« 城北公園の七つの子ガモと母ガモ | トップページ | サクランボ狩りと清春白樺美術館へ  »

当世街なかのホタル狩り

 今年もやってきました! ホタルの季節!

 今から70数年ほど前の子供の頃、この季節になると 安倍川橋を渡り東新田辺りまで行けば ホタル狩りが楽しめたものでした。
大人に付き添われ、大はしゃぎの私たちは 虫籠や笹の小枝を手に手に 川縁のホタル狩りを楽しんだものです。
「二つ並んで光るのは、ヘビの目玉だから気を付けるんだよ!」と 口々に怖々草むらを覗きこむのでした。

 笹の小枝を振り振り 夜空を乱舞するホタルを追いかけたり 小半時もすれば、しっとり濡れた蛍草が入った夫々の虫籠には十数匹の光りの点滅を誇らしげに凱旋するのです。
 灯りを消して ホタルを蚊帳の中に放し 大人も子供もしばらくは幻想的な世界を楽しんだものでした。

 やがて戦争に突入、大空襲で焼け野原に、終戦を迎え食糧難に、農薬使用の増産から高度経済成長へと 世の中目まぐるしい変遷に、気がつけば「ホタル」の光は幻となりました。 あれから数十年が経って

1cimg1159

 近年恒例となった、「駿府城公園 紅葉庭園のホタル観賞会」へ、6月1日 期待に胸を弾ませて行ってきました。

1cimg1143

1cimg1146

 7時半開園と云う事で、少々早いかな?と思いながら 夕暮れ迫る駿府城公園 紅葉庭園まえに到着した私は 長蛇の列に驚いたのでございます。
(私はこの列のまだ10人ほど後ですよ~)

 定刻、既に500人は並んでいるのでしょうか? 100人づつの時間差で入園の時がどれほど待ち遠しかったことでしょう。

1cimg1150
庭園内 光りに敏感なホタルは撮影禁止、せめてもの夜の菖蒲です。

 日中に何度か訪れて園内の様子は分かっていても、闇夜の庭園の足許も覚束なく ゆるいベルトコンベアの如き列の歩みに添って 摺り足気どりで、茂みのホタルを探るのです。 

 「あッ! いた!いた! あそこに! あそこに!」 
よ~く目を凝らした先にやっと見つけた貴い「ほたる様」 
一匹見付けただけで皆一様に感嘆の声が上がるのです。

 
 浄化センターの遊水池で大切に育てた数匹のホタルも加えてと云う情報もありました。
 夜空を ふんわり行き交うホタルを、2匹ほど溜息混じりに見送り 20分ほどで 順路は出口の標識に従って ぞろぞろと園外へと促されるのです。
今宵は5~6匹垣間見て 今年のホタルはこれが最初で最後の見納めとなりました。
1cimg1154

 8時 庭園を出た私は まだまだ待ち続ける長蛇の列にビックリ仰天!

数匹のホタルの光を求めて この人たちの想いが果たせるのは何時の事やら?
  まだまだ貴重な 「当世街なかのホタル観賞」事情でした。

|

« 城北公園の七つの子ガモと母ガモ | トップページ | サクランボ狩りと清春白樺美術館へ  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
蛍狩りですか~
駿府城公園でこのような企画があるって事を
初めて知りました。500人以上の人を蛍数匹が
惹きつけるなんて、皆さん自然志向が強いのですね!

私はと言えば、蛍って見たことがあるのかどうか???
子供の時に見たような気もするし、、、
でも、大人になってからは、見た記憶がないですね。

ぽちさんはいつもアンテナをピンと張ってらっしゃるから
このような企画にも行き当たるんですね。
蛍は幻想的でしたか?
とにかく、人の多さにびっくりでした!

投稿: みず | 2014年6月22日 (日) 11時42分

♪ みずさん
 私が10才頃には、小川さえ流れていれば
ホタルの乱舞を見る事ができました。
夜空にふ~わり ふ~わり 子供心にも
幻想的な光景に 胸がドキドキしたものでした。

 一晩の命を、、 今思えば可哀そうやら
勿体ないやら、自責の念に駆られます。 ゚゚(´O`)°゚

 この行列の長さから たった数匹のホタルに
惹かれて 2晩で2000人は並んだかも知れませんね。

 こんな光景からも 日本は平和で有り難いですね。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2014年6月22日 (日) 15時44分

ぽちさん、こんにちは~
紅葉庭園でホタルの鑑賞会があるのは知っていました。
一昨年に友人も行ってその長蛇の列にびっくりしたと言ってました。
ホタルは今ではなかなか見ることはできませんね。
私が最後に見たのはいつだったのかしら。
あの光は幻想的ですよね。
本当に日本は平和でありがたいです。
食糧や水を求めて長蛇の列を作らなければならない国もあるですものね。
ホタルを見ることができたぽちさん、今年もいいことがたくさんありますね。

投稿: ひろ | 2014年6月22日 (日) 16時13分

♪ ひろさん
 駿府城公園でのほたる観賞会のことは
毎年気に掛けながら 独り歩きの夜道が
怖くて  ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
さし控えておりました。、、が、
今年は懐中電灯や 自ら光る反射板を
持って、意を決して行ってきました。

 たった数匹のホタルの光を求めて
大行列する平和な日本に感謝です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2014年6月23日 (月) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/59845713

この記事へのトラックバック一覧です: 当世街なかのホタル狩り:

« 城北公園の七つの子ガモと母ガモ | トップページ | サクランボ狩りと清春白樺美術館へ  »