« 駿府城公園内堀散策 | トップページ | 「みのり大学」杉山圭二さんのデッサンクラブ »

安田屋寄席

 いつもの旅仲間でもある沼津にお住まいの I子さんから「秋の夜長を落語で楽しみましょう」と云うお誘いで 今回はいつもの旅とはちょっと趣向の違う1泊旅行となりました。
 旅程の詳細は明かされないまま 「折角の旅の落語会にしても、前座や二つ目じゃぁつまらないわねぇ」 などと内心いぶかしげに 沼津駅前の送迎バスに乗り込んだ8名。 

穏やかな海原にぽっかりと浮かぶ淡島を望む 瀟洒な純和風数寄屋造りの 三津浜(みとはま) 湯の花温泉 「安田屋旅館」に到着した時には 「これは一味違う旅宿かも、、、」と、思いを改めたのでございます。

     文豪の石碑著し新松子
            
(ぶんごうのいしぶみしるししんちじり)
 それもその筈、太宰治が昭和22年2月上旬から約半月、2階の月見草の部屋で 名作「斜陽」の第1章と第2章を執筆された「太宰治ゆかりの宿」だったのです。

     文豪のゆかりの宿とや小春旅
Photo_3

 玄関前の立て看板には「第八回 安田屋寄席」 毎年文化の日の特別企画なのだそうです。 三月の「おひなまつりの宴」も数えて19回目で好評とか、、
 玄関の大きな壺や其処此処の木通(あけび)の実に秋の風情が感じられます。

女将のご挨拶のあと戴いた目録には
Cimg2338

大広間にて夕方五時開演の落語は 古今亭菊之丞とあるではありませんか! 
 菊之丞と云えば、、、、古典落語が得意の歌舞伎俳優を思わせるイケメンで丁寧な囃し口 正真正銘新打ちの落語家です。 
 おまけに最近 NHKの藤井彩子アナと再婚したばかりの興味深い噺家が「元禄花見踊」の出囃しにのって揉み手をしながらの登場です。

Photo_4

演題は古典落語2題 
 「親子酒」・・断酒を誓った父親と息子が 結局は二人とも泥酔の鉢合わせの落ちで大爆笑。  
 断片ですが、落語2題をお楽しみください。

「妾馬(めかうま)」・・ 赤井御門守(あかいごもんのかみ)は子宝に恵まれず たまたま見かけた器量良しの長屋の娘 お鶴を見染めて妾にします。「お世継ぎ」を産んだお鶴の ちょっと間抜けな兄八五郎 御門守に招かれて そのやり取りの面白可笑しさ!  

 チャキチャキ江戸っ子の名調子 菊之丞の熱演で 秋の夜長をお腹をかかえて楽しみました。

     席亭に大口開けて木通(あけび)の実

 その夜の気の合う四人部屋は 二階「月見の間」 太宰治が名作「斜陽」執筆のため長逗留したと云う由緒ある部屋なのです。 
  何と! 幸運なことでしょう!

Photo_5

 格子戸を開ければ 次の間・化粧の間を控え 海に面して鉤の手に廊下になった十畳の角部屋からは、船着き場や 淡島の彼方に富士山がくっきりと望める眺望は 太宰の石碑に刻まれた文面そのものです。

     太宰治の執筆せし間の白障子

     文豪とおなし目線に雪の富士

Photo_7

 

Cimg2324
 館内には思い出に残る特別な場所、伊豆ゆかりの文学者の書籍などが収められた こじんまりとした資料室「伊豆文庫」もとっておきの空間でした。

文学少女もどきの私たちは、文庫に籠り しばし悦に入ったのでございます。
Photo_6
 
 国の重要文化財に指定された純和風数寄屋造りの「安田屋旅館」は 駿河湾の奥深い三津浜(みとはま)の波静かな入り江がすぐ目の前に ひたひた打ち寄せる波音も聞こえます。
Cimg2297

 落語を楽しみ大いに笑った後の 真心こもった 次々運ばれるこの日だけの海の幸特別料理も堪能した思い出深い旅となりました。

 

|

« 駿府城公園内堀散策 | トップページ | 「みのり大学」杉山圭二さんのデッサンクラブ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
こんな素晴らしい旅があるのですね。
一流の落語家の噺が聞けて、由緒ある部屋に泊まれて、旅の疲れを感じさせない近場で、しかも一番いい時期ですよね。
いいお友達がいるぽちさんはお幸せですね。
こんな旅を私もゆっくりしてみたいです。
しかも、あの噺家が藤井アナの旦那様とはねえ。
動画で楽しませていただき楽しかったです。
お料理も素晴らしかったようですね。

投稿: ひろ | 2013年11月11日 (月) 09時01分

♪ ひろさん
 NHKアナと落語家とのご縁とは
珍しく 私もびっくりしましたよ。
お二人ともバツイチ同士と云う事も
近頃では、臆面も無く公表して
実におおらかで良かったですよ。
歌手の藤あや子さんと勘違いする方
が多いのもうなづけますね 。(ノ∀`) アヒャヒャヒャヒャ

 久しぶりで生寄席 しかも新打ち菊之丞ですから
ラッキーでした。
 こんな楽しい旅行も良いものですよ。
とにかく心身ともに達者でなければ
なりません。

 健康であることと、平和な日本に感謝です。

投稿: ひろさんへぽちより | 2013年11月11日 (月) 16時36分

ぽちさん
羨ましいような旅ですね!
一流の噺家のお話と、季節の綺麗なお料理、存分に
堪能されたようですね。
私は、藤井アナと、この噺家さんのことは知りませんでした。
ぽちさんのブログでは、この手の情報も入って楽しいです。

動画も楽しませていただきました。
有難うございました。

投稿: みず | 2013年11月12日 (火) 08時41分

♪ みずさん
 実は私も 噺家とNHKアナとの
結婚の事は知らなかったのです。
 縁は異なもの味なものですが
アナと噺家は両者 おしゃべりが得意
ですから、日常会話も話が
弾むことでしょうね。 o(*^▽^*)o
 独り者にはうらやましい~~

投稿: みずさんへぽちより | 2013年11月12日 (火) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/58536406

この記事へのトラックバック一覧です: 安田屋寄席:

« 駿府城公園内堀散策 | トップページ | 「みのり大学」杉山圭二さんのデッサンクラブ »