« 糺の森(下鴨神社) ~上編~ | トップページ | 伏見稲荷と周辺散策~宇治平等院へ »

糺の森(下鴨神社) ~下編~

 下鴨神社 その奥に構える中門を潜ると、珍しい干支の神様のおわします パワースポットへといざなわれます。

Dscf04311_2

先ず目に入ったのがこの看板
  『鴨の社へ えと 詣』  
えと詣でとは珍しい神社ですね。

Photo

十二支それぞれの守護神が一つ~二つ合体されて 七ヶ所に祀られていている こじんまりとしたお社が点在しております。
 Img_3_2
さほど広くも無い空間に大きなパワーが感じられるのです。

 私と長女は「申年」 末の弟は「辰年」 次女は戌年 心をこめてお参りいたしました。
Photo_2

Photo_4

自然豊かな下鴨神社には 古代の京都を切り拓いたとされる京都の守護神があちこちに祀られてあり、
1
境内の中ほどに「鴨の七不思議」といわれる霊験あらたかな一つに 「さざれ石」が鎮座 ひときわ目を引きます。
 【♪~ 君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔の結ぶまで】
 国歌「君が代」に詠われた「さざれ石」です。
日本各地には石を神様として祀る信仰があります。
Cimg2852
「さざれ石」は 小さな石が年と共に成長し苔むして岩となると信じられている神霊の宿る石です。 
 「古今和歌集」にも「さざれ石」が詠まれ、国歌の原点と高札板にあります。
Photo_3
 更に奥まった処に 災厄除けの神様を祀った「みたらし団子」発祥の みたらし社の前には、その昔 川に足を浸して身を清め 無病息災を願った御手洗川が流れております。
 清らかなせせらぎで 身を清める昔の人の信仰心にに篤いものが感じられます。
1_2
架かる朱塗りの輪橋(そりばし)の美しさ!
 思わず手を合わせたくなるような 気高さを感じます。

 広大な自然豊かな糺の森は 霊験あらたかな森 「七不思議」を巡るには 与えられた小一時間では到底無理な事でしたが、多種多様な神様に守られて 遠い平安の時代にまで思いを巡らし こころ豊かな至福の時を刻みました。





|

« 糺の森(下鴨神社) ~上編~ | トップページ | 伏見稲荷と周辺散策~宇治平等院へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
下鴨神社には干支をそれぞれにお参りするところが
あるんですね。何か特別って感じで、ご利益があるように
感じますね。

「さざれ石」とは子供の時から「君が代」で親しんで
おりますが、こんな、いわれがある石と言うことを初めて
知りました。まだまだ知らないことが多すぎるみずです。

神聖な気分になりました。
有難うございました。

投稿: みず | 2015年1月18日 (日) 16時40分

♪ みずさん
 そうなんです。 下鴨神社には
やおよろずの神様がいらっしゃるのかしら?と
思う程に驚きました。

 糺の森境内は それはそれは敬虔あらたかな
こころ癒される処でした。
私にとって この旅の一番の感動でした。

 京都へは何度も旅をしているのに
まだまだ知らないことばかりです。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2015年1月19日 (月) 11時54分

ぽちさん、おはようございます~
下鴨神社は身が清められる所ですね。
干支詣は私も体験しました。
お寺とは違った魅力がありますね。
あの「君が代」の「さざれ石」も長い年月をかけて立派な石になるのですね。
私の力は微小でも継続すればきっと大きく育つと思ったら気持ちまで大きくなりました。
ぽちさん、お互いにブログ長くつづけましょうね。

投稿: ひろ | 2015年1月20日 (火) 07時18分

♪ ひろさん
 私にとって下鴨神社は初めてでした。

「糺の森」 平安時代 源氏物語に思いを馳せるに
ふさわしい処として 一度は行ってみたいところでした。
 こんなに多くの神様がおわしましたとは
感慨無量でした。

 千里の道も一歩から、、、
少しずつ掲載するブログでも お粗末ながら
自分史にもなることを痛感しているdog です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2015年1月20日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/60967498

この記事へのトラックバック一覧です: 糺の森(下鴨神社) ~下編~:

« 糺の森(下鴨神社) ~上編~ | トップページ | 伏見稲荷と周辺散策~宇治平等院へ »