« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

川崎大師初詣

 ずてつオリジナル企画1月の日帰りバス旅の今年は 1月14日川崎大師初詣と横浜重慶飯店での本格中華料理ゆっくり堪能の旅でした。
Cimg85082a1
 この日は全国的に大寒波襲来と大雪注意報に内心怯えながら着ぶくれての旅立ちでしたが、途中休憩のSAではコートも不用な駿河路ならではの暖かさです。
富士川SAから望む雄大な富士山に旅の安全を願いました。
Cimg85071a2
 ここ富士市岩淵の東名高速道上り富士川SAエリアに建設された観覧車の名称が「フジスカイビュー」と1月26日に決定し、2月23日にオープンするそうです。 
 36台のゴンドラで地上60メートルの高さから富士山や駿河湾が一望でき、夜間にはイルミネーションが点灯されるそうです。

 穏やかな晴天とスムーズな道路状況に恵まれて、11時半に川崎大師に到着。

門前通りは軒並みお正月らしい華やかさです。
Cimg8534a1
満杯の駐車場を後にして、ガイドさんの誘導でぞろぞろと歩くこと10分、善男善女で大変な賑わいの川崎大師に到着。

Cimg8529a1
 文化10年(1812年)徳川第十一代将軍徳川家斉が厄除けに訪れた年から厄除け大師として広まったそうで、毎年の初詣客は全国3位に数えれられ 年明けて二週間経てもこの大賑わいです。
Cimg8525a1

 * お大師さまの言葉
「同じ水でも牛が飲めば乳となり、蛇が飲めば毒となる つまり同じ物を見てもその時の状況環境によって受け取り方が変わる。お大師さまと共に歩めば辛い道のりを安心して歩むことができる。

Cimg8539a1
 こんな有り難いお言葉を知ってか知らぬか? 門前通りは名物のトントンと「飴切り」の威勢のいいリズムが絶え間なく聞こえます。

思わず動画に収めてしまいました。

 やがて1時、お腹も空きました。
Cimg8567a1
バスは横浜中華街のローズホテルに到着。
昼食は本格重慶中華料理に舌鼓を打ち

Cimg8563a1
若者が犇めく異国情緒あふれる中華街散策も 健康であればこそ楽しむ事ができた旅でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡浅間神社大的式

 1月15日と言えば昔は小正月を祝い、数年前までは成人の日でした。
温暖な駿河路もこの冬一番の寒さとなり ことのほか老骨身に沁みる一日となりました。

Cimg85711
 この日静岡浅間神社では 寒空の中 五穀豊穣を祈る恒例の奉射祭(ぶしゃさい)・大的を射抜く大的式が行われました。
Cimg8579a1
 「せんげん弓道教場」の会員30人が、烏帽子(えぼし)と直垂(ひたたれ)を身に纏い、弓に矢をつがい的を射抜く「大的式」が古式にならい厳かに執り行われました。

 「大的式始めませ~!」「おォ~!」の号令と共に会場はし~んと静まり返りました。
Cimg8583a1_3
選出された6人が2人一組になって、寒風吹き荒ぶなか 片袖脱ぎ約60メートル先の

Cimg85731a
 直径約1メートル50センチの大的目掛けて交互に矢を放ち、
Cimg8606a1
 矢を的に命中させると 的奉行が「当たりにて候~!」と声高らかに称えます。
会場に訪れた多くの観客からは、固唾をのみ溜息漏れ 拍手喝采歓声があがるのです。

めでたく的を射止めれば今年の豊穣を、外れても豊漁となると云うことで、いずれも「当たりにて候~!」と称えるのです。
平安時代朝廷で行われていた新春の神事にならって、烏帽子と直垂姿の古式豊かな儀式です。

下二題の動画でご確認いただければ嬉しゅうございます。
一題目は、射手近くでの収録です。

二題目は、大的近くで収録しました。                

| | コメント (4) | トラックバック (0)

七草粥

 ♪~ 唐土の鳥が日本の国に渡らぬ先にストトントン♪ 
遠い昔 祖母や母の歌声が懐かしく聞こえてきそうな1月7日の朝の厨です。
 大陸から渡り鳥による疫病が入ってこないことを願った歌です。
特に近頃は鳥インフルエンザ蔓延の危惧が世界中に聞かれます。
そんな現代だからこそ この歌の真意を深く噛み締めたいと思います。

 ストトントンは 厨から聞こえる春の七草を刻む音です。

 * インターネットよりの受け売りですが、、、
45518ea3ecc00914a0fac9791a787efa
七草のそれぞれの持つ意味と主な効用は
 芹(せり)=競り勝つ
  解熱効果や健胃、整腸、利尿、食欲増進、血圧降下作用など

 薺(なずな)=撫でて汚れを除く
  利尿作用、解毒作用、止血作用、胃腸障害やむくみに効果

 御形(ごぎょう)=仏体
  痰や咳に効果、喉の痛みの緩和

 繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
  腹痛、胃炎、歯槽膿漏に効果

 仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
  健胃、食欲増進、歯痛に効果

 薺(なずな)=「神を呼ぶ鈴」
  整腸、消化促進、しもやけやそばかすに効果

 蘿蔔(すずしろ)=「汚れの無い清白」
  風邪予防、美肌効果

 殆どが私たちにお馴染みの芹、ぺんぺん草、母子草、蕪、大根などの若芽を使います。

 下の画像は、本来の「七草粥」にはあるまじき食材です、、、が、

 

Cimg84931
 お節料理などで疲れた胃腸を労るために 昔からの養生訓からの習わしですが、私は正月太りどころか、質素な手料理のみで過ごした三ヶ日でしたから今年の七草粥は、タンパク質補給のちょっと贅沢な?  邪道ですが こんな七草粥をいただきました。
Cimg84981
 お歳暮で戴いた、フグの身が少々入ったスープに七草、人参、椎茸も刻み込みタマゴで綴じて見るからに華やかで栄養豊かで はんなり美味な新生七草粥をおもむろに味わい 独り居の心身ともに温まりました。
今年も新年早々アマノジャクでごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初詣

 1月2日の初詣は 静岡市民に一番馴染み深い初詣屈指のスポット神社「おせんげんさん」に詣でました。 
Cimg8460a1
 静岡浅間神社の重要文化財の社殿は、現在20年かけての化粧直しと呼ばれる「平成の大改修」が平成26年度から平成45年度まで行われております。
Cimg8443a1
 馬場町(宮ヶ崎通り)正面に見られる大きな赤鳥居を潜ると、主祭神の大歳御祖命が祀られている大歳御祖(おおとしみおや)神社が目の前に現れます。
約1700年前に静岡のこの地が「安倍の市」と呼ばれていた頃からの守護神が祀られているお社です。


 地元の人でも知っているようで知らない 実は私も知らなかった静岡浅間神社の神々様。
神部神社(かんべじんじゃ)、浅間神社(あさまじんじゃ)、大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)、麓山神社(はやまじんじゃ)、八千才神社(やちほこじんじゃ)、少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)、玉鉾神社(たまぼこじんじゃ)の七社には、木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)、天照大神、雷神、大和武尊、徳川家康公はじめ、56の神々様が祀られております。

Cimg8446aa1_3
 改修のトップを切り 大歳御祖(おおとしみおや)神社の本殿は、平成27年1月から改修が始められ平成28年の暮に塗装工事や屋根の葺き替え工事が終わりました。
Cimg8449a1_3 

 豪華絢爛極彩色の蟇股彫刻(祝事の彫刻)の数々が約200年前の状態に復元された大歳御祖(おおとしみおや)神社の本殿のご神徳をたっぷりと授かりたいと、暖かな晴天に恵まれた今年の初詣客は例年以上の人出です。
Cimg8453a1_3
 麓山神社(はやまじんじゃ)参道の「百段」は、小中高生の頃登った記憶しかありませんが、急勾配の100段をあの時以来 二の足を踏んでいたのに どうした弾みでしょうか? 
この日私はためらいもなく登り始めたのです。

 
 50段までは調子よく登ってはみたものの10段登っては一休み 10段登っては振り返り 膝は笑うし、こむらはボヤくし、手すりを頼りに喘ぎ喘ぎしながらも登りきったことは70年ぶりの快挙です。

  正に煩悩魔が去った心境です。
Cimg8455a1
 神さまのご加護でしょうか 84才「百段」を制覇しました!
   我ながら驚いております!

因みに、「百段」と言っても実際には105段を数えました。
登り口の賽銭箱からの3段を加えれば108段あるのですから、神道でありながら 仏教の訓え「煩悩を断つ」境地を体感したということかもしれません。 
 思いがけないありがた~い初詣でした。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 NHK「行く年来る年」 今年も除夜の鐘の音をTV中継ながら厳かに聴くことが出来ました。

 以前旅をした時の延暦寺の鐘の音です。

 あけまして おめでとうございます。

 皆さまには幸せ多い年でありますよう 祈念いたします。

 いつもご訪問くださいましてありがとうございます。

 八十路を焦らず奢らずスローライフで過ごしてまいります。

 今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

年賀状に添付した Photo_2QRコードは、
  駿河湾の宝石 「桜えび」の躍動する動画でした。

改めて下の動画でお楽しみください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »