« 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~俳聖松尾芭蕉編~ | トップページ | 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~石光寺編~ »

奈良若草山焼きと奈良周遊 ~若草山焼き編~

 奈良の若草山は芝生に覆われた三つ重ねの標高342メートルの山です。
古都奈良に早春を告げる伝統行事「お山焼き」は、毎年一月第四土曜日に開催されます。
(点火不能の場合は翌週に延期されます)

 若草山の山焼きの行事は、山に火を入れて山全体を燃やしてしまうと云う古都奈良の新年を飾る炎の祭礼ですが、元は近くの農民による野焼きの習慣で、山を焼く事に依って 新しく生えて来る草を田畑の肥草や家畜の飼料にしていたのが始まりらしいのです。
又、若草山にある鶯塚古墳の被葬者の鎮魂の為とか、この山を年が明けて一月頃までに焼かなければ不穏な事が起きてしまうと云う伝承で、通行人が放火して 東大寺境内まで延焼する事が再三おこったそうで、江戸時代末期頃に 若草山に隣接する東大寺・興福寺と奈良奉行所が立ちあって 山を焼く事になったとも云われます。又、世界平和を祈る思いが込められたり、山火事の予防や焼畑農業の様に土を肥沃にする目的だったり、諸説粉々です。

 何はともあれ、初めて見る「お山焼き」は、今宵のお宿 興福寺のライトアップされた五重塔が目と鼻の先 猿沢の池のほとりの古都奈良にふさわしい純和風「飛鳥荘」の屋上からの見学と成りました。

今年のこの日は珍しく例年にない温かさで穏やかな風の流れも程好い方角です。
Photo

一月二十五日土曜日 夕闇迫る六時十五分 六百発とも云われる『奈良礼讃の大花火』が始まりました。 
凛とした冬空に艶やかに華やかに 尺玉の連発連射が十五分間 大いに魅了いたしました。

間髪入れず、六時三十分 山焼き一斉点火が始まると 風は順風 めらめらと山頂めざし燃え盛る様子が手に取るように臨めます。
 私たちは荘厳なお山を 
固唾を飲んで見守ったのでございます。
Photo_2

 この模様を何と表現しましょうか? 
   言葉が見つかりません。

未熟なカメラ婆~ばの2分間ほどの動画をご覧下さい。

     ぬばたまの暗夜を焦がすお山焼き

     お山焼きを恍惚と見つ八十路旅

     いにしえの奈良の絵巻やお山焼き

     斑鳩の塔明々とお山焼き

     山焼いて奈良にそぼ降る小夜の雨

     お山焼きを鎮めて夜来の雨上がる

|

« 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~俳聖松尾芭蕉編~ | トップページ | 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~石光寺編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
若草山の山焼きは、あっという間に火が燃え広がり
凄い映像が撮れましたね。
よ~く、聞いていますと、近くに外国人がいて、何か
驚いたような声を発していたように思いましたが、
どうでしたか?私の耳が外国語をしっかりキャッチ
出来たのかどうか᠁᠁?

山焼きはわが静岡県でも、東部の方の山で
(名前は忘れましたが)毎年行われますよね。
しっかり、管理しないと惨事が起こることもあり、大変ですが
、こちらは何事もなくて良かった!!

お仲間と、いい旅ができて楽しかった様子がムービーから
伝わってきました。ありがとうございました。

投稿: みず | 2014年2月 9日 (日) 10時57分

♪ みずさん
さすが! みずさんは凄いですね。
聞き取りにくい私の動画から外国の方の
驚嘆の叫びを聞き取ってしまった
みずさんの聴覚は素晴らしい~!

 私の廻りにはアジア系の方が大勢
いらっしゃいました。
多分台湾当たりの方かしら?
話し方が中国語のようでしたから。

 日本人の私たちでさえ この光景には
心を奪われてしまったのですから、、、

 静岡県でも 伊東の大室山の
山焼きが有名ですね。
一昨年でしたか、大室山で山焼きの事故が
ありましたね。
若草山では300人の消防団員が点火から
消火に至るまで活動されたようです。
山焼きが終わった頃から奈良は夜通し
雨が降りましたから なお更良かったです。

投稿: みずさんへぽちより | 2014年2月 9日 (日) 14時07分

ぽちさん、こんにちは~
若草山焼きを実際にご覧になったぽちさんの感動は私にも伝わってきました。
見物の人達は、めらめらと燃え上がる炎に思い思いの願いを込めて祈ったことでしょうね。
その時、シカさん達は保護されているのでしょうか。
伝統ある行事が無事にいつまでも受け継がれていけばいいですね。
山焼きを見られたぽちさん達の楽しい旅はまだまだずっと続くこと間違いなしです。

投稿: ひろ | 2014年2月 9日 (日) 15時13分

♪ ひろさん
 若草山の山焼きは 毎年テレビでしか
見た事がありませんでした。
有り難い事に、何時も旅を企画してくださる
Yさんのお蔭で実現できました。

 失敗は許されませんから
デジカメのシャッターを夢中で
押し続けておりました。

 鹿さんの群れる奈良公園までは 炎の
影響はありませんが、鹿さんたちはどんな思いで
いるのでしょうね。

 健康で旅が出来ることに感謝です。

投稿: ひろさんへぽちより | 2014年2月 9日 (日) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/59076380

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~若草山焼き編~:

« 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~俳聖松尾芭蕉編~ | トップページ | 奈良若草山焼きと奈良周遊 ~石光寺編~ »