« ロマネスコ | トップページ | 甲斐路花桃の里へ »

お花見には早かったけれど

 毎年のことながらお花見に合わせての旅プランは難しいですね。
今年は乱高下する気温差も例年になく激しく、まだまだ冬物が欠かせません。
3月の花を巡るツアーコンダクターさんも 遅れがちな桜の開花が心配で 旅の前夜はほとんど眠れなかったそうです。

Img_19692a1
 3月25日気温は低めながら快晴に恵まれ、雄大な富士山のお迎えをいただいた富士川SAでの途中休憩を挟んで、バスは岩本山公園を目指しました。
標高193メートルの山頂部分中心に整備された園内は、観梅の時季も終わり 桜の開花を待つピンクの幟もはためき、富士市のビュースポットとして、地元の桜保存会のボランティアさんも私達観光客を笑顔で迎えてくれました。

Cimg9005a1
それもそのはず、折よく標本木の桜の木に数輪の開花を確認し「桜開花宣言」されたのです。
Cimg9013a1
 わ~! うれしい~!  只今開花宣言とはラッキー! です。
Cimg8994a1 
 岩本山公園は 富士市岩松小学校 大正12年卒業生一同が記念に植樹された桜は 今では約250本のソメイヨシノ、ヤマザクラが約110本となって、4月上旬には咲き誇るサクラを愛でながらの眺望が楽しめるはずです。

 午後は初めて訪れる「西湖いやしの里 根場(ねんば)」の見学散策です。
Cimg9039a1
 正にタイムスリップ 時代劇セットのような日本の原風景が突然現れてびっくり仰天!
ここは、日本一美しい茅葺きの集落として 霊峰冨士と神秘の森 青木ヶ原樹海を望む西湖畔の根場地区ですが、昭和41年の台風災害で壊滅的な被害を受けてその姿は過去のものと消えてしまったのです。

Cimg9040a1
 40年の月日を経て、平成15年に合併した富士河口湖町が、かつての日本の原風景の茅葺屋根の集落を蘇らせようと、再現されたそうです。
Cimg9041a1
 食事処や手作り体験あり、地場産品を販売する家、工芸家の作品展示をされたり今では珍しい昔ながらの粉挽き水車小屋もあり、
Cimg90621

 ♪~ 「ふるさと」の歌詞さながらの風景に癒され、
Cimg90331
 戦国時代以降の日本文化の一端が偲ばれます。

 

Cimg9047a1
 平成21年には20棟ほどの茅葺屋根が点在して のどかな日本の原風景が彷彿とよみがえってまいります。
Cimg9058a1
 のんびりと集落を散策しながら目前に迫る大きな霊峰富士に護られながらのいやしの里「根場(ねんば)」 かつての日本一美しい茅葺きの集落は見事に蘇っているのです。  

|

« ロマネスコ | トップページ | 甲斐路花桃の里へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
今年は桜の開花がとても遅いですね。
岩本山の桜は雄大な富士山を背にして素晴らしいのですが、
少し残念でしたね。
でも開花宣言を聞かれてラッキーでしたね。
私は来週あたりに行ってみようかと思っています。
そして「、西湖いやしの里 根場」は茅葺屋根の集落が本当に
美しくて素晴らしいですね。
10年くらい前に行ったことがありますが、その時の感動が蘇ってきました。

桜の追っかけをしたくてうずうずしています。
満開の桜を早く見たいものですね。

投稿: ひろ | 2017年4月 2日 (日) 11時22分

ぽちさん
こんにちわ!

今年は、春は名のみで冷え冷えとする日が多く、桜も
なかなか開花しませんね。ちょうど、ぽちさんたちを
待っていたかのよううに、さくらの開花宣言となって
ラッキーでしたね。

岩本山公園の中に茅葺の住居の集落が出来たことは
知りませんでした。もっとも、今から14~5年前の事
でしょうか?やはり、このような住居には心惹かれますね。

桜には早かったようですが、富士山も見られて、雨にも
降られず、まずまずのバス旅行でしたね。

春本番が待たれますね。

投稿: みず | 2017年4月 2日 (日) 15時16分

♪ ひろさん
 温暖な静岡市葵区も中心地 駿府城公園の桜も平年より8日も遅く、2日にやっと開花しました。
 25日の岩本山の桜も その日折りよく開花宣言して、ラッキーでした。
誰よりも旅を企画したMさんがほっとされたことでしょう。
さぁ これからが春本番です。
さくら追っかけ ひろさんのブログ楽しみです。

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年4月 3日 (月) 09時44分

♪ みずさん
 私の拙文で誤解を招き 申し訳ありません。
 岩本山公園は富士市の西側岩松地区にあり、西湖いやしの里根場は、山梨県の冨士河口湖町にあります。
 
 岩本山散策の後、あさぎりフードパークで昼食を摂って西湖根場へ向かいました。

 20棟の茅葺集落は雄大な霊峰富士に見守られている、と云う印象でした。 壮観でした。

投稿: みずさんへぽちより | 2017年4月 3日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65073480

この記事へのトラックバック一覧です: お花見には早かったけれど:

« ロマネスコ | トップページ | 甲斐路花桃の里へ »