« もったいない食器市 | トップページ | 可睡斎のひな祭り »

昇竜しだれ梅園

 2月27日 天気晴朗 風もなく穏やか観梅日和に恵まれて 浜松市は大草山中腹を彩る「昇竜しだれ梅園」に行ってきました。
Image1 

(上の地図は 「昇竜しだれ梅園」さんホームページより転載)

 

Photo

 浜名湖を見下ろす大草山中腹を彩る 「大草山昇竜しだれ梅園」は 5000平方メートルの緩やかな傾斜敷地に10種類以上約350本の梅、全てがしだれ梅が見頃です。
 八重咲きは抜きん出て華やかで 中でも天に昇る龍の姿に仕立てた 「昇竜しだれ梅」は園主の会心の力作です。

Photo_2

 今年で 開園21年目を迎える園主の佐藤一敏さんは、自己流で育て上げた「昇竜しだれ梅」 正に龍が雲をつかみ天に昇るように仕立てられ 威厳に満ちた美しい姿は神々しくさえ感じられます。
ここに至るまでの育成のご苦労や楽しみ、剪定のツボなど 学生時代から培ったしだれ梅への極意を熱っぽく語ってくださいました。

Photo_4

 しだれ梅は満開の花盛り、風もなく 明るい春の日差しを浴びて あたり一面仄かに芳香が漂い 正にこの日は絶好の観梅日和です!

 

Photo_6

 広大な大草山中腹に 白、赤、ピンクなど、植栽の梅はすべて「しだれ梅」 樹齢50年以上、樹高も5メートルを超えるしだれ梅が所狭しと 今を盛りに咲き誇っておりました。
Photo

園内の梅の木の下には クリスマスローズが いたるところに植えられてあり、しだれ梅との共演も楽しめるのです。
Photo_2


テントを出て、道路を挟んだ向かい合わせの平坦な梅園には 名物の「しだれ梅のトンネル」があります。
ここも、クリスマスローズとの競演も見応えがあります。

Photo_8


 白・赤・ピンクのしだれ梅の あたかも龍の体内をイメージするかのような 芳香漂う梅花のシャワーを浴びながら通り抜けるトンネルは霊験あらたかな心地です。

 美しくしなやかな湾曲線に仕立てられた しだれ梅のトンネルも クリスマスローズと相まって、佐藤園主の傑作中の傑作です。

|

« もったいない食器市 | トップページ | 可睡斎のひな祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
わぁ~見事ですねえ!!
本当に竜が天を昇っているようですね。
手入れも大変なんでしょうね。
クリスマスローズを従えての「しだれ梅のトンネル」は見事の一言です。
私も歩いてみたいです。
こんなにいい所があったなんて知りませんでした。
来年は行ってみたいと思います。

投稿: ひろ | 2016年3月 6日 (日) 11時27分

ぽちさん
スゴイ!の一言です。
「しだれ梅のトンネル」は是非通ってみたい!
梅の下にクリスマスローズを植えたのは、ヒットですね。
本当に良くマッチしています。
梅のシーズンは少し寒いのですが、今年は暖かくて、
お花見にはもってこいですね。

ぽちさんは色々と良いスポットを探していらっしゃいますから
ブログを見る者にとっては、とても参考になります。

私も、行きたい所のリストに入れました。

投稿: みず | 2016年3月 6日 (日) 14時05分

♪ ひろさん
 浜松の昇竜しだれ梅園のことははじめて知りました。
幸い園主の佐藤一敏さんのご案内のチャンスに恵まれてラッキーでした。

高校生時代から 大きな夢を抱いて、独自の仕立て方でこのような立派な「昇竜しだれ梅」を完成させたそうですが自己満足で終わらず試行錯誤の研究を続けられ、
開園して今年で21年目になるそうです。

 大草山中腹 梅園の周囲は静かですが 
遠くにロープウエーが見えました。
大草山を登りきれば北東に富士山、引佐町の発電風車、左手奥には冠雪の南アルプス、北遠の山々、北西に浜名湖が望めるそうですので、健脚のひろさんお楽しみに、、、

 

 

投稿: ひろさんへぽちより | 2016年3月 7日 (月) 10時59分

♪ みずさん
 佐藤一敏園主の自己流仕立ての「昇竜しだれ梅」「しだれ梅のトンネル」は、実に素晴らしく、絶妙なバランスで植えられているクリスマスローズとの競演も 他に類を見ません。
 
初心カメラ婆~ばの画像からも 龍が天に昇る姿に共感いただけると思います。
しだれ梅のトンネルも、よくぞこれまでシンメトリーに仕立てられたと感嘆しきりでした。

 佐藤園主さんも ひとりひとりの質問にも 丁寧に
答えられ しだれ梅への熱意が直に伝わってきました。

投稿: みずさんへぽちより | 2016年3月 7日 (月) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/63288972

この記事へのトラックバック一覧です: 昇竜しだれ梅園:

« もったいない食器市 | トップページ | 可睡斎のひな祭り »