« 富士山麓伝説めぐり ~中編~ | トップページ | 富士山麓伝説めぐり~続編~ 完 »

富士山麓伝説めぐり~後編~

 日本の滝100選1位となる国の名勝及び天然記念物で 絹糸を垂らしたような 150メートルの幅も 日本最大と誇る「白糸の滝」を堪能した私たちは、
その昔 源頼朝の巻狩りが行われたと云う 約30万坪の広大な富士の裾野にある 「若獅子神社」に直行しました。

 私はこの神社の事は全く知りませんでした。

Photo

 「若獅子神社」は 先の大戦で「若獅子」と呼ばれ国の為に殉じた 陸軍少年戦車兵の教官や 生徒600余名の御霊を御祭神として 今からちょうど30年前1984年(昭和59年)陸軍少年兵学校跡地に建立されました。
A
 この美しい広大な富士の台地に これほど無惨で悲しい記念の神社がある事を私は初めて知りました。
Cimg2021a
 神社には拝殿や慰霊塔のほか、「帰還戦車」と呼ばれるサイパン島の激戦で大破した戦車が安置されております。
 嶮しい最前線で戦い破れ 変わり果てた姿を直視するには余りにも残酷です。
Cimg2032a
 サイパン島で戦死した40余名の少年戦車兵の追悼の願いが込められ、安置されたと云う事ですが、私がちょうど小学6年生1944年の夏 大都会はもちろんのこと、私の住む静岡市も毎日のように空襲警報のサイレンが鳴り響き 焼夷弾の裂く烈に逃げまどい 日に日に迫る負け戦となり 「サイパン島玉砕」の大本営発表の戦闘状態や 臨時ニュースの重苦しい報道が未だ耳にこびりついている 子供心にも酷い戦争体験を受けた衝撃は 只ならぬものがあり 涙にむせび 思わず手を合わせました。 
Cimg2027a
 車体には貫通した生々しい弾痕が随所に見られ 戦車内には二振りの日本刃と人骨があったと云われ 激戦の跡を物語っております。

 こうして前途ある多くの尊い命が散って行った
戦争の悲惨さを 今こそ多くの人々に知ってほしいと願わずにはいられません。
6
 冷たい秋の雨が降りしきっておりました。

     秋霖や黙して語る破れ戦車
 
  戦争ほど愚かしいものはありません。 

|

« 富士山麓伝説めぐり ~中編~ | トップページ | 富士山麓伝説めぐり~続編~ 完 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
いよいよ後篇ですね。
仰る通り、戦争程、悲惨なものはありませんね。
ぽちさんは身をもって戦争を体験されていて、
その悲惨さを、良くご存知の方のレポートには
胸を打たれます。生々しい弾痕は見るだけで
心が震えてしまいます。

ぽちさんの今回このような前中後編にわたるレポートを
見て思うことは、やっぱりその道の専門家に同行して
もらって旅するって、いいなぁっと、思った事です。
フラ~っと自分達でドライブして廻るのもそれはそれで、
気楽ではありますが、心に残る事が違いますよね。
知識も広がりますしね。

いろいろ勉強させてもらって、有難うございました。

投稿: みず | 2014年9月28日 (日) 16時09分

ぽちさん、こんにちは~
初めて知りました、若獅子神社のことを...
何とも哀しいお話ですね。
今こうして平和の中に暮らしている私たちですが、多くの若者が命を落としたことをもっと理解するべきですよね。
戦争ほど悲惨なものはありませんね。
亡くなった方々ばかりではなく、必死で生きてきた人達のお蔭で今があることに感謝します。
本当に価値あるいいバスツアーでしたね。

投稿: ひろ | 2014年9月28日 (日) 16時29分

♪ みずさん
 恥ずかしながら グランシップ「しずおかの文化」
体験ツアーの事は、いままで存じておりませんで、
 偶然目にした企画案内チラシがご縁の始まりでした。
幸運にもキャンセルあっての参加も有難いことでした。

 伝説めぐりの旅は仰る通り、随行してくださる
講師の解説が有難く、有意義な旅となります。

 若獅子神社の「帰還戦車」は感銘深く、今回のブログに
一番に載せたい画像でした。

戦争の悲惨さ、愚かさを知ってほしい一念でした。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2014年9月29日 (月) 10時33分

♪ ひろさん
 nhk朝ドラの「花子とアン」で、愛する息子純平を
戦争で失った連子の慟哭の映像と、今回の
若獅子神社のサイパン帰還戦車の事柄が
交錯しあって、涙無しでは書けませんでした。

平和である事がしみじみ有難く
記載の良し悪しは別として此の頁だけは
多くの方に見てほしいのです。

 今回の旅に参加できた事、幸運でした。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2014年9月29日 (月) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/60366639

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山麓伝説めぐり~後編~:

« 富士山麓伝説めぐり ~中編~ | トップページ | 富士山麓伝説めぐり~続編~ 完 »