« 初詣 | トップページ | 静岡浅間神社大的式 »

七草粥

 ♪~ 唐土の鳥が日本の国に渡らぬ先にストトントン♪ 
遠い昔 祖母や母の歌声が懐かしく聞こえてきそうな1月7日の朝の厨です。
 大陸から渡り鳥による疫病が入ってこないことを願った歌です。
特に近頃は鳥インフルエンザ蔓延の危惧が世界中に聞かれます。
そんな現代だからこそ この歌の真意を深く噛み締めたいと思います。

 ストトントンは 厨から聞こえる春の七草を刻む音です。

 * インターネットよりの受け売りですが、、、
45518ea3ecc00914a0fac9791a787efa
七草のそれぞれの持つ意味と主な効用は
 芹(せり)=競り勝つ
  解熱効果や健胃、整腸、利尿、食欲増進、血圧降下作用など

 薺(なずな)=撫でて汚れを除く
  利尿作用、解毒作用、止血作用、胃腸障害やむくみに効果

 御形(ごぎょう)=仏体
  痰や咳に効果、喉の痛みの緩和

 繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
  腹痛、胃炎、歯槽膿漏に効果

 仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
  健胃、食欲増進、歯痛に効果

 薺(なずな)=「神を呼ぶ鈴」
  整腸、消化促進、しもやけやそばかすに効果

 蘿蔔(すずしろ)=「汚れの無い清白」
  風邪予防、美肌効果

 殆どが私たちにお馴染みの芹、ぺんぺん草、母子草、蕪、大根などの若芽を使います。

 下の画像は、本来の「七草粥」にはあるまじき食材です、、、が、

 

Cimg84931
 お節料理などで疲れた胃腸を労るために 昔からの養生訓からの習わしですが、私は正月太りどころか、質素な手料理のみで過ごした三ヶ日でしたから今年の七草粥は、タンパク質補給のちょっと贅沢な?  邪道ですが こんな七草粥をいただきました。
Cimg84981
 お歳暮で戴いた、フグの身が少々入ったスープに七草、人参、椎茸も刻み込みタマゴで綴じて見るからに華やかで栄養豊かで はんなり美味な新生七草粥をおもむろに味わい 独り居の心身ともに温まりました。
今年も新年早々アマノジャクでごめんなさい。

|

« 初詣 | トップページ | 静岡浅間神社大的式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
昨日はこの暖かい静岡市でも雪が舞いましたね。
そして今日は更に冷え込んでいますね。
こんな時は暖かい食べ物に限ります。
ぽちさんの七草粥は美味しそう!!
七草粥は我が家も作ります。
家にある野菜とお餅を小さく切っていれますよ。
大根、ニンジン、白菜、里芋、キノコ類等です。
今の時期のお昼ご飯は、市販の雑炊の素を使ってカニ味や鮭味を楽しんでいます。
寒い時は暖かいものを食べるの限りますね。

投稿: ひろ | 2017年1月15日 (日) 09時13分

ぽちさん
とってもいい七草がゆが出来ましたね。
このところの冷え込みで、こんなあったまるお粥は
何よりの御馳走ですね。
私も、正月太りはしませんでした。だから、ぽちさんのような
七草がゆを作って、身も心も温まりたいです。

今日は精を付けるように、うなぎにしたので、実だくさんの
お吸い物で温まりたいです。

今年も、いや今年は元気に過ごしたいです。それには
やはり、食からですね。

頑張ります。

投稿: みず | 2017年1月15日 (日) 14時53分

♪ ひろさん
 全国的に凄まじい大雪の情報に驚いております。
駿河路に住む私も、この寒さに震えておりますが、
他所に比べ 申し訳ないとも内心思ってもおります。

 冬は野菜をたっぷり入れた「おじや」をよくいただきます。
残れば とろけるチーズをたっぷり乗せてドリアにしていただきます。 簡単ですので私は毎回この手を使います。

 

投稿: ひろさんへぽちより | 2017年1月16日 (月) 09時22分

♪ みずさん
 うなぎとは羨ましい~!
酷暑の夏の土用に食べますが、極寒のこの季節にいただくことも滋養強壮に良いですね。
 私はせいぜい、「櫃まぶし」です。(*^-^)

おっしゃる通り、健康は食生活が基本ですね。
加齢とともに「食」が細くなりますので栄養価に気をつけています。

投稿: みずさんへぽちより | 2017年1月16日 (月) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/64736034

この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥:

« 初詣 | トップページ | 静岡浅間神社大的式 »