ事がありました。 
観光客には大受けでしたよ。
折角街の中心地にある観光名所ですもの、この企画を一刻も早く実現してほしいものですね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2017年8月29日 (火) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65692493

この記事へのトラックバック一覧です: 超ドSフェスタしずおかへ :

« 蓮華寺池公園の蓮の花 | トップページ | 十団子 »