« おかげさま | トップページ | 「富岳3776景」へ応募しましょう »

ハスカップ

 北海道旅行のお土産に「ハスカップ」を戴きました。
「ハスカップ」? 80有余年このかた 聞くも初めて見るも初めての果物です。

Photo

Internetによれば
 「ハスカップ」 和名・・・「クロミノウグイスカグラ」(黒実鶯神楽)
高さ2メートルほどになる スイカズラ科の落葉低木

Photo_2
 ウグイスが鳴く頃から花が咲きはじめ、その花の姿は神様に捧げる舞(神楽)に似ているからと云われます。
 原産はシベリアはバイカル湖の周辺 シベリアを源流とする北方系の植物で、日本では北海道、日光の戦場ヶ原、静岡県は荒川岳に限り 平地の群生も北海道内でも極一部と云われます。  北海道では、不老長寿の実と云われ珍重されているとか。


 鉄分やビタミン類が多く含まれ、今世間で話題の ポリフェノール・アントシアニンは、ブルーベリの数倍もあり 目の効用、細胞の活性化に優れているそうですが、黒紫色の果実の皮は極薄くデリケートで、生のままの輸送が困難と云う訳で、温暖な駿河路に住む私にとって初めてお目にかかる理由がわかりました。
近頃は 冷凍宅配もされているようです。

 一粒つまんでみました。 ブルーベリーの味に近く 独特の酸味があって、野性的と云うか北国の幻の果物の味とでも云いましょうか。

   甘さ控え目のジャムにしてみました。
 極薄の果皮ですから、加熱早々 驚くほど美しいルビー色の果汁が鍋いっぱいに程よい泡が 立ち始めます。 厨には甘酸っぱい香りが充満します。

1cimg1557_2  
焦がさないように アクを取り除きながら鍋底を のの字のの字に丹念に煮詰め、20分ほどで私好みのハスカップジャムが完成しました。

Cimg1560_2a

パンにも良し プレーンヨーグルトにも バニラアイスクリームのトッピングにも良く合います。

Cimg1562_2a

|

« おかげさま | トップページ | 「富岳3776景」へ応募しましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
ハスカップ、私も初めて知りました。
不老長寿と言われているそうですからこれを食することができたぽちさんはラッキーですね。
それをぽち風のジャムにしてしまうところがさすがです。
ジャム作り名人ですね、ぽちさんは。
ジャムにしておけば長く楽しめますものね。
静岡県では荒川岳にはあるといいますが、私その山に登ったことがあります。
日本名では「クロミノウグイスカグラ」(黒実鶯神楽)なんですね。
漢字で表してあると意味がよくわかりますね。


投稿: ひろ | 2014年7月13日 (日) 11時19分

ぽちさん
私も、この名前初めてです。
ジャムはブルーベリージャムの色に似ていますね。
ブルーベリーに比べると、少し実が大きいように見えます。
まだまだ、いろんな知らない物が沢山あって、これから
どんな物に遭遇するんでしょうね。
ぽちさんはこれを上手にジャムにして、いろいろに活用されて
さすがです。

また、いろんな新しい物に遭遇した時はブログUP
宜しくお願い致します。

投稿: みず | 2014年7月13日 (日) 12時01分

♪ ひろさん
 私たちがブルーベリーの事をよく知っているように
北海道ではハスカップの事は良く知られている
果物のようで、ハスカップを使ったケーキなど
スイーツも多いようです。
 
 ハスカップはブルーベリーより一回り大きく
アーモンド形で果皮がとても薄くデリケートです。
 ジャムにして正解でした。

 私もこの齢で初めて知りました。
まだまだ世の中知らないことだらけです。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2014年7月14日 (月) 16時10分

♪ みずさん
 最近スーパーで、ブルーベリーが片掌ほどの
小さなカップが400円ほどで売られておりますが、
値段ほどの美味しさを感じた事はありませんでした。

 ポリフェノールやアントシアニンなど
ハスカップは ブルーベリーの数倍もあるそうで
ほとばしる鮮やかなルビー色の果汁には
その効用を疑う余地もありません。
 ジャムに煮詰めていても 木べらが真っ赤に
染まって仕舞うほどです。
 若返ったような鮮やかな体験でした。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2014年7月14日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/59953245

この記事へのトラックバック一覧です: ハスカップ:

« おかげさま | トップページ | 「富岳3776景」へ応募しましょう »