« 秋を彩る箱根路の旅 ~上編~ | トップページ | 豊好園お茶飲み会と野趣の集い »

秋を彩る箱根路 ~下編~

 箱根と云えば芦ノ湖 今まさに錦秋の湖畔を愛でるにふさわしい遊覧を楽しみましょう。

芦ノ湖は3000年前に水蒸気爆発した神山の大崩壊を堰きとめた堰止め湖であり 神奈川県は箱根山 湖面標高725メートルにある火口原湖です。

 面 積   7,10平方キロメートル      
 周 囲   21,1キロメートル
 最大水深 43,5メートル         
 平均水深 15,0メートル
 透 明 度  7メートル

水源の大部分は湖底の湧水だそうです。
Cimg2417a
 
 箱根町港を14時25分出航 紅葉にも劣らぬ色彩鮮やかな「芦ノ湖遊覧海賊船」で 湖畔の錦秋を満喫いたしました。
Cimg2423a
きらきら輝く湖面を滑るように航行する海賊船に心躍らせ お転婆ば~ばはデッキに上がり 小春の風をなびかせながら 映りゆく湖畔の秋景色に感嘆!
Cimg2437a
小高い山々に展開するパッチワークのような紅葉、湖面に映る箱根神社の平和の赤鳥居の荘厳な美しさに酔いしれた桃源台までの30分の遊覧を心ゆくまで楽しみました。

 箱根町港で乗り捨てた観光バスは、陸路先回りして桃源台の駐車場で私たちを待ち受け、一路白波打つ芒原で有名な 箱根仙石原を通過して長安寺へと向かいます。

長安寺は知る人ぞ知る 羅漢像と紅葉のスポットです。
Cimg2525a_2


 創建は1356年とかなりの昔。 「東国花の寺百ヶ寺」として知られる名刹ですが私は初めての参詣です。
60f49ccd6ca4325628212222526127fda
山門を潜ると、数々の羅漢さまが迎えてくれます。
 羅漢さまはお釈迦様のお弟子さん。
Page7
紅葉を愛でながら、小高い裏山に通じる小径を散策すれば あちこちに点在する羅漢さまが 語りかけてくれるのです。
 「あれッ! 亡くなったおじいちゃんに似てる~!」 
      どこからかそんな囁きも聞こえます。 
羅漢さまに諭されながら 秋を存分に吸収し こころ癒されるのでした。

今回の旅はお天気にも恵まれ コートもいらないほど温かな小春日和に恵まれ予想以上に楽しく有意義な旅でした。

 日本の懐かしい歌 「もみじ」のメロディにのせて 15分 編集動画の旅をお楽しみください。
 
 

|

« 秋を彩る箱根路の旅 ~上編~ | トップページ | 豊好園お茶飲み会と野趣の集い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
秋の箱根路の旅、よかったですね。
私も一緒に楽しませていただきました。
芦ノ湖の遊覧船はさぞかし気持ちよかったことでしょう。
長安寺の羅漢さまはすばらしいですね。
あんなに生き生きとした羅漢さまに会ってみたいです。
紅葉もすばらしいし、ハナマルの旅でしたね。
小春日和が続いていましたが、明日当たりから冷え込むようですね。
寒さに向かいますが、ぽちさんのパワーなら大丈夫です。
私も頑張らなくっちゃね。

投稿: ひろ | 2014年11月30日 (日) 14時45分

ぽちさん
素晴らしい紅葉の旅でしたね。
私も「芦ノ湖遊覧船」に乗ったことがあります。
ゆっくりと、廻りの景色を楽しめますね。
こんなに綺麗で、華やかな船があるんですね。

羅漢さんは、清水の清見寺にもありますね~
あそこでも、どこかに自分や両親に似た羅漢さんが
あるということで、探しましたっけ。

動画で、紅葉を十分に楽しませていただきました。
行った気分になりました。
紅葉も終盤、いよいよ寒い冬の到来です。
あんまり寒くないといいんですがね。
有難うございました。

投稿: みず | 2014年11月30日 (日) 17時27分

♪ ひろさん
この日は予想以上の上天気に恵まれました。
前日も翌日もしっかり本降りの悪天候でした。
しかもコートもいらない程の温かさでした。

 海賊船遊覧もデッキに上がって なびく小春風も
気持ちよく 最高の湖畔錦秋を愛でるに最高の
お日和でした。

 長安寺は初めての参詣で、なだらかな丘陵に
点在する羅漢さまにお目見え出来た事も
最高の旅の締め括りでした。
 こんな一人参加の旅も良いものですよ。

 旅の余韻も消えぬうちに 今晩辺りから
寒さが忍びよって来る予報です。
ひろさんもどうぞご自愛くださいね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2014年12月 1日 (月) 10時07分

♪ みずさん
 十数年前に今は亡き母と芦ノ湖遊覧を
楽しんだ時には、こんな鮮やかな海賊船は
ありませんでした。
 驚いた事に 外国人の観光客が多かった事です。
しかも小さなかわいらしい子供さん連れが
多かったのです。 みなさん日本の絶景に
大喜びでしたよ。
 
 清水の清見寺さんの五百羅漢さんも
有名ですね。 羅漢さんは 何故か?どなたも
清見潟の方角を向いているのです。

 川越 喜多院の五百羅漢さんは段飾りに
整列されていたように思います。
 旅でいろんな発見があって 一人参加も
楽しいものです。

 

投稿: みずさんへ ぽちより | 2014年12月 1日 (月) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/60673188

この記事へのトラックバック一覧です: 秋を彩る箱根路 ~下編~:

« 秋を彩る箱根路の旅 ~上編~ | トップページ | 豊好園お茶飲み会と野趣の集い »