« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

もったいない食器市

 1月12日の静岡新聞朝刊に わが町 葵区で「エコなうつわ屋さん」のリサイクル活動の記事が掲載されておりました。
Cimg60701


家庭で不用になった食器をリサイクルする取り組みが静岡市で広がりつつ在る ということを恥ずかしながら はじめて知った私は、エコ食器の取り組みに強い関心を覚えました。

昔 夢中になって買い揃え 今では戸棚に眠ったままの食器たちが恨めしそうに私をみつめております。
Cimg6044a1


 「エコなうつわ屋さん」の代表・増田功雄さん(上写真)は、本職の看護師の傍ら 不用食器のリサイクル活動を社会活動として始められたのは2012年の事でした。
「もったいない食器市」と題して 無料回収した食器リサイクルは、使えるものは中古食器として格安で販売し、販売できないものは岐阜市のリサイクル工場へ運び 0.008ミリになるまで粉砕して粘土に混ぜ再利用するのだそうです。 
工場への運送費は中古食器の売上でギリギリの活動を続けていらっしゃいます。
つまり、リデュース(ごみを減らす) リユース(繰り返し使う) リサイクル(再利用する)と云う3R活動を不用食器で行っているのです。
Cimg6038a1


 こんな素晴らしい活動に参加しない手はないと、2月21日(日) 静岡市葵区牛妻にある 賎機都市山村交流センター 「安倍ごころ」で開催されている第10回「もったいない食器市」へ 八十路の肩に負担にならない程度の不用食器を持って行ってまいりました。

Cimg6066a1_2

 しずてつジャストラインバス、安倍線(梅ヶ島方面行き)でJR静岡駅前から40分ほどの「牛妻坂下」で下車、安倍川沿いを200メートルほど歩けば 安倍川を左手に 遠く薬師岳・文殊岳を背景に オクシズの交流活動と情報発信の拠点「安倍ごころ」に到着します。
Cimg6050a1

バスや徒歩で持ち込む私以外 広い駐車場には自家用車の出入りも激しく 食器リサイクルに関心を持つ人が多く 台車を使って次々と運び込まれています。
Cimg6051a1

主催の増田さんご夫妻、ボランティアの方々も 受入れ、選別に大忙しの賑わいでした。
Cimg5793a1
こうして回収された食器類は分別されて、、、 

2015年12月にオープンした 葵区七間町の コミュニティホールミライエ1階のリサイクル食器の常設販売スペースには、回収された食器が40円~150円が中心で(高いものでも500円ほど)販売されております。
Cimg5797a1
今まで不燃物として埋め立て(埋立処分場は あと数年で満杯の現状)処分されていた思い出の食器たちも 再び陽の目を浴びてお役にたつのです。
 私の持ち込んだ食器もやがてここに並べられる日がきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒田富士雄さんの新作似顔絵展

静岡市の似顔絵ナンバーワン作家 黒田富士雄さんの2016年新作 有名人似顔絵展が静岡市葵区の秋山郵便局ロビーで開催されております。
Cimg60311_2

 昨年冬の「輝く女性似顔絵展」に続き 僅か4ヶ月後の初夏に24人の有名人似顔絵を発表され、独学で培われた技法を屈指して 今年も うわさのスポーツマンのルーティング新作を携えての展覧会は 秋山郵便局で3月11日(金)まで開催されております。

Photo_2
 黒田さんは静岡を代表する似顔絵はもちろんのこと、風刺漫画に至っては、「吉備川上ふれあい漫画美術館」公募「申」年マンガ年賀状に見事入賞されたり、SBSアナウンサーの似顔絵事件で局内をびっくり仰天させたり ますますのご活躍ぶりです。

明るいロビーには新作32人の似顔絵がずらり、、、
  似てる! 似てる!
五郎丸選手お決まりのルーティン このポーズ! この眼差し!
琴奨菊の「コトバウアー」!  決まりです!

1

2

Page

5

4

3

1_2  

1_31_4  

Photo

今人気絶頂の有名人の特徴を面白おかしくデフォルメされ、見る人を唸らせ喜ばせ 観客は癒やされるのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も横谷温泉へ

 何故か冬になると信州の渓谷 横谷温泉に行きたくなる私達旅仲間は今年も2月7日1泊のバス旅を楽しみました。

 長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳中信高原公園の秘境・神秘的な渓谷にただひとつの横谷温泉にはこれで5回目の私。
Cimg5841

 朝8時45分JR静岡駅南口を出発、ひたすら信州へと走るバスの車窓からは雄大な雪の富士山が旅の幸運を寿ぐかのように目の前に聳えます。

Cimg5846

 雪が珍しい駿河っ子にとって 私たちは目を輝かせ連なる銀嶺を眺めながら旅の幸せを実感するのです。

 信州そばを堪能して早めの温泉宿に到着。
Cimg5856a1
 夕方4時からは この旅のお楽しみのひとつ、キューティはしさんの「そっくりものまねショー」です。
橋幸夫、杉良太郎、和田アキ子の そっくりものまねの早業に よくぞ似たり! 拍手喝采! 
キューティはしさんのご了解を得て収録させていただいた爆笑動画をどうぞ!

聴いて笑って日頃の陰鬱を晴らすのです。

「ズワイガニ食べ放題の夕食」を堪能した私達をロビーで迎えてくださったのは、
Cimg5875a1_2

 若手演奏家に依る その名は「Thai's コンサート」の三人です。
Tha's(タイズ)は2013年5月に結成された音楽ユニットです。
多くの人々を音楽で笑顔にしたいと、東京都内を中心に地方の多くのイベントや子供向けの企画、コンサート等活躍されております。又日本のみならず、2014年にはドイツのフランクフルトなどヨーロッパ、カンボジア、ラオス等アジア各国にも足を運び海外の子供達の音楽普及活動を行っています。


 大入り満員のロビー 最前列に陣取って、メンバーさんのご了解を得て夢中で収録させて戴きました。  
 素敵な演奏の数々をお楽しみください。

チャルダッシュ

 

 【一青窈のハナミズキ】

 

 【チェロ奏者の町田奈津実さん作曲】

 

 【花は咲く】

 【ふるさと】

 

 演奏者も聴衆も一つになって心温まるコンサートでした。

失礼ながら こんな山深い渓谷の温泉宿で 都会的センスあふれたコンサートに巡り会えるなんて!  至福を噛み締めた宵でした。
Cimg5893a1
 翌日は信州の見所を楽しみ、往路の朝霧高原での素晴らしい茜の富士山に大感激! 
 感涙に咽ぶ瞬間です。
静岡県人でありながら 往復とも これほど素晴らしい富士山に出会えたことも永い人生で珍しいことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡浅間神社の節分祭

 2月3日は節分でした。
 全国の神社仏閣で繰り広げられる豆まきの様子がテレビを賑わせました。
Cimg5799a1

今年も「厄を払い、福を呼び込む」静岡浅間神社の節分祭に行って参りました。
温暖なこの地方 日中の最高気温が10度と風もなく穏やかな節分日和に恵まれました。

 午後3時、大拝殿・舞殿前には小さな子供連れを始め善男善女が立錐の余地も無いほど詰めかけました。

浅間神社の節分祭は静岡市の無形民族文化財に指定されている伝統行事です。

Cimg5802a1_2

舞殿では裝束を纏った大勢の宮司さんにより古式ゆかしく太鼓の音を響かせ 弓矢で邪を払う「追儺式」が江戸時代から執り行われている特殊神事として伝承されているのです。
Cimg5823a1_2


やがて鈴や太鼓の合図で「おにやらぼう」を手にした善男善女によって一斉に「鬼」と書かれた戸板を叩き1年の邪気を追い払う儀式が始まりました。
静岡人は恥ずかしがり屋さんが多いのでしょうか? 最初は手加減しながらの鬼やらいでしたが、突然一人の青年が大仰なパフォーマンスよろしく、周囲の喝采を浴びました。
 見ている私達もスカッとしましたし、青年もさぞやすっきりしたことでしょう。 
 下の動画でご確認ください。

日本では静岡浅間神社と駿府のみで行われる珍しい鬼やらい行事だそうです。

Cimg5804a1

「おにやらぼう」とは、「鬼祓い」の道具の事で 長さ40センチほどに切りそろえた梅と、ネコヤナギの若枝を麻の紐で束ねたものです。
邪気を追い払った後は 家に持ち帰って、邪気封じに軒下や鬼門に掲げるの
です。

Cimg5834a1

いよいよお待ちかねの「豆まき」が始まります。

 動画2題をお楽しみ下さい。

今年は、ものまねタレントの そのまんま美川さんや女優の伊沢恵美子さん、年男、年女など60人が舞台から参拝客に向かって「鬼は外~! 福は内~!」を連呼して豆やお菓子を撒き始めました。
ものすごい熱気です。 
私は押しつぶされないように 後方から只々カメラ撮りに専念した今年の節分祭でした。

節分が終われば立春 昔から1年の始まりと言われます。
 今年も息災でありますよう只々願うのみです。

| | コメント (4)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »