« 糺の森(下鴨神社) ~下編~ | トップページ | 俳句 「逢 四人展」 »

伏見稲荷と周辺散策~宇治平等院へ

 後ろ髪を引かれる思いで糺の森に別れを告げて、バスは伏見のお稲荷さん詣でと相成りました。
 伏見稲荷には丁度一年前 名残りの紅葉旅の折にお参りしたばかりでしたが、あの時 気が付かなかった「おもかる石」を体験したくて 往路・復路二重の鳥居を貫けた辺りに安置する場所を目指しました。

Cimg2869
 うわさ通り、外国からの観光客の多さには驚くばかりです。
すれ違う人の波からは、中国語あり、韓国語あり、ブロンドあり、青い目ありで、朱塗りの稲荷神社山門や幾重にも連なる千本鳥居に皆驚嘆の眼差しです!  
Cimg2874
 外国からの日本観光地人気ナンバーワンは、ここ京都伏見稲荷なんだそうです。 
私たち日本人にも威容なほどの鳥居の数々、華やかな山門、拝殿に驚くのですから、異邦人にもむべなるかなですね。
豪華な山門・拝殿 何といっても連なる朱塗りの鳥居に度肝を抜いていらっしゃるのです。 もちろん日本人ですら 眼を白黒 驚嘆するのです。
先ずは 千本鳥居入り口に昨年は気付かなかったこの看板  「おもかる石」を、目指します。
Cimg2872
 徒歩あと二分! 頑張れ!  辿りついた先には、、、
Cimg2879
 碁盤の目のように きっちりと積まれた石垣の前に納まっている2対の石の前には 善男善女が列をなしております。
Cimg2880
 灯籠の前で手を合わせ願いを祈念して おもむろに石を持ち上げ、軽いと感じれば願いが叶うと云うお試し石だそうです。
(赤ちゃんのつむり位の大きさ 八十路の私には重かった~)

     着ぶくれて伏見稲荷の異邦人
     健康祈願冷たき石(意志)を持ち上げり
     「おもかる石」邪気をぬぐいて春を待つ
 
 稲荷神社と云えば拝殿前に鎮座する「狛犬」ならぬお狐さまキツネと云えば油揚げ、油揚げと云えば~?
  帰りの新幹線内での晩餐として 門前通りで買った稲荷ずし 絶品でした。
Cimg2888a
お参りを済ませ、伏見周辺の散策となり 刀傷の残る坂本竜馬の隠れ宿の「寺田屋」は昨年見学したし~ 
 空腹では旅も叶わぬ 「先ずは腹ごしらえ、、}と
Cimg2892a
懐かしいカッパのコマーシャル 黄桜酒造酒蔵の雰囲気あるレストラン「カッパカントリー」での昼食を 和風の落ち着いた雰囲気の中で堪能いたしました。
  ここは穴場! 
  旅行者の皆さ~ん! 
    見逃すなかれ~! ですよ~。

Cimg2907_2

 旅の終盤は 世界遺産 宇治の平等院です。
10円硬貨でおなじみの宇治平等院鳳凰堂です。
Cimg2901
 風も無く穏やかな小春日に金箔の鳳凰の輝き 池の面に映る鳳凰堂の気高さに見惚れます。
Cimg2913
 何度か訪れた平等院ですが、今回は 2012年から始まった鳳凰堂の2年がかりの修理が3月に終了した事もあって、鮮やかにお色直しされた鳳凰堂の外観を見収めたのでした。
Cimg0121
最後に 「白ワインで漬け物試食」で定評の西利さんのサービスにほっこり
 JR東海ツアーズの新幹線利用の格安特別企画「京都よくばり10選」 この日一日で1万歩余り 平成26年年忘れの旅が無事終わりました。

|

« 糺の森(下鴨神社) ~下編~ | トップページ | 俳句 「逢 四人展」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
おはようございます。
本当に盛りだくさんの京都の旅でしたね!

伏見稲荷の「おもかる石」の話は聞いたことがあります。
やっぱり石ですから、大きさを見れば、重く感じる方が
多いのでは?ぽちさん、持てただけでもきっと、ご利益
ありますよ。

平等院鳳凰堂は素晴らしいですね~
何気なくいつも、10円玉で見ていてお馴染みですが、
こんなに美しい建物とは、知りませんでした。

最後の白ワインと漬物、たまりませんね~
締めが良すぎます。(^◇^)

投稿: みず | 2015年1月25日 (日) 09時21分

♪ みずさん
 往復新幹線に乗って、ホテルに1泊2日
現地では観光バスで「よくばり10選」を
ゆったり巡って、、、 往復新幹線代ほどで
楽しめるなんて お得な旅でした。

 伏見稲荷神社の「おもかる石」は
海岸や河原の石と違って 黒味がかった
緻密な肌をしておりました。
持ち挙げた途端 ずっしり重く隕石?かと
思う程重かったです。

 白ワインと漬け物のコラボは予想以上に美味!
以来我が家でも、、、です。 wine

投稿: みずさんへ ぽちより | 2015年1月25日 (日) 16時19分

ぽちさん、おはようございます~
伏見稲荷のあの鳥居は圧巻ですよね。
私も初めて見た時は度肝を抜かされました。
そして、宇治の平等院のあの美しさはたまりませんね。
ここは中学の時の修学旅行の中で一番思い出の深い場所です。
何度も訪ねてみたい場所ですよね。
昔の人はどうしてあんなに素晴らしいものを造ることができたのかしら。
ぽちさんもずいぶん歩かれてお疲れになりませんでしたか?
だって一万歩なんてすごい!!
まだまだお元気なぽちさんですね。

投稿: ひろ | 2015年1月26日 (月) 07時28分

♪ ひろさん
 ヨーロッパ建築の世界遺産は
ほとんどが石造りですが、
日本の建築物のほとんどが
木造です。
釘も使わず 五重の塔ですら中心になる
眞柱1本が主体となるなんて
昔の人の英知は素晴らしいですね。

 世界に誇れる日本の遺産を
拝観できる幸せが有難く思う dog です。

神社仏閣巡りで1万歩  我ながら驚いております。
 健康第一 痛感します。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2015年1月26日 (月) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/60999292

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷と周辺散策~宇治平等院へ:

« 糺の森(下鴨神社) ~下編~ | トップページ | 俳句 「逢 四人展」 »