« 清水港に「ダイヤモンド・プリンセス」号寄港 | トップページ | お手軽お抹茶 »

蓬莱橋

 新緑の5月 早くも連日の夏日に戸惑っておりますが、幸い 照りもせず、降りもせずのある日 日頃の運動不足解消にと一念発起して 島田市の「蓬莱橋」を目差しました。  
 と云っても車を持たない私は 公共交通機関を利用しての独り旅です。

最近覚えたてのスマホ google Mapsを屈指して、場所の確認と、JR静岡発の電車を確認、島田駅からの道程など、おぼつかないスマホ手さばきで 午後2時 東海道線島田駅に到着しました。
 蓬莱橋までは歩いても行けると聞いて、てくてく歩きとなりました。

 夏草生い茂る土手の通りには、すいすいと行き交わす自家用車ばかりで、同乗のペットのワンちゃんでさえ 車窓から身を乗り出して涼しい顔で私を見送ったりして 健脚を頼りの道中は 人っ子一人見当たらぬ私一人の侘しさです。
 30分ほどで「蓬莱橋」のたもとに到着しました。
駐車場には 輦台渡し(れんだいわたし)のその昔 越すに越されぬ大井川に架かる世界一長い木造りの橋への他県ナンバーも多く、車社会とのギャップを今更ながら思い知りました。
Cimg3923a
 【蓬莱橋】
静岡県島田市の大井川河口から12,4キロメートルに架けられた木造の橋は、歩行者と自転車専用です。
Cimg3939a
 全長 897,422メートル  通行幅 2,4メートル
国内でも珍しい
Cimg3922a
 「賃取橋」として有名で、平成9年12月30日に 世界一の長さを誇る木造歩道橋として イギリスのギネス社に認定されました。
長い木の橋・・・・・長生きの橋
全長 897,4メートル・・・・・やくなし=厄無し
 の語呂合わせで縁起の良い橋として人気があるのです。
Cimg39422a
 厳しい暑さ到来前の行楽日和とあって、結構賑わっておりました。
Cimg3920a
最後の将軍徳川慶喜の頃 1879年(明治12年)1月13日に完成しましたが、木橋のため度々の川の増水で被害にあいました。
2003年(平成15年)8月の台風で橋脚が流失したり、2007年(平成19年)7月の台風で一部が崩落の被害に遭った事も記憶に新しい。
Cimg39212a
先ずは河川敷に降りて 先人の贈り物 長々続く木組みを仰ぎみて感嘆!
 いよいよ897,4メーターを往復いたします。
Cimg3930a
あいにくこの日は薄曇り、好天ならばこの辺りでの富士山絶景キーポイントです。
 渡りきった蓬莱橋右岸には 小高い「蓬莱の島台」があり、
Cimg3933a
奈良薬師寺の国宝(秘仏) 吉祥天女にあやかり、薬師寺の松久保秀胤(まつくぼしゅういん)管長の入魂により開眼した「蓬莱吉祥天女」が鎮座する小さな祠に手を合わせました。
 蓬莱に不死の仙薬無けれども 長生き橋(長い木橋)にあやかって、長寿祈願の鐘の音が 「ご~~~ん」と響き渡り 心洗われます。
 きびすを返し、もと来た道を島田駅を目指し てくてくと独り行脚の旅でした。
Cimg4141
 折りしも今朝(5月31日)の静岡新聞に 「蓬莱橋にぼんぼり120個」と題して「蓬莱橋ぼんぼり祭り」が30日・31日に開催中の記事が載っています。
橋に120個のボンボリが飾られ、和太鼓の演奏 踊りやバンドを繰り広げ、日没後はライトアップされた幻想的な雰囲気が楽しめるそうです。
 
 

|

« 清水港に「ダイヤモンド・プリンセス」号寄港 | トップページ | お手軽お抹茶 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんばんは~
蓬莱橋に行かれたのですね。
スマホを使われるなんて先端を行っていますね。
私はまだガラ系ですもの。
蓬莱橋には私も数年前に行ったことがあります。
木造の長い橋は見るだけでも価値がありますね。
何度も何度も増水の被害に遭っているのにちゃんと修復される
所がまたすごいですね。
寅さんの映画にも使われたのではないかしら。
蓬莱橋の名前もステキですし、姿形(?)がまた美しい橋ですね。
ボンボリが飾られた橋はさぞかし美しかったことでしょうね。
私もまた見に行ってみたいです。

投稿: ひろ | 2015年5月31日 (日) 18時09分

♪ ひろさん
 蓬莱橋は以前何度か見た事がありましたが
渡りきったのは今回初めてでした。
この歳になると、足腰丈夫なうちに、、と
一念発起で渡ってきました。 (o^-^o)

 夕闇迫るころ、沢山のぼんぼりの灯りに
浮かぶ蓬莱橋も幻想的でしょうね。
是非行ってみたかったのですが、
アッシー君でも探さなければね。 (u_u。)

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2015年6月 1日 (月) 10時00分

ぽちさん
お久しぶりです。
私、ちょっと遠くに行ってまして失礼していました。

蓬莱橋は私も7~8年前に行って渡りました。
こんな長い橋が木造で、未だに存在しているのに
驚いた記憶があります。行った日は強風で橋を渡っている
間中、橋が壊れはしないかと心配でした。
その時、大事に守っていかなければと、強く思いました。

ぽちさんのスマホ片手にスイスイと、時刻表を見ながら
歩いている様子が目に浮かびます。
凄い!私、まだスマホデビューしてませんもの。

蓬莱橋、思い出しました。ありがとう!

投稿: みず | 2015年6月 2日 (火) 14時19分

♪ みずさん
 ブラボー!!!
遠い憧れの国への旅!
 如何でしたか?
ヨーロッパはどの国も永い歴史と
どこを歩いてもアートですね。

 ヨーロッパの石で造られた橋も歴史を感じますが
島田の木造蓬莱橋も中々渡り応えがありました。

 恥ずかしながらスマホ片手にスイスイとは参りません。

悪戦苦闘のじれったさに、我ながら呆れております ( ̄○ ̄;)!
 スマホは認知症を少しでも予防するための手段です。
良くも悪くも世の中のめまぐるしい進歩に戸惑っています。
 
 

投稿: みずさんへ ぽちより | 2015年6月 3日 (水) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/61662688

この記事へのトラックバック一覧です: 蓬莱橋:

« 清水港に「ダイヤモンド・プリンセス」号寄港 | トップページ | お手軽お抹茶 »