« ロンドンバスで静岡再発見の旅 | トップページ | つぶれ梅で梅びしお »

静岡県立美術館のさくら

 3月31日「静岡市のさくら 満開!」の報道を聞いて、デジカメを携えていつもの隠れた名所 駿河区谷田の日本平山麓を背に建つ 静岡県立美術館裏山の桜を愛でてまいりました。
 穏やかな花日和に誘われて 咄嗟の行動が出来るのは 独り暮らしの気安さからでしょうか。シニア特権の「しずてつ大御所パス」を利用して 思い立ったら吉日とばかりに気負い立つのです。
始発新静岡より しずてつ路線バス「県立美術館行き」30分ほどで 小高い丘の終着停留所が、桜を愛でるにふさわしい プロムナードの出発点です。

Cimg0661

 なだらかな登り道をゆっくりと歩を進めば 目前には満開のさくらが枝もたわわに咲き誇って迎えてくれます。 穏やかな花日和です。

Cimg0627 
眼下には静岡市街地が手に取るように展け 小鳥のさえずりに癒されるのです。

Cimg0624  
 美しく整備された遊歩道には、観光名所に見る混雑ぶりなどは無く、落ち着いた雰囲気で 三々五々の道連れに出会う程度で 知る人ぞ知る桜名所の穴場の由縁でしょうか?

ふと立ち止まり 見上げれば「何と!たくましい桜!」 樹瘤から分泌した樹液を糧にひこばえたのかしら? こんなところから芽を延ばして咲かせているなんて!!

Cimg0621

 【余談ですが、、、桜の樹液(やに)と云えば、、、 70年ほど前 私が子供の頃 こんな遊びが流行っておりました。
樹瘤から分泌した脂(やに)を親指と人差し指に取って 粘着膜を蚕が糸を吐いて繭を紡ぐように リズミカルに小指の先にからめて その出来栄えを見せあって遊んだ少女の頃を懐かしく思い出しました。 
 こんな遊びは昭和一桁生まれまでの人しか知る由も無く こんな事を思い起こした自分が可笑しくもあり 懐かしくもあり 昭和も遠くなりにけりですね】

 帰りのバス発車時間までの1時間余りは、下手な横好きカメラ婆~ばの至福のひと時なのです。

 ムービープロジェクトの桜を愛でながら、遊歩道の散策をお楽しみください。

 

|

« ロンドンバスで静岡再発見の旅 | トップページ | つぶれ梅で梅びしお »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
桜の良い季節ですね!
こちらのコースは、わが家からは車で15分位のところです。
近い為、改めて行く機会もなくておりました。
とても桜並木が綺麗で、驚きました。
行ってみようと思いました。

老木の立派なこと!木の寿命はどれ位なんですかね?
それと、桜の樹液で遊んだぽちさん、私もそんなに若くは
ないですが、初めて聞きました。遊びも時代と共に変わって
行くものなんですね。

ムービープロジェクト、素敵でした。
有難うございました。

投稿: みず | 2014年4月 6日 (日) 09時51分

♪ みずさん
 県立美術館の桜は、隠れた名所で
花見客のマナーも良く、ごみ一つ無く
落ち着いた雰囲気でゆったりと観賞
することで、毎年楽しみます。
 今年は特にあの老木に惹かれましたね。
桜のヤニで遊んだ幼い頃を懐かしんだりして、、、

 「ヤニ」にもいろいろありまして
仲間の間では 琥珀色のヤニが最良とされ
桜の葉っぱに大事に包んで、交換し合ったりして
懐かしい思い出ですが、 
こんな遊びは 私たちの学区だけだったのかしら?

投稿: みずさんへ ぽちより | 2014年4月 6日 (日) 14時24分

ぽちさん、こんにちは~
春はやっぱり桜ですね。
咲き始めると一気に咲くのが桜ですね。
県立美術館の桜は素晴らしいですよね。
花見客のマナーのよさも素晴らしいですよね。
今年は行けなかったけれど、ぽちさんの写真で満足してます。
桜も種類がたくさんあるけれど、ソメイヨシノはやっぱりいいですねえ。
そろそろさくらも終わりで、春爛漫と言いたいところですが、なんとまあ寒いじゃないですか。
昨日の山車の巡行は寒くて寒くて大変でした。
ぽちさん、いろいろありがとうございました。

投稿: ひろ | 2014年4月 7日 (月) 14時33分

♪ ひろさん
 今年の静岡まつりは何とか お天気には
恵まれましたが、風は強いし、気温も低めで
巡行の皆さんには大変でした。
 自治会のお役柄とは言え ひろさんご夫妻の
お骨折りは大変でしたね。
 お疲れ様でした。

 桜吹雪に一抹の寂しさもありますが、
葉桜から新緑へと楽しみです。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2014年4月 7日 (月) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/59397387

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県立美術館のさくら:

« ロンドンバスで静岡再発見の旅 | トップページ | つぶれ梅で梅びしお »