« 今年の熱海梅園紅葉狩り | トップページ | 伊豆高原の旅 »

トリアージでケガ緑タッグへの対応

 静岡県の「地域防災の日」の12月6日 自主防災組織を主体とした地域防災訓練が私達学区でも 朝九時空気を揺るがすほどのサイレンを合図に行われました。
Cimg5456a

先ずは火の元を確認して、「我が家は大丈夫」のサイン 黄色い旗を玄関に掲示して、避難集合場所へ急行。
 自助・共助の体制を確認し合います。
私達自治会も、日頃はご近所同士どこの誰かも分からないまま過ごしてきた老若男女が 防災体制を整えて一同笑顔で近くの氏神様境内に集結。

 災害時の基礎的実地訓練が始まりました。
Cimg54422a


 リヤカーの組み立て
Cimg5445a


担架の組み立てと運搬方法
Cimg5450a


 初期消火水に依る実地訓練など、小・中学生も真剣な眼差しでチャレンジです。
Cimg54402a


 毎年同じような訓練ですが、今年は学区内の岡外科医院長先生の「トリアージで緑タッグだった人」のケガへの対応のレクチャーには 目からウロコが落ち 参加者異口同音感嘆いたしました。
下記は、岡外科院長先生のレクチャーです。

* 消毒をしない うるおい浸潤療法 (ラップ療法)
  トリアージで緑タッグだった人のケガへの対応は


 結論から言いますと、、、これまでのキズの治療法は、消毒してガーゼをあてて保護する方法は、決定的に違っていたそうです。

【閉鎖湿潤ラップ療法】
 キズを清潔な水で(水道水で十分)きれいに洗って(砂やガラスの破片などを取り除く)。 次にキズを乾かさないようにラップ(台所用で十分)でおおい、ふちを手頃なガムテープなどで止める。
後は毎日キズとそのまわりを水洗いしてラップの交換を繰り返す。

【消毒は絶対にしない】
 
消毒は細菌(細胞)を殺す”毒”、人間の正常な細胞に対しても毒である。 
ホメオスタシスと言って 人は自らキズを治そうとする能力を持っているが 細胞も殺してしまうから、かえってキズの治りが遅くなる。  
  正に目からウロコが落ちました!

【キズは乾かさない】
 ケガの後は、治癒に必要な浸出液が出てきますが、ガーゼなどを当てると必要な成分が吸収されて乾燥してしまい 治癒効果が無くなるので ラップなどの水を通さないフィルムを当てて 少し隙間を開けてテープで留めるのがよい。  そうです。

* ケガは「赤チン」で消毒して、乾燥させる 従来の応急処置は間違いと、外科院長先生はおっしゃいます
  「なるほど! ガッテン!」です。

Page

 防災訓練には大事な炊き出しです。
私達自治会の婦人部の炊飯炊き出しは馴れたものです。
 急ごしらえの薪かまどを設えて 懐かしい昔使った鍋釜で、温かくふっくら美味しいご飯と熱々の味噌汁に 皆一様にほっこり味わいながら今日の訓練を確認し合ったのでした。

 災害の大小に依っては万全な訓練とは言えませんが、こうしてご近所同士が一同に集まって お互いの絆を確認しあう大事な日となりました。

 

|

« 今年の熱海梅園紅葉狩り | トップページ | 伊豆高原の旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
おはようございます。
地域の防災訓練は大事ですね。
我が自治体でも、毎年やります。でも我が家の地域は
避難場所より、海抜が高くなっているので、むしろ自宅待機の
方がいいということで、気になりながらも出向くことが
なかったです。

でも、炊き出しとかその道の専門家に、ためになるお話を
聴けるチャンスですから、実際の災害時はともかく、訓練の
時は行って勉強することは大事だなぁっと、痛感致しました。

キズのお話、これは私も目からうろこでした。
日常生活にも役に立つ情報ですね。
今度、傷を作っちゃったら、やってみようと思いました。

今年も、残り少なくなりました。どうぞご自愛下さいね。

投稿: みず | 2015年12月13日 (日) 11時19分

ぽちさん、おはようございます~
1年に1回の防災訓練も、もう慣れたものですね。
ほとんどの家庭が参加してくれるのが我が自治会ですね。
私も炊き出しのお手伝いを毎年していますが、今回は若い人
も手伝ってくれて和気藹々でした。
キズのお話は大変ためになりましたね。
消毒をしないにはびっくりぽんでした。
非常用としてラップ、ガムテープはしっかりと確保しておきますね。
いつ来るかわからない大地震に備えてまだまだ勉強するところがたくさんあります。

投稿: ひろ | 2015年12月14日 (月) 07時25分

♪ みずさん
 自然災害は、なんの前触れもなく突然起こります。
多少の空腹は我慢もできますが、人間にとって
突然催すトイレの必要生は、余り語られませんでした。
 私はこの事が一番気になっております。    (≧д≦)

投稿: みずさんへぽちより | 2015年12月14日 (月) 16時34分

♪ ひろさん
 私達自治会婦人部の炊き出しには
いつも感謝!感謝!です。
 岡外科医院長先生のレクチャーは
昨年もトリアージの件でした。
今年のトリアージ緑タッグの応急手当
はどなたも目からウロコでしたね。
 ご近所に先生がいらっしゃることは
有り難いですね。

 ひろさん達ベテラン婦人部には
いつも元気を頂きます。
ありがとう!

投稿: ひろさんへぽちより | 2015年12月14日 (月) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/62832248

この記事へのトラックバック一覧です: トリアージでケガ緑タッグへの対応:

« 今年の熱海梅園紅葉狩り | トップページ | 伊豆高原の旅 »