« 熊野(ゆや)の長藤 | トップページ | 山のホテル庭園散策 »

なんじゃもんじゃ

静岡市葵区 城北公園の「なんじゃもんじゃ」が今年も見事に咲きました。

 昨年の開花は予想以上に早く 4月23日にはほぼ満開でした。
今年のきまぐれ気象には、花の開花予想に大変苦慮しています。

Cimg9401a11
 7年前の2010年 城北公園の「なんじゃもんじゃ」友の会々長の今は亡き河合代悟さんから戴いた樹高50センチほどの鉢植えのなんじゃもんじゃが 4月29日にチラリと咲きました。 
 我が家のチラリと咲いたのを見届けて いそいそと城北公園へ向かうのが習わしとなりました。

Page
4月29日、バスを乗り継ぎして公園へ向かいました。
藤もなんじゃもんじゃも やっと咲き始めたばかりです。

 待ちかねたように 咲き始めたばかりのなんじゃもんじゃの木陰では ブルーシートを広げ 楽しげな集いが始っておりました。
Img_2259a1
 公園近くの自治会有志の皆さんの明るい歌声と笑顔です。
Img_22602a1
多くの若人が献血に率先する貴い姿にも接することが出来ました。

 5月2日は皐月日和に恵まれ 気を取り直して再度城北公園へ行って参りました。
Cimg94291a11
 花時計を囲むように今年も見事に なんじゃもんじゃが咲き揃いました!  
昨年より1週間から10日遅れの満開です。
30年前に植えられた86本のなんじゃもんじゃも 最近増植されて 今年は90本余りが ふんわり真綿のように咲き競っています。

Cimg9426
木々の間のプロムナードをゆったり散策すれば、葉陰から かすかに芳香を放ち至福の刻をいただくのです。
Cimg9432
緑射す若葉と雪のような花は 真っ青な五月の空に映えて 静岡市民の憩いの場所となっているのです。
Cimg9411a1
 花時計の前に佇むと遠くに残雪の富士山も望む事も出来ました。
城北公園の「なんじゃもんじゃ」は 静岡市民の誇りです。

|

« 熊野(ゆや)の長藤 | トップページ | 山のホテル庭園散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
今年も「なんじゃもんじゃ」が咲きましたね。
遠くから見れば、真綿の塊又は小手毬の花のようにも
見えますが、一つ一つの花を見れば、細長くて、すっきり
していますね。だから、名前の由来のように「これはなんじゃ」
と言うことになったのでしょうか?

ぽちさんが仰るように、静岡市民の誇りですね。
時々、各地の「なんじゃもんじゃ」をテレビで中継することが
ありますが、私は城北公園の「なんじゃもんじゃ」が一番だと
思います。

投稿: みず | 2017年5月14日 (日) 17時21分

ぽちさん、おはようございます~
今年は花の開花が大幅に遅れましたね。
私もナンジャモンジャをいつかいつかと待っていました。
でも、うまい具合に行くことができなかったです。
ここでゆっくりと鑑賞させていただきました。
本当にあのナンジャモンジャは素晴らしいですね。
あの立派な公園とナンジャモンジャとそこに集う人たちの和やかのこと!!!
私もここのナンジャモンジャが一番だと思います。

投稿: ひろ | 2017年5月15日 (月) 07時29分

♪ みずさん
 黄門様が、「この木はなんじゃ?」と村人に訪ねましたが、村人は聞き取れず「なんじゃもんじゃ?」と問い直した処 黄門様は「なんじゃもんじゃか」と云われたのが この木の名前の由来となったそうです。o(*^▽^*)o

 最近TVであちこちの「なんじゃもんじゃ」が紹介されていますが、仰る通り城北公園の配置の良い群生は珍しく一番美しいと私も思います。

投稿: みずさんへぽちより | 2017年5月15日 (月) 18時03分

♪ ひろさん
 4月29日にナンジャモンジャの様子を見に行った時、献血に並ぶ若人の列に、心地よい篤いものを感じました。
爽やかな みどり豊かな「ナンジャモンジャ」の木陰でしたから、、、

 満開を楽しむために、城北公園へ2度行きました。
満開の下を 芳香を感じながらの散策は清々しく、私の一番好きな処です。

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年5月15日 (月) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65251909

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃ:

« 熊野(ゆや)の長藤 | トップページ | 山のホテル庭園散策 »