« カルチャー同好会「落語お披露目」 | トップページ | 花パークフィオーレ小淵沢のカサブランカ »

石和温泉と桃の旅

 今年三月 甲斐路石和温泉の旅で花桃の里を訪れた私たちは 余りの見事さに桃が熟れる頃には必ずまた来ましょうねと 同じメンバーで七月二十四日から二泊三日にかけて 甲州街道は石和温泉と桃の里を再び訪れました。

 甲府までの身延線三時間あまりの車中、お定まりのオシャベリをしながら、私
「実は六月に楽しんだサクランボ農園の芳果園さんから 昨日恵送された桃が もぎたて新鮮で 殊の外美味しかったの!」と 話したその時、「親戚縁者友人には そんな桃を送りたかったの~!」と誰もが認める富裕層の〇子さんの真剣な口ぶりです。
即 先方さまのご意向も聞かぬまま満場一致で急遽「芳果園」さんに変更して翌日訪れることにしました。 

「芳果園」さんへは、六月のさくらんぼ狩りに 観光バスで訪れたものの、行先道程は皆目知らぬ存ぜぬ プライベートの高齢の身、 さて? 無事に辿り着くことができるのかしら?
あれこれ思案の挙句 ホテルのフロントで調べていただくことに致しました。

 武田信玄ゆかりの山梨甲斐路に「美肌の湯」と謳われる 甲府盆地のほぼ中央にある石和温泉は、五十年余り前のある日、ぶどう畑から忽然と湧き出た湯が、近くの川に流れ出し 自然に出来た「青空溫泉」から始まったそうです。
Img_2741

宿は、ワイン風呂や美肌溫泉と 伝統を誇るシェフ自慢の食事もさることながら、
Img_2739

四阿でくつろぐ足湯や  四季を彩る自然豊かな広い日本庭園も自慢です。
夜は 私達の泊まる ホテル最上階七階の窓から「笛吹川花火大会」の花火も居ながらにして楽しめたのも偶然でした。

 桃園訪問は 当初の笛吹市から南アルプス市へと突如変更となった「芳果園」さんの所在は、ホテルフロントさんに調べて頂き、先方さまへ突然の連絡をとって翌朝 中央線石和温泉駅10時17分発 小淵沢行きで10時29分竜王駅に着きました。
 厚かましくも お迎えいただいた車で走ること20分。

甲府盆地大平野にさしかかると 桃の香りがしてきました。
Cimg0234_2

 見渡す限り驚くほど広大な桃園に着きました。
Cimg0141_2

六月のさくらんぼ狩りに訪れた時に撮影した隣接のぶどう棚の青ぶどうも 今は袋の中で順調に育っています。

Img_2647

 小野家初代が戦国時代にこの地を開拓され 当初は綿花の栽培から始められ サクランボ、桃、葡萄を育て 地元でも由緒ある18代目の「芳果園」として 
未来へ継承するご繁栄ぶりが窺えます。
Cimg0233_2
 
 その名の通り芳しい香りが桃畑一帯に微かに漂い 程よく熟れ輝く大きな桃たちが私達を迎えてくれました。
日照時間が全国一永く 水はけも良く 果物の生育に適した土壌に恵まれた南アルプス市は正にフルーツ王国です。

 突然の訪問にもかかわらず 園主の小野さんは ご多忙の中 これが○種、これが何種と次々差し出される試食は 軟らかく滴る果汁の甘さもさることながら、もぎ取ったばかりの硬めな桃は 皮も剥かずにコリコリと 地元流に香りと共に戴く甘い食感もたまらない!

 親戚縁者、友人知人への発送を依頼し 受け取ってくださる先方さまの笑顔を想像しながら 私たちは至福の一時を満喫したのでした。

 「芳果園」小野さんご夫妻 遠路の送迎 お土産まで頂き心温まるおもてなしありがとうございました。

 

|

« カルチャー同好会「落語お披露目」 | トップページ | 花パークフィオーレ小淵沢のカサブランカ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
今回も、ステキな旅でしたね~
個人の旅ならではの、「行く先途中変更」も無事に済み
頭の体操やら身体の体操になったのではないかしら?

石和温泉では「ワイン風呂」にも入られたんですね~
以前、テレビでレスリングの吉田沙保里さんがこのお風呂に
入ったのを見たことがありますよ。最高ですね!

「芳果園」さんの桃は本当に立派ですね!
スーパーでも、桃を見かけますが、こんなに立派な桃は
あまり、見かけません。ひっくり返して見定めるわけにも
いかず、いつもただ、見るだけです。それにお高いし。。。
この色形では間違いないし、よだれが出てしまいます。
山梨県は本当に果物の栽培に適しているんですね。

いい情報を有難うございました。

投稿: みず | 2017年8月 6日 (日) 14時57分

ぽちさん、おはようございます~
いいお仲間とのステキな旅でしたね。
ツアー旅ならバスに乗っていれば目的地まで連れて行って
くれるけれど、個人旅ではそうはいきませんね。
みなさん頭の回転がよろしい方ですが、そのリーダーさんがぽちさんですね。
見事な桃の花を見たら、立派な桃の実を見たいですよね。
私は、たわわに実ったみかんは見ていますが、こんな立派な桃の実がぶら下がっている所は見たことがありません。
温泉、花火、お料理、すべてを堪能された旅でしたね。
元気でないと楽しい旅はできません。
今年の夏も猛暑続きですから、どうぞご自愛くださいね。

投稿: ひろ | 2017年8月 7日 (月) 09時07分

♪ みずさん
 この歳になると、明日の命のこともわかりませんので、旅を楽しむ事が出来る健康が有り難いのです。
気の合う同志の旅の計画など、認知症予防になるのかもしれません。 o(*^▽^*)o

 今回初めて桃農家さん直々もぎたての桃の本当の美味を味わいました。(この歳で、、)
 幸せです。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2017年8月 7日 (月) 16時41分

♪ ひろさん
 観光バスツアーで何もかも おまかせで旅を楽しむことは高齢者にとっては有り難いことですが、インターネットで調べたリ みどりの窓口でチケットを買うことから 知らない土地の鉄道状況に翻弄されながらの旅も緊張感があって、時には必要かもしれません。
 ボケてはいられませんし、他人様に迷惑をかけてもいけないと肝に命じます。

 この年になって桃畑の桃に接したのは初めての嬉しい体験でした。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2017年8月 7日 (月) 16時57分

旅の途中で行先を変更して・・・ってすごい行動力です!!
さすがは旅慣れたぽちさま。

お写真の桃が本当に綺麗で美味しそうですね!

投稿: 椿 | 2017年8月 9日 (水) 10時05分

♪ 椿さま
  「ここは日本、日本語が通じるではないか! わからないことは信頼できるユニフォームの人に聞けばいい」
などと、厚かましい態度ですからいけませんね。

とは云うものの、今回は周りの方が皆さん善良な方ばかりでしたから 要求が貫徹したのです。

 後期高齢ですから 怪我をしないうちに慎まないといけませんね。 (;´д`)トホホ…

おっしゃる通り素晴らしい桃でしたよ。
特にもぎたての硬め桃の食感といい、瑞々しい甘さは絶品でした。

投稿: 椿さんへ ぽちより | 2017年8月 9日 (水) 20時13分

ぽちさま、突然のコメント失礼いたします。
とっても素敵なブログで、私も時間を作って旅に出かけたくなってしまいます♪

さて、実は数年前に長野県内の旅館でお会いしているものなのですが、Youtubeにご掲載されている動画に関してご相談があり、数か月前よりYoutubeで数回メッセージを送らせて頂いております。ご確認を頂けていないようなのですが、他に連絡を取る手段がなく、こちらへの書き込みになってしまい申し訳ございません・・・。
大変恐れ入りますが、お手すきの際にご確認を頂けますとありがたい限りでございますm(__)m
また、何かございましたらこのコメントに併せてお送りしておりますメールアドレスにご連絡をいただけますと幸いですm(__)m
ご面倒をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: ゆー | 2017年8月13日 (日) 08時15分

♪ ゆーさま
 数年前の長野県のspa温泉旅館でお目にかかった方ですから記憶にございますよ。
たった今、ゆーさま宛にメールさせて戴いたところです。
「年寄りの冷や水」での動画撮りでしたね。 (;´д`)トホホ…
貴重なコメントありがとうございました。

投稿: ゆーさんへ ぽちより | 2017年8月13日 (日) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65590907

この記事へのトラックバック一覧です: 石和温泉と桃の旅:

« カルチャー同好会「落語お披露目」 | トップページ | 花パークフィオーレ小淵沢のカサブランカ »