« 芹澤銈介生誕120年記念展 | トップページ | 冬瓜と鶏手羽元で »

人波に揺られ流され初参り

 静岡の観光会社 しずてつオリジナル企画「花ごよみ初詣編」の日帰り旅の今年は 名にし負う初詣客ナンバーワンを誇る東京は明治神宮です。
 年末年始にかけて 近年珍しく暖冬でしたが、この日あたりから寒さがやってくると云う気象予報に着膨れして車上の人となりました。

Cimg5700a

 JR静岡駅南口を定刻8時出発。
休憩の富士川SAでは 雪の少ない雄大な富士山を仰いで 旅の安全を確認いたしました。

と思いきや!  何と云うことでしょう! 海老名SAを過ごした頃 東京三軒茶屋辺りで追突事故による、牛歩の渋滞に見舞われました。
Cimg5705a

 東京ドーム3階にある スーパーダイニング「リラッサ」へ、、、

Cimg57042a

名の通り リラックス出来るおしゃれな一隅での 都会的センス溢れる西洋料理にデザートに ゆったりと堪能してどの顔もご満悦です。

日脚も伸び始めたと云っても、寒さも増し まだまだ日暮れも早い今日このごろ、念願の初参りを急ぎましょう。
Cimg5724a


 「1年の経は元旦にあり」と言っても新年も早や9日、3連休の初日とあって明治神宮はご多分に洩れず、人の波が絶えません。

大都会の中にあるとは思えない広大な代々木の杜は、明治神宮が出来る前は この一帯はほとんどが荒れ地のような畑だったそうです。
「永遠の森」を目指して、大正4年から70万平方メートル(22万坪)の壮大な計画を基に造営工事が始まり、全国から 北は樺太(サハリン)から南は台湾、はたまた満州や朝鮮から植林の木が約10万本が奉納され、延べ11万人もの青年団が勤労奉仕によって植林されたそうです。
こうして東京ドーム15個分の杜は自然林のように成長して 多くの絶滅危惧種や、都会には珍しい生物が棲息しているという人工林だったのですね。

ご祭神は明治天皇と昭憲皇太后です。

Cimg57122a1

 明治神宮のシンボル、高さ12m 太さ直径1,2m 重さ13トンの 樹齢1500年のヒノキの大鳥居をくぐり、霊験あらたかな面持ちで神前に向かいます。
Cimg5706a_2


 参道の両脇には 明治天皇に献上されたと云う日本酒やワインの酒樽が目に入ります。明治天皇はワインがお好きだったそうです。
Cimg5720a_2

 初詣日本一の明治神宮は この日も神前に詣でるまで30分以上はかかったでしょうか。 

Cimg5725a

 陰陽が鮮明に感じられると伝えられる「清正井」は 滞在時間の都合で残念ながら後日のお楽しみとなりました。

|

« 芹澤銈介生誕120年記念展 | トップページ | 冬瓜と鶏手羽元で »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
明治神宮へ初詣だったのですね。
今年はいいスタートですね。
あの大鳥居をくぐると気持ちもシャンとしたことでしょうね。
ぽちさんの旅にはいつも美味しいものがついていますね。
私もいつか明治神宮に初詣に行きたいです。

それにしても、富士山の雪が少ないのは残念ですね。
寒さが戻ってもなかなか雪景色になりませんね。

投稿: ひろ | 2016年1月17日 (日) 12時36分

ぽちさん
明治神宮への初詣は良かったですね!
晴れ女さんですから、雨も降らず、お食事も楽しまれて
ステキな旅になりましたね~

明治神宮へは行ったことがあるのですが、初詣はまだです。
名だたるところは何処も混雑していて、ついつい足が遠のいて
しまいます。今年は、私もぽちさんのように、フットワーク軽く
行動したいです。

寒さの本番はこれからですね。身体に気を付けて
過ごしましょう。

投稿: みず | 2016年1月17日 (日) 14時22分

♪ ひろさん
 年末年始にかけて暖冬だったからでしょうか?
雪の少ない富士山は まるで夏富士の様相でした。

 三軒茶屋辺りの追突事故のための渋滞さえなければ
苑内の「清正井」まで見学できるはずでしたのに
残念でした。   
が、 健康で元気で 明治神宮初詣が出来たことは 
有りがたかったです。

今日は一ヶ月ぶりかの雨降りです。
何故か? 少しほっとした気分です。
 富士山は厚塗りの雪化粧しているでしょうか?

 

投稿: ひろさんへぽちより | 2016年1月18日 (月) 09時53分

♪ みずさん
 すっかり着膨れしての明治神宮初詣でしたが
コートも邪魔なほど温かく 
穏やかで良い天気に恵まれました。

 それにしても 交通事故は多くの人に
迷惑を及ぼします。
事故のための渋滞さえなければ 大満足の
旅でした。

 しずてつオリジナル企画のこの旅は
私のような高齢者には 打って付けの
行動の楽な旅企画ですし、
年配のご夫婦、子供連れの家族
独り参加の私にも快適でした。

投稿: みずさんへぽちより | 2016年1月18日 (月) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/63058352

この記事へのトラックバック一覧です: 人波に揺られ流され初参り:

« 芹澤銈介生誕120年記念展 | トップページ | 冬瓜と鶏手羽元で »