« 山のホテル庭園散策 | トップページ | iPhoneでパノラマ撮影 »

秩父宮記念公園へ

静岡県御殿場市にある「秩父宮記念公園」は
Cimg9511
 「日本歴史公園100選」 「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選ばれた皇室ゆかりの公園です。

Cimg9514a1
園内に一歩足を踏み入れると、いきなり鬱蒼と茂るヒノキ林の木漏れ日に咲くシャガの群生に迎えられ五月の爽やかさを覚えます。
Cimg9583a1
 碁盤の目のように整然と立ち並ぶヒノキ林は実に壮観です。
Cimg9547a1
 「秩父宮記念公園」は 昭和16年8月から約10年間 昭和天皇の弟君 秩父宮両殿下が実際にお住まいになられた別邸を、勢津子妃殿下が平成7年8月に亡くなられた際のご遺言により、御殿場市に遺贈され、園内を整備し平成15年4月に開園されました。

 緊張感をほぐしてくれる花壇
Cimg9578a1
しだれ桜の後、庭園中央辺りを彩る花蘇芳(はなずおう)
Cimg9576a1
18000坪(東京ドーム1,5倍)標高500メートルの庭園は、両殿下が愛された山野草をはじめ四季の花が楽しめるということで、「山のホテル」庭園のつつじ鑑賞の後訪れました。
Cimg95111
ロックガーデンには 富士山や箱根地方の山野草の絶滅を怖れて植えられた200種以上の山野草が生育されています。

Cimg9526a1
 森のエントランスからロックガーデンへの庭内には 当時放し飼いにされた家畜たちに餌の時間を伝える鐘や、
Cimg9524a1_2
 秩父宮様はじめ、多くの皇族方が陶芸を楽しまれた「三峰窯」、
Cimg9569a1
 御殿場市指定文化財となった 亨保8年(1723年)築280年の茅葺きの母屋は昔を今に物語っております。
Cimg9535_2
 記念館では秩父宮家の遺贈されたゆかりの品々や当時のお住いの様子が拝見できました。
Cimg9560a1
 何より印象深く拝見できたのが昭和天皇から贈られた登山姿の秩父宮殿下の銅像です。
Cimg9563a1
 彫刻家の朝倉文夫氏作のこの銅像は 富士山に向けて設置されていました。
 在りし日の秩父宮様を偲ぶにふさわしい傑作です。

|

« 山のホテル庭園散策 | トップページ | iPhoneでパノラマ撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
こんにちわ!

ステキなお庭ですね~
私も、もう10年以上前になりますが、訪れたことがあります。
その時は、ロックガーデンやヒノキ林の方まで、足を延ばす
事はなかったので、今日、ぽちさんのブログで、いろんなことを
知りました。

母屋では確か、勢津子妃のドレスなども展示されていたのを
記憶しております。
皇室の方たちの生活を、庶民の私たちが見られることを
とても、いいことだなぁと思いました。

素晴らしい数々の写真を見せて頂き、有難うございました。

投稿: みず | 2017年5月28日 (日) 09時40分

♪ みずさん
 5月6日 霧深くまだ二部咲き程度の山のホテルのつつじ鑑賞に いささかがっかりした後は、霧も晴れ「秩父宮記念公園」をゆっくり拝見できて 旅の良い記念となりました。

のどかな家畜たちへの鐘の音を空想したり、陶芸を楽しまれる三峰窯、折々に咲く花など、素敵な環境ですね。

投稿: みずさんへぽちより | 2017年5月28日 (日) 17時19分

ぽちさん、おはようございます~
秩父宮記念公園には何度か行ったことがあります。
本当によく手入れが行き届いた素晴らしい公園ですね。
入ってすぐのヒノキの林を見ると、背筋がシャンとするようですね。
桜の時期は大変な混みようですが、ここはいつ行っても心を和ませてくれる場所ですね。
私も登山姿の秩父宮殿下の銅像が印象に残っています。
また行ってみたいと思っています。

投稿: ひろ | 2017年5月29日 (月) 09時47分

♪ ひろさん
 築280年の茅葺きの母屋 かたわらの 樹齢130余年の「しだれ桜」は既に葉桜でした。
 満開のしだれ桜と 茅葺きの母屋の 純日本的光景をぜひ拝見したいと思います。

その代わりに満開の「花蘇芳」が、周囲の若緑と相まって 庭園を彩っておりました。

 宮様の登山姿の銅像は印象深いですね。

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年5月29日 (月) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65313558

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父宮記念公園へ:

« 山のホテル庭園散策 | トップページ | iPhoneでパノラマ撮影 »