« スマホデビュー1年目 | トップページ | 今年も横谷温泉へ »

静岡浅間神社の節分祭

 2月3日は節分でした。
 全国の神社仏閣で繰り広げられる豆まきの様子がテレビを賑わせました。
Cimg5799a1

今年も「厄を払い、福を呼び込む」静岡浅間神社の節分祭に行って参りました。
温暖なこの地方 日中の最高気温が10度と風もなく穏やかな節分日和に恵まれました。

 午後3時、大拝殿・舞殿前には小さな子供連れを始め善男善女が立錐の余地も無いほど詰めかけました。

浅間神社の節分祭は静岡市の無形民族文化財に指定されている伝統行事です。

Cimg5802a1_2

舞殿では裝束を纏った大勢の宮司さんにより古式ゆかしく太鼓の音を響かせ 弓矢で邪を払う「追儺式」が江戸時代から執り行われている特殊神事として伝承されているのです。
Cimg5823a1_2


やがて鈴や太鼓の合図で「おにやらぼう」を手にした善男善女によって一斉に「鬼」と書かれた戸板を叩き1年の邪気を追い払う儀式が始まりました。
静岡人は恥ずかしがり屋さんが多いのでしょうか? 最初は手加減しながらの鬼やらいでしたが、突然一人の青年が大仰なパフォーマンスよろしく、周囲の喝采を浴びました。
 見ている私達もスカッとしましたし、青年もさぞやすっきりしたことでしょう。 
 下の動画でご確認ください。

日本では静岡浅間神社と駿府のみで行われる珍しい鬼やらい行事だそうです。

Cimg5804a1

「おにやらぼう」とは、「鬼祓い」の道具の事で 長さ40センチほどに切りそろえた梅と、ネコヤナギの若枝を麻の紐で束ねたものです。
邪気を追い払った後は 家に持ち帰って、邪気封じに軒下や鬼門に掲げるの
です。

Cimg5834a1

いよいよお待ちかねの「豆まき」が始まります。

 動画2題をお楽しみ下さい。

今年は、ものまねタレントの そのまんま美川さんや女優の伊沢恵美子さん、年男、年女など60人が舞台から参拝客に向かって「鬼は外~! 福は内~!」を連呼して豆やお菓子を撒き始めました。
ものすごい熱気です。 
私は押しつぶされないように 後方から只々カメラ撮りに専念した今年の節分祭でした。

節分が終われば立春 昔から1年の始まりと言われます。
 今年も息災でありますよう只々願うのみです。

|

« スマホデビュー1年目 | トップページ | 今年も横谷温泉へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
なるほど、静岡人の控えめなところが興味深かった鬼やらい
でしたが、あの青年は見せてくれましたね。
何か現状を変えたいとか強い意志みたいなものが
感じられて、すがすがしい気持ちになりましたね。

さて、私の実家はお浅間さんから歩いて10分位なのですが
子供の頃に、どうしてこの行事を知らなかったのか...
行って、このような神事に触れていたらこの時期を
もっと楽しめていたんじゃないかと思ってしまいます。

動画を楽しみました。ありがとうございました。

投稿: みず | 2016年2月 7日 (日) 10時26分

ぽちさん、おはようございます~
私も浅間神社の節分祭には行ったことがありません。
古くからのこうした風習が今でも受け継がれているっていいですね。
子供の頃は近所の商店が豆まきをしてくれましたね。
袋を持って行ったように覚えています。
今年は私も恵方巻きを作ってみました。
この恵方巻きは商魂逞しい方々が流行らせたものですね。
スーパーもコンビニも恵方巻きの宣伝が大きかったですね。

投稿: ひろ | 2016年2月 8日 (月) 08時02分

♪ みずさん
 「おにやらぼう」で鬼を叩き出す
お浅間さんの節分祭のことは、この歳になって
私も実は、数年前に初めて実体験いたしました。
しかも不謹慎ですが、ブログに書きたいばかりに
下手なカメラ婆~ば気分でした。
、、、が、江戸時代からの珍しい神事は未来永劫に
伝承していただきたいと思います。
動画でご覧のように、「おにやらぼう」での厄払いに
すっきりしたdogです。

投稿: みずさんへぽちより | 2016年2月 9日 (火) 10時49分

♪ ひろさん
 私が幼い頃は、母が縫ってくれた木綿の袋を手に手に、ご近所を渡り歩いて豆まきを
楽しみましたよ。
当時は 炒り大豆はもちろん 皮付き落花生、みかん
飴玉など、、、1銭玉のおひねりもあったり
それはそれは楽しかったです。

 食が細くなった私は、恵方巻きのまるかじりは
無理で、炒り大豆を十数粒をよく噛み締めました。

投稿: ひろさんへぽちより | 2016年2月 9日 (火) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホデビュー1年目 | トップページ | 今年も横谷温泉へ »