« 箱根の旅 | トップページ | パヴァロッティの命日 »

箱根大涌谷へ

 元箱根で昼食をとった後は 昨年初夏に小規模噴火以降 立入禁止されていた「大涌谷園地」が 7月26日 1年2ヶ月ぶりに一部開放が許可され 早雲山から湖尻への箱根山中ドライブの途中 「大涌谷」にむかうことになったことは 思いがけないサプライズとなり車内に大きな歓声が上がりました。
Cimg7599a1

 今回の旅 しずてつ観光企画6月当初の時点では ここへの立ち入りは厳禁中だったのですから 思いがけないサプライズでした。 
  標
高1000メートル 冠ヶ岳山麓で噴煙を上げている大涌谷は約3000年前に神山が水蒸気爆発した時の爆裂火口跡です。
Img_1447a1
 50年ほど前に初めて訪れた時の地獄谷と云われた印象が覆され、焼けただれ枯渇化された樹木が痛々しく むき出しの山肌から硫黄の匂いが漂い立ち上る噴煙に只々驚くばかりでした。
Cimg7617a1
 そんな中一縷の救いは、私達観光客ばかりか 名物の「黒タマゴ」製造販売の人々ではないでしょうか。 
 買い求める長~い行列で賑わっておりました。
Cimg7645a1
売る人も買う人もにこにこ顔。
 やっと買い求めた「黒タマゴ」です。 
1個食べれば7年長生きすると云われます。

業者は特別の許可を得て厳重注意しながら、下写真の辺りで「黒タマゴ」が作られているらしい。
Cimg7600a1_2

 短い動画ですが2016年8月20日噴煙の現状をご覧ください。

今日一日の歩数合計は10,855歩 良く歩きました。
Cimg7640a1

 楽しかった旅も終わり 朝霧高原辺りでバスの車窓から眺めた大きな虹に車内から歓声が上がり 旅の幸せが倍加いたしました。

|

« 箱根の旅 | トップページ | パヴァロッティの命日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
あの噴火からもう、一年以上も経ったんですね。
当初はホテルの関係者の方々の経営のこともあって、
大きな問題でした。
それでも「、大涌谷園地」の開放が許可されて、
一歩前進ですね。

煙の立ち込めるあたりをみると、やっぱり、火山からの
恩恵もある代わりには、こういった危険もあって、これが
火山である所以なんだと改めて思います。

ぽちさん、黒卵は美味しかったですか?寿命も延びて
良いバス旅行でしたね。

投稿: みず | 2016年9月 4日 (日) 15時25分

ぽちさん、こんにちは~
箱根の大涌谷に行かれたのですね。
関係者の方も一応ほっとされたことでしょうね。
あの噴煙を見るとまだちょっと心配ですが、黒卵ができてみんなの喜びようは想像できますね。
1万歩以上も歩かれたぽちさんは本当にお元気で何よりですね。
しずてつさんの企画はいつも素晴らしいなと想います。
ブログを見せていただいて私も楽しい気分になりました。

投稿: ひろ | 2016年9月 4日 (日) 16時37分

♪ みずさん
 今回の旅程表には大涌谷への事は無かったので
箱根山中ドライブ中に告げられた時には思わず
ラッキーと叫んでしまいました。
何せ 50余年以来でしたし、小規模噴火より1年余り
の現状が見られるのですから、、、
 黒タマゴは美味でしたよ。
7年また健康で長生きできれば有り難いことです。
  旅は若さの泉です。

投稿: みずさんへぽちより | 2016年9月 5日 (月) 09時01分

♪ ひろさん
 噴煙とともに硫黄の匂いもして 日本列島は火山の島
という実体感でした。

 大涌谷園地での滞在は 僅か1時間ほどでしたが、
髪の毛や衣服に硫黄の匂いが染み付いて、帰宅しても
しばらくは旅の余韻に浸っておりました。

 それほど歩いたと云う実感はありませんでしたが
歩数計を見て1万歩も歩いた事に 我ながら驚きました。
 健康に感謝です。

投稿: ひろさんへぽちより | 2016年9月 5日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/64127173

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根大涌谷へ:

« 箱根の旅 | トップページ | パヴァロッティの命日 »