« 築地場外市場と水族館へ | トップページ | 深大寺と神代植物公園へ »

缶詰の賞味期限

 久しぶりに防災グッズの中身を点検してみました。
ペットボトルの水や非常食品に交じって 5年前に快気祝いでいただいた缶詰が 威厳のある顔で ごろごろっと出てきました。 
 私には滅多に買えそうもない「タラバガニ」や「ホタテの貝柱」など そうそうたるメンバーです。 
貴重な食品だけに大事に大事に保存しておりました。

Cimg0122a_2
 ところが 缶詰に表示してある賞味期限を確認してビックリ仰天!

いずれも「2013、10、1」とあるではありませんか!
しまった~ァ! 遅きに失し取り返しがつかないことをしてしまった!  
 
 缶詰は永年保存食品と心得て、日常生活に使用することは殆ど無い私は 賞味期限切れの表示に愕然といたしました。

 缶詰とは云え、賞味期限が2年も経っていては 廃棄するべきか? 思い切って食べるべきか?  
 
葛藤の日々が何日か続きました。
今更人様に聞くにも恥ずかしい。
 独り暮らしの解決法としては 当然ネット検索に頼るしかありません。
検索してみれば、このように悩む人も多く私だけではありません

 下の図は 日本缶詰協会の「かんづめハンドブック」による、缶詰の蓋にある記号の見かたです。
Img11_2
 缶詰は製造されてから常温で約3年間の長期保存が出来る事から非常食の定番となってるそうですが、 いざ食べる時点で うっかり賞味期限切れに遭遇するかも知れません
 嬉しいことに耳よりの記事を見付けました。
缶詰の保存状態で 期限切れでも大丈夫! と云う記事です。
 缶詰は密封された後 加熱滅菌して 食べ物の腐敗の原因となる微生物を殺滅していますから 保管状態が良ければ 未開封であれば 5年、10年それ以上過ぎても中身が腐ることなく賞味期限を過ぎても安全面や衛生面に問題無いとありました。
 但し
① 缶が錆びていないか?
② 缶の蓋が膨らんでいないか?
③ 缶の蓋を押すとペコペコと凹んでいないか?
を良く確認して あくまでも 「自己責任で」と 念押しされておりました。
 終戦直後食糧難の頃は、賞味期限のことなど、お構いなしに
ありがたく食べました。
 調べている中に
備蓄用のペットボトルの7年保存可能の天然水や、9年過ぎたカニ缶を食べた勇者もいたとか、、、ネットには そんな話題も載っておりました。

 ならば勿体ないから 勇気を出して戴きましょうと、最初は恐る恐る口にしてみては安堵し 「自己責任で」 しばらく の間 「カニ玉」 「冬瓜とカニのあんかけ」 「ホタテと新生姜の炊き込みご飯」 「ホタテのオムレツ」等々 身の程知らずの贅沢なグルメの日が続きました。

 カニやホタテは缶詰めの王様。
   美味しく平らげて 私は健在です。
 

|

« 築地場外市場と水族館へ | トップページ | 深大寺と神代植物公園へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
豪華なお食事が連日できてよかったですね。
私はあまり賞味期限にはこだわりません。
以前はそんなものはなかったですよね。
自己責任で自分の舌や鼻を信じて食べていましたよね。
特に缶詰は大丈夫と信じています。
時々は食品の整理はしなければいけませんね。
ただ、我が家の場合は保存食として置いたものまですぐ食べて
しまって在庫があまりありません。
今日もいいお話をありがとうございました。

投稿: ひろ | 2015年9月13日 (日) 09時36分

ぽちさん
私も、そのような経験はありますよ~
東日本大震災の時、沢山の水を購入していました。
先日、何気なく賞味期限を見ると期限切れでした。
慌てて、飲んじゃいましたが、別におなかを壊すことも
ありませんでした。あくまでも自己責任ですけどね~

缶詰も時々はチェックしないと駄目ですね。
私もぽちさんと同じで、あまり缶詰は使用しない方
なんですけれど、あの大震災以来は備蓄してますからね。

でも、ぽちさんいろんなバリエーションのおかずが
食卓に上ったみたいで、良かったですね。

投稿: みず | 2015年9月13日 (日) 11時07分

♪ ひろさん
 昔は 日にちをおいたご飯など匂いを嗅いで
これは?と思えば洗って干飯にして無駄なく食べたものでした。
今、食料飢饉が起きたらどうしますか?
こんな事も心得ておいてもいい時ではないでしょうか!

 最近の自然災害を思うとじっとしていられません。

やっぱり缶詰は何個か保存しておきたいと思う昨今です。

投稿: ひろさんへぽちより | 2015年9月13日 (日) 15時45分

♪ みずさん
 終戦後の食糧難を体験しておりますので
高価なものをいただくと、勿体無いと言って
すぐに食べてしまうのを躊躇してしまいます。
 
最近の自然災害を思うとつい備蓄をしてしまいますが
備蓄をしながら、ローテーション良く 無駄のない
備蓄設計に心がけることにします。
 まずは、冷蔵庫の中身の点検からですね。
有り難い時代です。

投稿: みずさんへぽちより | 2015年9月13日 (日) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/61913256

この記事へのトラックバック一覧です: 缶詰の賞味期限:

« 築地場外市場と水族館へ | トップページ | 深大寺と神代植物公園へ »