« 秋を彩る箱根路 ~下編~ | トップページ | 熱海梅園の紅葉 »

豊好園お茶飲み会と野趣の集い

恒例となって今年は23回目を迎えた「豊好園お茶飲み会」 11月23日にお呼ばれに行って参りました。

 Jリーグ「清水エスパルス」のホーム 日本平から20キロメートルほど興津川を遡り奥まった山間、静岡市清水区 両河内に位置する布沢に 親子孫三代がこの地の風土に合った先人の教えを守り、研究を続け「お茶に心をのせて」と 温もり伝わるお茶農家 「豊好園」さんのファンへの感謝祭です。
 
 晴天に恵まれ 風も無く穏やかな小春日和 前庭にはテントも張られ 早くも地元の農家自慢の農産物を賞味する「野趣の会」が開かれ 近郷近在から 友人知人家族連れで賑わっております。
Cimg2553a
 まずはお座敷で おもむろに、静岡県農林技術研究所の先生による お茶の入れ方を学びます。
 と云っても作法にとらわれないで一番美味しいお茶の淹れ方をご指導いただきながら お茶の真髄を味わうのです。
Cimg2532a
 四人一組 お膳には小さな玉露用の急須、茶碗、湯ざまし、全国茶品評会 かぶせ茶の部入賞「燦」(きらら)10グラム
Cimg2406a
ポット、ビーカー、温度計、砂時計が用意され、レクチャーの手順に従って最上級のお茶の淹れ方を学びます。
Photo
 一煎目は舌でころがし、咽をならし、トロットした甘みを 二煎、、、四煎と穏やかな じんわりとした渋味を自家製の「栗の渋皮煮」と共に味わう至福のひと時です。 
Cimg2539a_2
 
 お茶会が終わって 友人のTさんが 柔らかい早緑の茶がらを捨ててしまうには勿体ないと ポン酢醤油に浸して下さいました。
色合いも 歯触りも良く 「これがお茶がら?」と 味わい深く賞味いたしました。
 
 前庭から いい匂いがしてきましたよ~
Cimg2386a_2
 こんにゃく、だいこん、じゃがいも、たまご、 ぐつぐつと山の幸おでんに人々が群がります。

自家栽培の粘りの強い山芋を 年季の入った山椒のすりこぎで念入りにすり これも自家製味噌汁で合わせ 炊き立て麦ご飯にたっぷりのととろ汁 薬味の細ネギを添えていただきます。 
Cimg2564_2a
採りたて炭火焼のシイタケは風味満点 うま味は絶品!。
A_2
 里芋炭火焼の「いもちゃあちゃ」は豊好園の名物  どれもこれも食べ放題!
A
お腹いっぱいに里の秋を満喫しました。
Cimg2409a_2
「品種茶処」ティールームでは、インストラクターによる 個性を大切にブレンドしない特選茶の説明や 美味しい淹れ方を聞きながら賞味いたしました。
Cimg2563_3a
やぶきた銘茶詰め放題のお楽しみにも興じます。
 このイベントは「里山の秋」を楽しんで欲しい!と、始められて二十数年、豊好園さんの「お茶に心をのせて」 親子孫三代の揺るぎない研究成果を垣間見るひと時でありました。

* ここでクイズです!
  お茶を注ぐ時 急須の蓋のアナの位置は何処が最適でしょうか?
  ① 注ぎ口より遠く つまり取っ手に近く
  ② 蓋のつまみの上側に
  ③ 注ぎ口の近くに 
  ④ 蓋のつまみの下側に

正解は、、、、、
③ 注ぎ口の近くでした。
 20141024171540_2
急須の蓋の穴の位置の向きが違うと 茶葉の回転が悪く 茶葉の広がりが悪くなり お茶の美味しさに違いがでるそうです。

 穴を注ぎ口の方向にすれば、急須内のお湯がぐるぐる回り 茶葉が良く回るほど良く広がり お茶の成分、うま味が程良く抽出できるそうです。
 但し 急須を極端に振り動かしてはなりません。
   私も何気に この方法で注いでおりましたが、「なるほど!」と 今更ながら再認識したのでございます。
     ご高覧ありがとうございました。
 

|

« 秋を彩る箱根路 ~下編~ | トップページ | 熱海梅園の紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
とっても贅沢な、豊好園さんのおもてなしですね。
お天気も良かったようで、存分に楽しまれた様子が
分かります。

「栗の渋皮煮」 食べた~い (^◇^)
お茶の淹れ方は勉強になりますね。
それと、急須の穴の位置は、偶然に、私もこのように
しておりました。良かった!

布沢のお茶会が、これからもずーっと続くことを
祈ってやみません。

投稿: みず | 2014年12月 7日 (日) 10時37分

♪ みずさん
すべてが地元で採れた野菜でのおもてなしは
確かに贅沢ですね。

 地元の農家さんも率先して参加され
みなさん笑顔で大わらわでした。

 「栗の渋皮煮」は、80歳を越えた
おばあちゃんご自慢のお菓子です。
栗も自家栽培。

笑顔笑顔の一日を満喫しましたよ。happy01

投稿: みずさんへぽちより | 2014年12月 7日 (日) 17時13分

ぽちさん、おはようございます~
恒例の「豊好園お茶飲み会」 は今年も盛大に行われてよかったですね。
毎年同じ時期に同じように行われるということはやっぱりすごいことだと思います。
そして元気に参加できることもすごいことですね。
美味しいお茶、美味しい里芋、美味しいしいたけ等の香りや味覚が写真でも伝わってきました。
急須の穴のクイズには正解でした。(よかった!)

ぽちさんは地域の行事にも必ず出席してくださってうれしいです。
昨日も寒い中の防災訓練に参加くださってありがとうございました。

投稿: ひろ | 2014年12月 8日 (月) 08時19分

♪ ひろさん
 素晴らしい小春日和に恵まれて 
一日楽しく過ごしました。

 傘寿も過ぎると兎角外出が億劫になりますが、
今のところ ひょこひょこ出掛けられるのが
有難いのです。と云っても油断大敵ですね。
交通事故やけがに充分気を付けなければね、、

 作日の防災訓練も毎年同じ事のようですが
再認識して、訓練に馴れることが大切ですね。
婦人部の皆さんによる炊き出しも 随分手慣れて
頼もしい限りです。 ご苦労様でした! (._.)アリガト

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2014年12月 8日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/60753015

この記事へのトラックバック一覧です: 豊好園お茶飲み会と野趣の集い:

« 秋を彩る箱根路 ~下編~ | トップページ | 熱海梅園の紅葉 »