« 日本平ぶらり散策 | トップページ | 黒田富士雄さんの有名人似顔絵展 »

帆船「海王丸」が清水港にやって来た!

 昨年のちょうど今頃、航海練習帆船「日本丸」が静岡市清水港日の出埠頭に入港し、船内の一般公開見学や出港の伝統儀式「登檣礼(とうしょうれい)」に大変感動いたしました。

 今年10月21日にこれも又 大型航海練習帆船「海王丸」が清水港に入港し、22日にはお目当てのセイル・ドリル、25日に出港の感動的なお別れの儀式登檣礼が見学できる情報を得て 胸躍らせて行って参りました。

Cimg8071
 大型練習帆船「海王丸」は「日本の海の王者たれ」と 初代「海王丸」は昭和5年2月14日に進水、世界の人々から「海の貴婦人」と賞賛され愛され親しまれてきました。
 (海王丸パーク公式ホームページより)

平成元年3月7日に「海王丸」Ⅱが進水されました。

 昭和5年に進水以来106万海里、地球を約50周を航海したというのですから正に「日本の海の王者」です。

 10月22日(土)午後1時より「海王丸」のセイル・ドリルがはじまります。
Cimg8036a1
 現地についた私は先ず舳先の女神「紺青(こんじょう)」にご挨拶。
女神は、大海原での航海の無事を祈っているのです。
1_2
 上図は昨年見学し「た日本丸」の女神「藍青(らんじょう)」は手を合わせて祈る気品あふれる日本女性の像ですが、

1_3
 上図「海王丸」紺青女神は、能管(横笛)を手にした まだあどけさの残る典雅な気品ある美しい女神で 日本丸の藍青女神の妹と言われます。

大海原を航海する帆船に このような繊細なこころ配りに篤いものを感じます。
Cimg8039a1
 定刻13時、実習生はマストの縄梯子を次々と登り、括り付けた帆を解く作業がはじまり、合図に従い 約1時間をかけて帆を張った美しい 「海の王者」の姿が目の前に輝いて見えます。

 セイル・ドリルは7分間余りにまとめた動画で、ご確認ください。
「ワッショイ! ワッショイ!」の掛け声が船上から聞こえ、私達見学者は固唾を呑んで見守ります。

 

 10月25日(火) いよいよ「海王丸」の出港です。
この日は冷たい小雨降る悪天候となってしまいました。

帆船出港のご挨拶「登檣礼(とうしょうれい)」が見られるかもしれないと期待を込めて行って参りました。

Cimg8088a1
 雨が降れば「登舷礼(とうげんれい)」(乗組員全員が船の両舷に整列しての挨拶)と云うことでしたが、幸運にも小雨の中 実習生の勇猛果敢にマストに登っての感動的な「登檣礼」を仰ぎ見ることが出来ました。

 この光景は何時見ても 何度見ても目頭が熱くなります。
Cimg8093a1_2
 舳先最先端に立つ選手の声高らか号令の下 国立清水海上技術短期大学校、など3校の実習生118名が高さ約50メートルのマストにシンメトリーに並び 大空に響く「ごきげんよ~」の挨拶をして、次の北九州は門司港を目指して出港しました。
Cimg8099a1
 夢中で撮り続けた「登檣礼」
 海を守る若人の凛々しい姿を9分間余りにまとめました。 
   ご覧ください。

|

« 日本平ぶらり散策 | トップページ | 黒田富士雄さんの有名人似顔絵展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
海王丸の素晴らしいセイル・ドリルと登檣礼を居ながらにして見せていただきました。
なんて素晴らしい船なんでしょうか。
あの寒い雨が降る中で撮影されたぽちさん、ほんとうにありがとうございます。
PC画面で見ても大感動ですから、実際に見たらぽちさんのように目頭が熱くなると思います。
若い実習生たちの熱い心意気に拍手を送ります。
「ごきげんよ~」

投稿: ひろ | 2016年10月30日 (日) 12時49分

ぽちさん
素晴らしい海王丸のセイルドリルでしたね。
登檣礼は、そこに居合わせた方々は、きっと感極まって
しまいますね。やはり、「ごきげんよう}と言われたら
「ごきげんよう」と返して、航海の無事を祈るんですね。


ぽちさんがお天気の悪い中、一生懸命動画を撮影してくれた
お蔭で、私も清水港へ参ったような気がしております。


本当に有難うございました。

投稿: みず | 2016年10月30日 (日) 16時16分

♪ ひろさん
 昨年秋「日本丸」のセイル・ドリルは 残念ながら見逃してしまいました。
幸い初めてお目にかかる「海王丸」のセイル・ドリルをつぶさに拝見できた事を喜んでいる dog です。

50メートルもの高さを 三点支持を守り 素足でロープを渡っての作業は命がけですね。
見ている私達まで手に汗を握ってしまいました。

投稿: ひろさんへぽちより | 2016年10月30日 (日) 17時00分

♪ みずさん
 昨年秋の「日本丸」の登檣礼は、生憎強風で、岸壁にぴったり接岸したままでした。
今回は、海王丸が次第次第に岸壁を離れながら登檣礼の儀式が始まり、ご覧のような劇的なシーンを見ることが出来ました。 
「ごきげんよ~!」って美しい挨拶ですね。

投稿: みずさんへぽちより | 2016年10月30日 (日) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/64405404

この記事へのトラックバック一覧です: 帆船「海王丸」が清水港にやって来た!:

« 日本平ぶらり散策 | トップページ | 黒田富士雄さんの有名人似顔絵展 »