« 昭和記念公園へ | トップページ | 熊野(ゆや)の長藤 »

盆栽展へ

 東京ドーム40個分もある広大な昭和記念公園には、展示ゾーン・広場ゾーン・水のゾーン・森のゾーンなど3時間での園内めぐりは到底無理な事です。

満開の桜やチューリップで浮かれた後は、落ち着いた雰囲気の日本庭園へ向かいましょう。

 日本の伝統的文化を継承する場として、また人々がコミュニケーションを深める語らいの場として 平成9年に造られた日本庭園は、爽やかな葉擦れの竹林や みどり豊かな樹林が 池泉回遊式の池をとり囲み お茶を楽しみながら景色を愛でる数寄屋造りの建物や ゆったりくつろげる四阿が池面に影を移し、人工的な日本庭園と言うよりは 人工の造形に自然が溶け合っているという他のゾーンには無い落ち着いた癒やしの場となっています。
Cimg9212a_2
 日本庭園の一隅に 我が国初の「国営盆栽苑」が平成16年11月にオープンしました。
Cimg9208a
 折よくこの日は日本盆栽協会のご協力で 全国各地の盆栽愛好家から寄贈された「国風盆栽展クラスの名品盆栽」数十鉢を鑑賞することができました。

 盆栽の事は何も分からない私は、空覚えの「盆栽三要素」を思い出しながら拝観でき 造形の深さを知ることが出来ました。

 盆栽の三要素とは
 ① 「根張り」
   盆栽の根が四方八方に張り出して安定感と力強さ

 ② 「幹の立ち上がり順」
  幹の立ち上がりが素直で、上に行くほど自然に細くなっていくと

 ③ 「枝配り」
  幹から出ている枝の太さや感覚がバランスよく配置していること

 三脚を使用しない限り撮影が許されましたので、初心者ながらデジカメに収めることができました。

 巨木でありながら、小さな大木に仕立てる中に 窺い知れない大きな夢や期待が備わっている非凡な世界 日本の活きた芸術作品を篤とご覧ください。

 推定樹齢110年の「もみじ 清玄」
2_2


 「もみじ」の根方 
Photo_2

 推定樹齢90年の「宮様カエデ」

 

Photo_3

 「宮様カエデ」は石付き盆栽
A

 推定樹齢130年の「いわしで」

 

1

 「いわしで」の幹の虚に130年の風雪を覚えます。
B

 推定樹齢110年の「カエデ」
Photo


 石を抱く「カエデ」の根方
A_2

 樹齢60年の「がじゅまる」

 

Photo_5

 「がじゅまる」の複雑怪奇な根方 
A_5

 推定樹齢60年の「はりつるまき」

 

A_4

 「はりつるまき」の根方 
  (私には怪獣の格闘技にも見えます)

2a

 推定樹齢200年の「真柏」

 

Photo_6
 (200歳のイナバウアー!!!)

 など、盆栽愛好家の極意を極めた正に活きた芸術品です。

 撮り溜めた名品盆栽の数々のムービープロジェクトをお楽しみください。

|

« 昭和記念公園へ | トップページ | 熊野(ゆや)の長藤 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
日本庭園では、素晴らしい盆栽展に遭遇されて
とても、ラッキーでしたね。

主人が現役の頃、盆栽の同好会に入っていまして
バス旅行で、上野美術館の盆栽展や、盆栽町(関東でした)を
訪れたり、それは貴重な体験をさせて頂きました。
ぽちさんが、仰るように「三要素」なども勉強して
盆栽の奥深さを学びました。夫は展覧会などの水やりの
お当番が、どうしても現役で働いている時には両立できず
止めてしまったのです。それは少し残念な事でした。

でも、盆栽が奏でる小宇宙の魅力は今も心の中に
培っておりまして何かで、盆栽に遭遇すると、かなりの
時間、じっと眺めて鑑賞しております。
これぞ、日本人の美意識の真骨頂だと思っております。
小さな鉢の木を見ていても、大草原にある木の下にいるような
錯覚を起こさせる。
主人はもう、時間もたっぷりあるし、もう一度やってみれば
なんて、私は思うのですが。。。

動画もじっくり、見させて頂きました。主人にも見せようかと
思っています。有難うございました。

投稿: みず | 2017年4月30日 (日) 11時45分

ぽちさん
早速盆栽苑 見せて頂きました。
数々の高級盆栽 何度か繰りかえして見ていましたら
これに携わる方々を想像して盆栽の宇宙 歴史等など
素敵なもの生で見られて  凄いですね  また
花 の バックミュウジックもいつもと違う感覚で聞きました。

投稿: nacl | 2017年4月30日 (日) 12時50分

♪ みずさん
 広い広い昭和記念公園の中で、日本庭園は別世界でした。
盆栽の知識も無いにも関わらず、生意気なことを言ってしまい恥ずかしい限りです。
、、が、じっくり拝見しているとその真髄が次第に分かってまいります。
勉強になりました。

 盆栽について みずさんもご主人さまとの会話も弾むことでしょう。
 この道は リタイヤされてからがお楽しみかもしれませんね。

投稿: みずさんへぽちより | 2017年4月30日 (日) 20時00分

ぽちさん、おはようございます~
盆栽、素晴らしいですね。
妹の夫が盆栽に凝っていた時があり、よく見に行ったものです。
あの大きな自然をそのまま小さな世界の中に再現させるなんて日本人ならではでしょうね。
今では海外でダイブームとも聞きましたが...
ぽちさんは写真撮りがお上手ですね。
じっくり鑑賞させていただきました。

投稿: ひろ | 2017年5月 1日 (月) 07時21分

♪ naclさん
 naclさんが TVでご覧になったのが この盆栽苑のことでしたら偶然の一致で、興味深くご覧いただけたことと思います。

 ムービープロジェクトのBGMに、最初はクラシックを挿入してみましたが、日本的なムードミュージックがよろしいようで、「花」を戴きました。 音楽の恩恵は大きいのです。

投稿: nacl さんへぽちより | 2017年5月 1日 (月) 10時49分

♪ ひろさん
 盆栽展を鑑賞していると、100年200年の巨木が
狭い鉢の中で頑強な根を張って 小さな宇宙を再現させる日本人の美意識ならではの芸術品なんだと思います。

 最近盆栽は日本人よりも欧米諸国に大変なブームのようです。 
名品盆栽が鑑賞できて良かったです。

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年5月 1日 (月) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/65195277

この記事へのトラックバック一覧です: 盆栽展へ:

« 昭和記念公園へ | トップページ | 熊野(ゆや)の長藤 »